都産都消だからこそ実現 朝採りの高品質な「東京野菜」を消費者へ – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 都産都消だからこそ実現 朝採りの高品質な「東京野菜」を消費者へ

行政・団体・個人の支援

都産都消だからこそ実現 朝採りの高品質な「東京野菜」を消費者へ

都産都消だからこそ実現 朝採りの高品質な「東京野菜」を消費者へ

2017年11月07日

東京都で新しく立ち上がった地域ブランド「東京野菜」では、都内の農家が作った多種多様な野菜を、収穫したその日のうちに店舗まで届けています。朝採れの新鮮野菜を直送できるのはなぜでしょうか。「東京野菜」を立ち上げた、青果の仲卸業者である株式会社大治(だいはる)の社員であり、一般社団法人東京野菜普及会の理事である、堀将人(ほりまさと)さんにお話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

ミニトマトからパッションフルーツまで 東京の農家の特性が多種栽培を可能に

東京野菜には、現在約60軒の農家が参加しています。およそ120品目の野菜が、契約しているスーパーや飲食店へ出荷されており、練馬区や三鷹市を中心に栽培されている、カリフラワーやミニトマト、世田谷区の伝統大蔵大根、さらには奥多摩のわさびや小笠原村のパッションフルーツなど、バラエティ豊かな野菜や果物が並びます。

これほど多彩な種類の野菜が栽培できるのは東京都だからこそ。実は、東京都は他県にはない多様な栽培地域があるのです。

都内23区と多摩地域は、南の温暖な気候で育つ作物と、北の寒い気候で育つ作物のそれぞれ北限と南限に位置しています。そのため、南北両方の野菜を栽培することが可能です。小笠原諸島では亜熱帯の特性を活かして、熱帯系の野菜を栽培できたり、奥多摩地域の山間部では、標高の高さや清流を利用した農作物が作れます。

さらに、東京は小規模農家が多いため、新品種に挑戦しやすいというメリットがあります。地方の農家で新品種を試験的に栽培しようとすると、畑の面積に比例して収穫量も多くなります。売れるかわからない野菜を大量に生産、保有するのは、作る方にも売る方にもリスクがあります。

しかし、耕作面積が小さければ栽培数も少なくなるので、万一売れない場合もリスクが小さくなります。そのため、次々と新しい品種に挑戦することができるのです。

このように東京都は、多種多様な野菜を栽培するのに適した環境にあるといえます。

地の利を活かした朝採り野菜の直送事業

「東京野菜」は、朝に収穫した野菜をその日の午後に店舗へ卸すという、朝採り野菜の直送を行っています。この取り組みは、都内で栽培しているからこそ、新鮮な野菜をすぐに届けられるという強みを広めるために始まったそうです。

収穫作業が終わる朝10時半頃に、大治の担当者が集荷ルートに沿って契約農家を回り、野菜を仕入れてきます。市場に戻ったら、野菜は配送用のトラックに積み込み、「東京野菜」を扱うスーパーや飲食店に納品します。ただし、ルートのエリア外の農家は別途集荷に行ったり、離島などからは送ってもらったりするため、翌日の配送となります。

通常の集荷の場合、市場を経由して店頭に並ぶまで3日はかかります。それを踏まえると、「東京野菜」の朝採り野菜がいかに新鮮であるかがわかります。この鮮度を可能にしているのは、東京都で栽培しているという地の利にあります。市場から農家まで約1時間の距離にあり、納品先も都内のため、集荷から分荷・配送までの流れをスピーディーに行うことができるのです。

現在、東京野菜は練馬区と清瀬市を中心に、調布市や三鷹市、八王子市、伊豆大島、小笠原諸島などの農家が参加しています。堀さんは、「希望者がいれば他の地域の農家さんとも一緒にやっていきたいですね」といいます。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧