就農ことはじめVol.1 農業したい人必見!まずは農業の仕事内容を知ろう – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 就農ことはじめVol.1 農業したい人必見!まずは農業の仕事内容を知ろう

就農

就農ことはじめVol.1 農業したい人必見!まずは農業の仕事内容を知ろう

就農ことはじめVol.1 農業したい人必見!まずは農業の仕事内容を知ろう

2017年11月30日

普段の食卓でおなじみの米や野菜。私たちが毎日、おいしい食事をいただくことができるのは、農業に従事している人たちがいるおかげです。「就農ことはじめ」では、農業に興味のある方、これから農業を仕事にしようと考えている方に役立つ情報をシリーズでお届けしていきます。
第一回は、食を支える農業の仕事内容や一日の動き方などを具体的にご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

農業のキホンを知る、稲作でみた年間スケジュール

就農ことはじめ

一口に農家といっても、さまざまな種類がありますよね。みなさんが一番初めに思い付くのは米を作る「稲作農家」でしょうか。他にも、トマトやナスなどを育てる「野菜農家」、みかんやぶどうなどを生産する「果物農家」があります。食べ物だけでなくバラや鉢植えといった観葉植物を栽培する「花木農家」などもあります。

農業のスケジュールは、何を育てるかや地域の気候によっても異なりますが、まずは稲作を例に年間のスケジュールをみていきましょう。

<4月>
種まき:専用の箱に種をまき、20度を超えるビニールハウス内で苗を育てます。日光を当てる時間や温度管理など、苗の育成に最適な環境を整えることが大切です。
土作り:田に肥料を入れて、トラクターで耕します。栄養素のチッソ、リン酸、カリウムをたっぷり含ませるなど、おいしい米を生産するには、土づくりの知識が求められます。

<5月>
田植え:田植え機を使って、種まきの工程で育てた苗を田んぼに植え替えます。

<6~8月>
稲の手入れ:稲は夏を迎えると穂を作り始めます。この期間は、草刈りや栽培の管理などを行う繁忙期となります。稲を食い荒らす害虫やスズメなどに注意しながら愛情を込めて成長を見守ります。

<9~10月>
収穫:田の水を抜き、コンバインなどを使って計画的に刈り取ります。収穫した稲は天日干しにしてから脱穀、出荷します。

稲作農家では、主に4~10月にかけて米の栽培、管理を行います。では、その他の期間は何をやっているのか? 実はJAやスーパーへの出荷作業、会計関係の経理事務を行っています。雪の降る地方では、これに除雪などの作業も加わってきます。

太陽とともに生きる、早寝早起きの健康的なライフスタイル

就農ことはじめ

では、農家の一日の動きはどうなっているのでしょう。分かりやすくいえば、農業では太陽の動きに合わせて働くことが基本となります。

例えば、繁忙期の夏であれば、朝の5時ごろに起床し、草刈りなどを済ませた上で朝食を取ります。その後、休憩や昼食をはさみつつ栽培、管理に当たります。午後6時半ごろには作業を終え、午後10時ごろには就寝するという流れです。

草刈りなど体力を使う作業も多いため、体に負担がかかりすぎないように心がけることも重要です。こまめに休み、働き過ぎた日の翌日は多めに睡眠時間を取るなど、セルフケアが求められます。

判断力やセンスも必要! 時流やニーズを読む能力が成功を左右する

就農ことはじめ

農家になるに当たって、学歴や資格は必要ありません。でも実際には、おいしい作物を育てるためには土づくりや肥料の知識が必要となります。このため、農業関係の高校や大学、専門学校に2~3年間通う人が多いようです。

また、意外かもしれませんが、マネジメント能力や判断力も求められます。一人で農業を営むのであれば、作物や作付け場所の選定をはじめ、販路開拓までのプランを自分で練り上げることになります。また、今年は季節外れの台風が来るとなれば、例年よりも早い時期に収穫するなど、臨機応変に対応しなければなりません。

さらに時流や消費者のニーズを読み取る力も重要です。他の農家と変わらない品質の作物や、似たような販売方法では収益を上げることはなかなか難しいでしょう。近年人気の有機栽培にこだわったり、高級な野菜作りに特化して三つ星ホテルに売り込んだりするなどの工夫が成功のカギとなります。

農業は、土づくりや草刈りにコツコツ取り組む大変さもありますが、愛情を込めて育てた作物を収穫し、それを命の営みに役立てることのできる仕事です。また、四季や自然とともに生きることができる数少ない仕事でもあります。あなたの、これからの仕事にいかがでしょうか?

次回は、個人で農業を始める独立就農と、企業に就職して農業に携わる雇用就農について紹介します。

【「農業で働く」という選択肢を提案。全国6都市開催「就農FEST」の詳細はこちら↓】

就農fest

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧