白米っていつから食べられているの? – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 白米っていつから食べられているの?

ライフスタイル

白米っていつから食べられているの?

白米っていつから食べられているの?

2017年07月31日

米離れが話題になることもありますが、米の主食としての地位はゆるぎません。米の食べ方としては白米を炊飯するのが一般的ですが、そもそも白米を食べるようになったのはいつ頃からか、米にまつわる文化の歴史と合わせてご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

米離れ、が話題になることもあります。がコンビニエンスストアやスーパーでは様々な種類のおにぎりが売られ、簡単に食べられる真空パックのごはんやレトルトのお粥といった商品が並ぶなど、米の主食としての地位はゆるぎません。現在、米の食べ方としては白米を炊飯するのが一般的ですが、そもそも白米を食べるようになったのはいつ頃からか、米にまつわる文化の歴史と合わせてご紹介します。

「白米」が食べられるようになったのは奈良時代。ただし、食べられたのは特権階級の人達だけ。

稲作自体は縄文時代の終わり頃から始まっていましたが、「もみがら」と、「米ヌカ」を取り除いた「精製米」が食べられるようになった形跡が確認できるのは弥生時代の次の大和朝廷の時代となります。この頃に栽培されていた稲の多くは「古代米」と呼ばれる、稲の原種に近い自然に赤や紫などの色素を含んだ米でした。臼に杵で精米した米は「舂米」(しょうまい/つきしね/つきよね)と呼ばれていて、宮廷で働く人の給料でした。米の品種が現在のような「白米」になったのは奈良時代頃です。この時代の「白米」は「しらげのよね」と読み、貴族階級の人が口にするものでした。古代の精米方法はかなりの重労働となるため、庶民はそこまで手をかけられなかったことなどが理由として考えられます。

意外にも古代から食べられていなかった「玄米」。精製された白米が主流になった理由は?

「白米」が貴族の食べ物であるなら、庶民は玄米を食べていたのかなと想像しますが、稲作が伝来していた当初を除けば、米は精米して食べるのが一般的でした。玄米は食べていませんでした。最大の理由は玄米の炊飯には時間と燃料がかかり過ぎました。「白米」ほどしっかりとした精製はせず、現代で言うヌカが残る分づき米を「黒米」と呼び、それにヒエやアワなどの雑穀を混ぜたて食べていたようです。米はそのまま税として納める必要のある貴重品でもあったので、ヌカを完全に取り除いた米を食べる行為は大変な贅沢でした。江戸時代頃になると黒米は玄米を指すようになります。ちなみに「昔は玄米を食べていた」という説もありますが、明治時代頃までの精米方法は動力がなんであれ、臼と杵でつくという点に代わりはなく、現代で使われている精米機のようにもみがらをきれいに取り除いた完全な玄米はできませんでした。そのため、もみがらを取り除く段階で玄米のヌカの層に傷がついているため、厳密には「1分づき米」と呼ばれる状態であったと考えられます。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧