エリア 佐賀|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > エリア情報 > 九州・沖縄エリア > エリア:佐賀

都道府県別農業情報 九州・沖縄エリア 佐賀

九州・沖縄エリアの他の記事を見る
  • 佐賀の特徴
  • 佐賀の記事一覧

1.佐賀県ってどんなところ?

佐賀県は、九州地方の北西部に位置し、北は日本海、南は有明海に面しています。北東部の脊振(せふり)山地や南部の多良山地、脊振山地の南に広がる佐賀平野のほか、丘陵地や台地などもあり、さまざまな地形から成り立っている自然豊かな県です。
佐賀県の気候は、年間の平均気温が16度前後の地域が多く、穏やかです。北東の脊振山から西の国見山にかけての山あいでは、1年間に2500ミリ以上の多量の雨が降ります。しかし、北部の玄界灘(げんかいなだ)近くや、南部の佐賀平野では降雨量が少なく、年間1800ミリ程度となっています。

佐賀県基本データ
総面積 2,440.67km2 全国42位
総人口(※) 818,251人 全国42位

※ 2021年1月1日時点(住民基本台帳より)

佐賀イメージ
弥生時代の様子を伝える吉野ケ里遺跡

2.佐賀県の農業の現状は?

佐賀県の2020年の農業産出額は1219億円で全国25位。内訳は米や小麦といった穀物から野菜や果樹、花きなどの耕種が873億円、畜産が342億円です。畜産よりも耕種が盛んな地域と言えます。また、耕地のうち田が畑の5倍近い広さとなっています。
佐賀県には、日本最古の水田跡と言われる菜畑(なばたけ)遺跡があることなどから、古くから稲作が行われてきた地域だと考えられています。佐賀平野では温暖な気候を生かして、米と小麦・大麦との二毛作が行われています。
また、有明海の周りに広がる佐賀平野や白石平野は、「重粘土質」という独特の土壌です。この土壌がレンコンの栽培に適していて、レンコンの収穫量は全国2位です。


佐賀県農産物分布図
クリックで大きく表示されます
佐賀県農産物分布図

3.佐賀県の代表的な農産物は?

佐賀県は日本有数のハウスミカンの生産地。ハウスミカンは、加温されたハウス内で育った温州ミカンのことで、4月から9月にかけて全国各地で販売されます。さらに穀物では、ビールや焼酎などの原料になる二条大麦が収穫量、作付面積ともに全国1位(2020年)です。
野菜ではタマネギの生産が盛んで、収穫量は全国2位(2019年)。3月上旬の極早生(ごくわせ)品種「さが春一番たまねぎ」に始まり、その後品種を変えながら、10月まで長期間にわたり出荷しています。またアスパラガスも全国2位(2019年)の収穫量を誇ります。佐賀県産のアスパラガスは「ウェルカム」という品種で、他と比べて穂先の開きが小さいのが特徴。温暖な気候を生かして、雨よけのためのビニールハウスで栽培され、1〜10月の長期間にわたって収穫することができます。


佐賀県農産物グラフ
クリックで大きく表示されます
佐賀県農産物グラフ

4.佐賀県の就農状況は?

2018年の佐賀県の新規就農者数は161人。佐賀県では2022年にその数を年間180人とするため、新たな農業の担い手を育成する研修施設「トレーニングファーム」を県内各地に設置するなど、取り組みを続けています。研修生は、農業の知識を学べるだけでなく、就農時や就農後の継続したサポートも受けることができるところが大きな魅力です。
また、佐賀県は一定の条件を満たした新規就農者に対して、園芸用ハウスなどの施設や機械の整備のための費用を補助する取り組みなども行っています。そのほかにも、独自の支援事業を行っている市町村が多く、農業を始めやすい環境だといえそうです。


佐賀県農業就業者数
クリックで大きく表示されます
佐賀県農業就業者数

  • 1
  • 2