自給自足の暮らしに憧れて辿り着いた。「農楽里ファーム」で取り組む有機・無農薬・自然農法【ファームジャーニー:長野市大岡】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > 自給自足の暮らしに憧れて辿り着いた。「農楽里ファーム」で取り組む有機・無農薬・自然農法【ファームジャーニー:長野市大岡】

生産者の試み

自給自足の暮らしに憧れて辿り着いた。「農楽里ファーム」で取り組む有機・無農薬・自然農法【ファームジャーニー:長野市大岡】

自給自足の暮らしに憧れて辿り着いた。「農楽里ファーム」で取り組む有機・無農薬・自然農法【ファームジャーニー:長野市大岡】

2017年08月17日

長野県で農家を営む遠藤さんは、農家を志していたわけではなく、自給自足の暮らしを実践したいと、埼玉県から長野県へ移り住みました。ゼロから農業を学び、自然農法を実践するまでに至った経緯について詳しくお聞きしました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

「農楽里ファーム」で取り組む有機・無農薬・自然農法

北アルプスを望む長野市大岡で、農薬や化学肥料を一切使わない、自然に寄り添った農法で少量多品種の作物を育てる「農楽里(のらり)ファーム」。15年ほど前に「自給的な暮らしをしたい」と思い立ち、埼玉県から長野県大岡へ移住し、ゼロから農業を学んだ遠藤夏緒(えんどうなつを)さんにお話をうかがいました。

自給自足の憧れがきっかけで、思いがけず「農家1代目」に

遠藤さんが営む農楽里ファームは、白馬三山と戸隠連峰を望む、信州の湧き水が出てくる小さな集落にあります。棚田の中に古民家が点在し、昭和の風情が残る環境の中、米や山菜、ジャガイモ、ニンジン、長ネギ、大豆など、たくさんの種類の作物を少しずつ育てて卸しをしたり、直接販売をしています。

「農楽里ファーム」で取り組む有機・無農薬・自然農法

遠藤さんが大岡の地に移り住んだのは、およそ15年前。30代半ばのことです。「自然農を実践する川口由一さんの著作や、哲学者の内山節さんのエッセイなどを読み、自然の中で自給自足の生活をすることに憧れを持ち、自らも実践したいと思ったんです」

大岡という場所を選んだのは、北アルプスを望む素晴らしい景観に惚れたから。湧き水も豊富で、空気もとても澄んでいて、「自然の中での暮らし」に惹かれていた遠藤さんには心動かされるものがありました。

「今住んでいる家を古民家として紹介されました。母屋の周囲一面が金色のフクジュソウに囲まれていて、その美しさに魅了されたのも決め手になりました」

遠藤夏緒(えんどうなつを)
遠藤夏緒(えんどうなつを)さん

その時点では、職業として農家を志したわけではありませんでした。しかし、自給自足の暮らしをするためには当然、家族で食べる程度の作物を作り、育てる必要があります。そこで遠藤さんは、「自然農」を実践しようと土作りから勉強を始めました。

「自然農は時間をかけて土を育てていかなければなりません。借りている土地だと、いつか返さなければならないので、自分の土地を持ちたいと思いました。いろいろと調べたところ、農地を買うためには『農地法』という法律によって農家である条件を満たさなければならないことがわかったんです。その結果農家1代目となりました」

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧