全国の地域おこしに発展 2006年始動「銀座ミツバチプロジェクト」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 全国の地域おこしに発展 2006年始動「銀座ミツバチプロジェクト」

行政・団体・個人の支援

全国の地域おこしに発展 2006年始動「銀座ミツバチプロジェクト」

全国の地域おこしに発展 2006年始動「銀座ミツバチプロジェクト」

2017年09月14日

都心のど真ん中、東京・銀座のビルの屋上で養蜂し、採れたハチミツを銀座の職人の技で商品化する「銀座ミツバチプロジェクト」。2006年に始まったこのユニークなプロジェクトは、今では地域と人がつながる交流へ発展し、全国の地域おこしにまで広がりを見せています。農業生産法人「株式会社銀座ミツバチ」代表取締役の田中淳夫(たなかあつお)さんに、どんなきっかけでこのプロジェクトを始めたのか、お話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

始まりは、ほんの小さな「遊び心」

「銀座ミツバチプロジェクト」の目的は2つあります。1つ目は、ミツバチの飼育を通じて銀座の環境と生態系を感じること。2つ目は、採れたハチミツを使って、銀座の街との共生や地域の活性化に貢献することです。

発起人は、銀座にビルを有する株式会社紙パルプ会館の専務取締役であり、現在は株式会社銀座ミツバチ代表取締役社長の田中淳夫(たなかあつお)さんです。銀座の街と古くからつながりのある方々や、レストランのシェフ、バーテンダーなど、銀座の多彩な人がプロジェクトのメンバーとして参加しています。

「ミツバチの生態も何も知らなかった私ですが、ふとしたご縁で知り合った養蜂家から『屋上でミツバチを飼わないか』と申し出があり、面白そうだなと思ってその話に乗ることにしたんです」と、田中さん。始まりはほんの小さな都会の遊び心だったのです。

銀座でミツバチを飼うことが可能な理由

プロジェクトを立ち上げるまで、「銀座の街中でミツバチを飼うなんて、どうかしてるんじゃないか」などという声もあったそうです。「人を刺したらどうするんだ」、「こんな都会にミツバチが蜜を集めるのに十分な自然はあるのか」とも言われたそうです。

「ごもっともですよね。私もはじめは同様の疑問をもちました」と田中さん。
しかし、養蜂家に訊ねたり養蜂に関する勉強を重ねるうちに、ミツバチは蜜を集めるのに必死なので、基本的に人を刺さないということがわかりました。花を求めて2キロから3キロ四方を飛ぶので、銀座界隈の街路樹のほか、皇居、浜離宮、日比谷公園などで咲いている花から蜜を集められることなどがわかってきました。

そこで、田中さんはこうしたことを各方面に丁寧に説明し、周囲の理解を得ながら、プロジェクトをスタートさせました。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧