ミカンの栄養や保存法 ~おいしいミカンの見分け方~【野菜と果物ガイド】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > ミカンの栄養や保存法 ~おいしいミカンの見分け方~【野菜と果物ガイド】

ライフスタイル

ミカンの栄養や保存法 ~おいしいミカンの見分け方~【野菜と果物ガイド】

ミカンの栄養や保存法 ~おいしいミカンの見分け方~【野菜と果物ガイド】

2017年11月16日

気軽に手でむいて食べることができる、日本の代表的な果物がミカンです。私たちにとても身近な果物。小さい頃からミカンを食べているという方、実はどんどん甘く進化していることをご存知でしょうか?今回はミカンの鮮度の見分け方・栄養・おいしい食べ方を紹介していきます。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

糖度が高くおいしいミカンが次々誕生

ミカン
手で皮をむいていつでもどこでも食べられるミカンは、私たち日本人にとって最も身近なフルーツでミカン科ミカン属に分類される果物です。現代の量より質を求める傾向に合わせて、各産地では糖度の高い種を導入し、品質向上を測っています。高糖系品種とは、糖度が12度以上、クエン酸0.9パーセント以下のものを指し、「青島」「寿太郎」「金峰」「十万」「大津4号」「南柑20号」「紀の国」などがあります。また品質の良いミカン作りのためには、品種だけではなく、適地で栽培管理をすることも重要だとされています。

鮮度の良いおいしいミカンの見分け方

ミカン
鮮度の良いミカンを見分けるポイントとして、まずはヘタを観察します。ヘタが青くて小さいものが鮮度の良い証拠です。古い場合はヘタが枯れています。ミカン全体の形は、腰が低く扁平なものを選びましょう。表面はつやつやしていて色が濃いものが新鮮です。また、皮が薄く、皮が浮いていないものを選ぶようにしましょう。皮がういているものは「浮皮」と呼ばれる現象で、果肉の水分を皮が吸い取った結果に起こります。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧