トキが佐渡島の農家をひとつに「佐渡米100%減農薬栽培」実現への道のり – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > トキが佐渡島の農家をひとつに「佐渡米100%減農薬栽培」実現への道のり

生産者の試み

トキが佐渡島の農家をひとつに「佐渡米100%減農薬栽培」実現への道のり

トキが佐渡島の農家をひとつに「佐渡米100%減農薬栽培」実現への道のり

2017年11月06日

新潟県佐渡市は、東京23区の約1.5倍という広大な土地を誇る離島で、米どころとしてコシヒカリ系の米を全国に出荷しています。しかも、佐渡地域における慣行基準から化学農薬、化学肥料を5割以上減らした減農薬栽培に取り組み、現在ではJA佐渡のコシヒカリ全量が減農薬米といいます。その取り組みについてJA佐渡の米穀販売、渡部学(わたなべまなぶ)さんにお話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

自然災害をきっかけに 島全体でのブランディングを決意

1995年以降、それまでの「新潟米」という販売区分から、魚沼、岩船、佐渡、一般という県内地域別のブランディングをはじめ、佐渡市でも少しずつ「佐渡米」のブランディングに取り組み始めていました。しかし2004年、佐渡市全体が大変大きな台風被害を受け、塩害で品質は大きく下がり、収量も半作程度まで減少するという苦しい自然災害を経験します。佐渡米がほとんど出荷できないという辛い状況が、JA佐渡として取り組み方を変えるきっかけになったそうです。

JA佐渡は、佐渡島の米作りを大きく2つの方向性で行っていくことにしました。

1つ目は「自然災害に強い米作り」を行うこと。2つ目は、より良いものを作って販売力を上げ「佐渡米というブランディングを確立すること」。さらに、それらを島全体で一緒に揃って取り組もうと決意しました。

米農家で協力して農薬・化学肥料3割減

自然災害に負けない米を作るために「化学肥料だけに頼ることをやめよう」と、米農家に提案しました。有機肥料に変えたり、地力を上げる工夫をしたり、といった新たな指導をしながら「まずは農薬や化学肥料を3割減らそう」と全農家に呼びかけたのです。

当初は、「農薬を減らして病気や虫が発生したらどうするんだ」「肥料を減らして収量が減ったらどうするんだ」など様々な不安が農家から寄せられたそうです。しかし、農薬や化学肥料を減らしても病気などが発生せずに生産できるよう、JAの職員が丁寧に説明と指導を続けていきました。

【関連記事】「佐渡米ブランディング成功の裏側」佐渡市が抱える地域問題

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧