海水でミカン・サツマイモの甘みがアップ!有明海の「海水農業」技術とは – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > アグリテック > 海水でミカン・サツマイモの甘みがアップ!有明海の「海水農業」技術とは

アグリテック

海水でミカン・サツマイモの甘みがアップ!有明海の「海水農業」技術とは

海水でミカン・サツマイモの甘みがアップ!有明海の「海水農業」技術とは

2017年11月20日

「農作物に海水を与える」という一風変わった方法で、ミカンやサツマイモを栽培している佐賀県の社会福祉法人佐賀西部コロニー。有明海のミネラル成分豊富な海水で育った農作物は、旨みや甘みが増すのだそうです。今回は、佐賀西部コロニーの理事である塚本修(つかもとおさむ)さんに、海水を使った農作物の栽培についてお話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

昔から伝わる技術を応用「海水ミカン」栽培への挑戦

佐賀西部コロニーのある佐賀県太良町(たらちょう)では、地域活性化のため、地域特性を活かした作物を栽培して売り出していきたいと考えていました。太良町は、広大な干潟ができる有明海に面しており、この地域には、昔から干潟の土を活用した農法があります。干潟は、満ち潮によって砂や泥が沿岸部に運ばれて堆積し形成されていきますが、堆積した土で地元では「干潟のガタ」と呼ばれるものを乾燥させて肥料に使うという方法です。この伝統的な技術を応用し、海水を栽培に直接使用できないかと考えたのです。

「太良町はもともとミカンの栽培が盛んな地域でした。そこで、先代の理事長は2006年に特産品のミカンを海水で育ててみようと考えたのです。海水に含まれる豊富なミネラル成分をミカンに吸収させ、より味わいを深くする研究を始めました」(塚本さん)。

しかし、「塩害」という言葉があるように、海水は植物の生育を妨げたり枯らしてしまったりします。そのため、樹木に散布するのに丁度良い塩分濃度を探すのに苦労したそうです。

「塩分濃度が高いと、葉のツヤが失われるなど、植物に変化がみられます。わずかな変化を見逃さないよう観察して、塩分が強いと判断したら真水で薄めたりと調整を繰り返し、適度な濃度を導き出しました」。

満月期の大潮の海水を使用 海水ミカンの栽培方法と特長

ミカンは5月頃に白い花を咲かせ、その後徐々に果実が膨らみはじめます。果実が3センチほどに成長したタイミングで、海水ミネラルが吸収されやすい塩分濃度に希釈した海水をミカンの樹木1本あたり約20リットル散布し、その後も果実の成長に合わせながら、収穫時期まで4回~5回にわたり海水を与えます。

「栽培には満月期の大潮の海水を使っています。太良町が面する有明海は潮の干満の差が大きく、大潮時に干潟の生物の活動が活発になる特徴があるのです。そのため、大潮時の海水にはミネラルがたっぷりと含まれています」。

佐賀西部コロニーが行った成分分析では、「海水ミカン」はミネラル成分の1つであるナトリウムが豊富だというデータが出ました。そのため、甘みや深みが増したように感じられます。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧