タイで高糖度トマトを栽培「農業テクノロジーで事業課題を解決」銀座農園の挑戦 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > アグリテック > タイで高糖度トマトを栽培「農業テクノロジーで事業課題を解決」銀座農園の挑戦

アグリテック

タイで高糖度トマトを栽培「農業テクノロジーで事業課題を解決」銀座農園の挑戦

タイで高糖度トマトを栽培「農業テクノロジーで事業課題を解決」銀座農園の挑戦

2017年08月01日

タイで高糖度トマトの栽培技術普及に取り組んでいる銀座農園株式会社。トマトの生育適温を超えるタイの気温の中、どうやって高糖度トマトの栽培を行っているのでしょうか? その技術やタイでの取り組みについて、同社代表の飯村一樹さんにお話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

平成22年、銀座のど真ん中で米を作りメディアの話題をさらった銀座農園株式会社。独創的な農業に取り組んでいる同社が、今度はタイで日本政府とともに高糖度トマトの栽培技術普及に取り組んでいるそうです。「環境設計のノウハウを活用すれば、日本のクオリティに近い、甘いトマトがタイでも作れる」と語るのは、銀座農園株式会社代表取締役の飯村一樹(いいむらかずき)さん。熱帯性気候の国で高糖度トマトを作る技術について、飯村さんにお話しをうかがいました。

関連記事:
「成功する」農業のしくみを見える化して新規参入をサポート!銀座農園
野菜が薬に?「銀座で米を作った仕掛け人」が新たに狙うビジネスとは

砂漠やコンクリートの上でもトマトが作れる農業テクノロジー

タイでのトマト生産事業を平成29年8月に開始


タイ国家科学技術開発庁の主要メンバー、中央がThaweesak長官

現在銀座農園では、国際協力機構(JICA)と共同で(*1)タイにおける高糖度トマトの生産普及・実証事業を行っています。平成29年8月にはハウス建設が始まり、平成30年夏にはその成果を確認できると言います。タイ国家科学技術開発庁(NSTDA)と国立農業大学Maejo Universityをパートナーにしており、タイ国内でも大きな注目を集めています。

土を使わない施設栽培技術とICTによる効率化

銀座農園が採用するのは、親水性のある特殊なフィルムを利用し、苗、養液、土地をそれぞれ分けて栽培する手法。これによって植物の生育に害を及ぼす菌やウイルスを通すことなく、水分や養分を供給することができます。病原菌を防ぐための手間やコストを大幅に削減できるうえ、安全な作物を安定して栽培することが可能です。


青森県のバイオマス発電所。手前の農地にハウスを建設

さらに、情報や通信に関する技術ICTと連動することにより、肥料や水分を自動的に与えられることも特長のひとつ。水分や肥料の濃度はデータ管理され、成長に応じて適切な灌水・施肥を行います。この施設栽培技術は、同社が日本国内の企業向けに提供する農業参入プラットフォームと同規格のもの。「理論上は、砂漠やコンクリートの上でも栽培が可能」という技術です。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧