農家から食卓まで〜知ってるようで知らない卸売のヒミツ3 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 農家から食卓まで〜知ってるようで知らない卸売のヒミツ3

マーケティング

農家から食卓まで〜知ってるようで知らない卸売のヒミツ3

農家から食卓まで〜知ってるようで知らない卸売のヒミツ3

2017年09月17日

農産物の卸売業者にスポットを当てた「卸売のヒミツ」。第1弾では卸売の歴史について、第2弾は卸売業者の役割や必要とされる理由についてご紹介しました。
シリーズ第3弾となる今回は、生産者と小売業者とをつなぐ卸売業者を排除した場合、市場にはどのような影響が出るのかをテーマにお届けします。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

JAが掲げる流通改革案

第2弾の記事で、卸売業者は小売業者に対し、需給調整の役割を果たしていることをお伝えしました。小売業者がその時に必要とする各商品の数量を安定的に提供できる点は、卸売業者の存在意義として大きなポイントです。スーパーやコンビニなどで商品が在庫切れとなったまま何日も経過すれば、その被害は消費者に大きく影響していきます。そのような事態を防ぐ上で、卸売業者と卸売市場が機能していることは、私たちの生活に大きな意味を持っているといえます。

商品の流通においては、以前から卸売業者を通さないスタイルが模索され続けています。農産物に関しても同様で、直近では2016年に農協(JA)が掲げた改革案に注目が集まりました。要約すると、収穫された農産物の出荷団体として大きな勢力を持つ農協が、卸売業者に代わって直接小売業者や加工業者への提供を行うというものです。これにより中間マージンが削減されるため、小売業者ひいては消費者が、より安価で商品を購入できるメリットがあります。また、同じ理由で生産者は農産物の価格を高く設定できるのも利点です。政府が推進する農政改革の要請に応える形で農協が発表した流通改革案ですが、現状ではその効果は薄いです。それはなぜでしょうか。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧