ブームではなく次世代に「故郷のいちご」を残す地域ブランド「はつかいちご」の挑戦 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > ブームではなく次世代に「故郷のいちご」を残す地域ブランド「はつかいちご」の挑戦

生産者の試み

ブームではなく次世代に「故郷のいちご」を残す地域ブランド「はつかいちご」の挑戦

ブームではなく次世代に「故郷のいちご」を残す地域ブランド「はつかいちご」の挑戦

2017年10月25日

広島県廿日市(はつかいち)には「はつかいちご」という名前のいちごがあります。もともとは「平良いちご」の産地で有名でしたが、市町村合併を経てその名前が消滅。地域のいちごを復活させるプロジェクトが発足して「はつかいちご」として生まれ変わりました。はつかいちごが生まれるまでのストーリーや今後の展望を、平良いちご復活プロジェクト会長の山本貴志(やまもとたかし)さんにうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

「はつかいちご」とは、どのようないちごでしょうか。

「はつかいちご」は、広島県廿日市で採れるいちごのブランドです。廿日市はいちごの産地として大きくはありませんが、10軒ほどのいちご農家がいます。毎月勉強会を実施して味の研究も続けていますし、農家毎の技術基準を統一しているので、安定した味のいちごを作ることができます。

この地域は、日照時間が長く比較的温暖なので、いちごを育てるのに適しています。また、川の水にミネラル分が多く含まれているといわれているため、甘いいちごが育ちます。

いちごの品種は、その時々で変わります。消費者の求める品種に合わせつつ、自分たちが食べた感覚で一番おいしいものに決めるのです。年ごとに品種が違うので、人によってはつかいちごの印象も思い出も異なります。まるでワインのようです。

年ごとに味が違っても、「自分たちの故郷にはいちごがあったよね」と覚えてもらえる。そんないちごを目指しています。

品種によるブランドではなく、地域のブランドなんですね。山本さんは以前からこの地域でいちごを作っていたのでしょうか。

私の実家は農家ではありません。私自身も10年ほど前に、自分でいちご農家を始めた新規就農者です。農家を始める以前は、広島市で通信関係の仕事をしていました。その頃から、いつかは故郷である廿日市に戻りたいと思い、色々な可能性を探していました。戻ることが前提だったので、広島市で暮らしながら廿日市の商工会議所の青年部に所属していたほどです。

後継者問題に関心があったので、当初は林業で独立することを検討していました。ただ、調べていくうちに、廿日市の林業で生計を立てるのは難しいとわかりました。それで、どうしようかと考えながら地元を歩いているときに、ふと「この場所にはいちごのビニールハウスがたくさんあったよな」と思い出したのです。

昔は辺り一面にいちごのビニールハウスが立ち並んでいて、夜になると明かりがつき、その光景がとても印象的でした。ところが、いちご農家は激減して、ビニールハウスはほとんどなくなりました。調べてみると、廿日市に残ったいちご農家は数件で、一番若い人で62歳。このままいけば廿日市のいちごはなくなってしまう。「自分がやるしかない」と直感的に思い、いちご農家を始めることにしたのです。

 
【関連記事はこちら!】>農業を仕事にしよう!
2017年11月11日(土)第2回「農のマッチングフェア in なら (就業・就農相談会)」開催

 

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧