「あまおう」と「とちおとめ」の違い品種・商標登録のブランド戦略 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > 「あまおう」と「とちおとめ」の違い品種・商標登録のブランド戦略

生産者の試み

「あまおう」と「とちおとめ」の違い品種・商標登録のブランド戦略

「あまおう」と「とちおとめ」の違い品種・商標登録のブランド戦略

2017年10月20日

「あまおう」は商標で「とちおとめ」は品種名だとご存じでしょうか。農業分野で商標登録する場合は、品種登録についても理解しておく必要があります。品種登録した名称は商標登録できないという思わぬ落とし穴があり 、品種登録と商標登録の仕方で、ブランド展開の方向性も変わってくるようです。品種登録と商標登録の関係について、吉永国際特許事務所の弁理士、吉永貴大(よしながたかひろ)さんに詳しく教えていただきました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

品種名と商標名は同じではいけない

農業分野には、品種登録という特有の制度があります。新品種を開発した場合は「種苗法」に基づいて品種名をつけて、農林水産大臣宛に品種登録出願を行う必要があります。

種苗法とは、農産物や草花など、植物の新品種の保護について定められた法律です。新品種の開発者は農林水産省に品種登録を行うことで、果樹等の永年植物は30年間、花や野菜など永年植物以外の植物は、25年間の育成者権を取得することができます。

商標登録する場合は、品種とは別に「商標名」を考え、登録の手続きをしなければなりません。 また、品種で用いた名称は商標登録することはできません。

そこで、品種登録及び商標登録をする場合は、その農産物を今後どう展開したいかという戦略を考える必要があります。

品種登録と商標登録のブランド戦略 「とちおとめ」と「あまおう」の事例

福岡県で栽培されているイチゴ「あまおう」は商標であり、品種名は「福岡S6号」といいます。一方、栃木県の「とちおとめ」は品種名として登録されており、商標を示すものではありません。

「あまおう」は商標なので、コンセプトに合う品種が開発されれば、「福岡S6号」以外の品種にも「あまおう」という商標を使うことができます。そのため、継続的にブランド力の向上が目指せます。

しかし、「とちおとめ」は品種名のため、品種改良によりできた次世代の品種は「とちおとめ」という名前で世に出すことができません。ただし「とちおとめ」の場合は、生産者の間で品種を広く伝え、種苗の販売数を上げたいという狙いがあったため、「とちおとめ」という種苗名を前面に押し出したといった経緯があるそうです。平成8年に品種登録されてから8年足らずで生産量日本一にまで登りつめた実績は、大いに称賛されるべきです。

【関連記事】

売切れ続出の梨 「あいみ燦ゴールド」に学ぶ 商標の活用法と登録方法

農作物ブランドを地域で守る「地域団体商標」と「地理的表示」の基本

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧