秋なすは嫁に食わすな?なすの旬はいつなのか – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 秋なすは嫁に食わすな?なすの旬はいつなのか

ライフスタイル

秋なすは嫁に食わすな?なすの旬はいつなのか

秋なすは嫁に食わすな?なすの旬はいつなのか

2017年09月25日

なすに関することわざはたくさんありますが、知名度が高いものはタイトルにもある「秋なすは嫁に食わすな」ということわざではないでしょうか。「秋なすと言うけれど、夏に食べているなすとは違うの?」と疑問に思われた事はありませんか。なすの旬がいつなのか、なすの栽培方法と合わせて解説します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

なすの旬は秋?それとも夏?

答えから言ってしまうと、どちらも旬になります。これには、なすの栽培方法が関わってきます。元々なすの原産地はインド辺りとされており、熱帯が適地となる植物です。なすは温帯である日本では一年草で、冬を越す事ができません。ですが、原産地のインドやその周辺のタイやビルマなどでは多年生で丈も2メートル程度と大きくなります。また、日本のなすは「野菜」なので草の仲間の扱いですが、熱帯地域の物は茎が硬く、草と異なり茎の中に空洞がありません。

地域によって異なるナスの形質

日本でのなすの栽培の歴史は古く、奈良時代には栽培方法や漬物の作り方が「延喜式」に記されています。古代に日本に渡ってきた後、多年生の植物が温帯の気候に適応した結果一年草となった他にも、なすは地域毎に適応し特徴のある「地域種」を多く持っています。

比較的原産地に近い気候の九州では、中国経由から入ってきた「大長なす」という、実の長さが40cmから45cmほどの大変長いものが作られていました。それが北上していくに連れて長なす・長卵形なす・卵形なす・丸なすという風に身の丈が短くなった物があらわれます。夏も冷涼な東北に至っては「小丸なす」という10gから20g程度のミニチュアのようなかわいいサイズのなすもあります。

なすが日本に入った道筋は主に、中国・朝鮮半島・東南アジアの3つのルートがあったと考えられており、渡来までに経由した地域によっても特徴が異なります。「米なす」という大きななすがありますが、これはアメリカのなすである「ブラックビューティー」という品種を日本で品種改良したためアメリカ(米国)の品種である、という意味で「米なす」と呼ばれています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧