社会課題を解決し、地元に貢献する農業を – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > 社会課題を解決し、地元に貢献する農業を

生産者の試み

社会課題を解決し、地元に貢献する農業を

社会課題を解決し、地元に貢献する農業を

2017年08月01日

ITとブランド化によって地元の復興に貢献する岩佐さんが見据える日本の農業の未来とは。前編では、岩佐さんが現在注力されているテーマと、その背景にある思いについてうかがいます。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

宮城県山元町で、「食べる宝石」とうたわれる高級イチゴ「ミガキイチゴ」を生産する株式会社GRAの岩佐大輝(いわさひろき)さん。ITとブランド化によって地元の復興に貢献する岩佐さんが見据える日本の農業の未来とは。前編では、岩佐さんが現在注力されているテーマと、その背景にある思いについてうかがいます。

―岩佐さんが会社を立ち上げた経緯を教えてください。

2011年3月、東日本大震災で僕の地元の宮城県山元町が大きな被害を受けました。人口の4%にあたる600人強の方が亡くなり、町内にあった129軒のイチゴ農家のうち125軒が流されてしまいました。

当時、町の予算規模40億円に対し、イチゴの出荷額は15億円。山元町にとってイチゴは経済的に非常に大きな存在で、町の象徴として人々の誇りでもありました。東京でIT企業を経営していた僕は、地元の復興に寄与したいという思いから、イチゴ産業を元に戻し、世界で通用する産業にするという目標を掲げ、株式会社GRAを立ち上げました。

―高級ブランドを築くまでに、どのような施策を行ったのでしょうか。

農業未経験だったので、まずはイチゴ作りについて、地元で活躍する名人に教わりました。その中でわかったのは、経験と勘によって生み出される匠の技術は、体得するまでに15年かかるということ。それでは新しい雇用が生まれにくい。構造改革のため、二つの施策に取り組みました。

一つ目は生産工程のIT化です。どんな環境でどれだけ収穫でき、味にどのような影響があるか、徹底的にデータを蓄積し、分析を進めました。さらには、分析を経て見出した理想的な生育環境を再現できるよう、機械で制御を行う。そして、イチゴの状態をリアルタイムで把握し、細かくPDCAを回していく。経験と勘の領域をサイエンスに落とし込むことに注力しました。

二つ目はブランド化です。東京の百貨店のバイヤーの方に協力をしてもらい、意見を聞きながら売れるブランドを一緒に作りました。情緒的価値を高められるよう、高級チョコレートのように1つずつ箱に包み、ブランド名は「ミガキイチゴ」と名付けました。「あまおう」や「とちおとめ」などは品種のブランドで、時期により味や形に変動性があります。それに対し、ミガキイチゴは品質のブランドなので、生産された農場ごと、品種ごとに毎日品質検査を行い選抜を行うことで質を担保しています。

結果的に、ミガキイチゴは一粒1,000円で販売されるブランドに成長し、直近では通年栽培施設「ICHIGO WORLD」を設立し、シーズンを問わない生産にも挑戦しています。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧