国が違えば発想も違う!? 世界のユニーク農法~バングラディッシュ編~ – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > 国が違えば発想も違う!? 世界のユニーク農法~バングラディッシュ編~

ニュース

国が違えば発想も違う!? 世界のユニーク農法~バングラディッシュ編~

国が違えば発想も違う!? 世界のユニーク農法~バングラディッシュ編~

最終更新日:2018年01月30日

洪水が多く、土地がたびたび水に浸かってしまうような、おおよそ農業に向いているとは思えない過酷な環境でも、おいしい野菜を育てる方法があります。今回は、水上で野菜を育てるバングラディッシュの「水耕栽培」を取り上げ、その独特の農法を紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

水浸しでも野菜は育つ 古代人の知恵から生まれた水耕栽培

バングラディッシュ(人口約1億5908万人)は、国土のほとんどが熱帯モンスーン気候帯に属し、200本以上もの河川が流れています。毎年6~10月の雨季には、広範囲にわたって洪水が起きてしまうため、地域によってはほとんどの農地が水没してしまいます。

水浸しの時期に農作物を育てることは難しく、バングラディッシュには、季節的に食料を得られないことで起こる飢餓状況を表す「モンガ」という言葉があるほどです。

こうした環境のもとで生まれたのが水耕栽培です。水耕栽培は古代から行われてきた農法ですが、農業の近代化などに伴い、ほとんど用いられなくなっていました。しかし近年は経済的で環境にも優しい農法として再び注目が集まっており、水耕栽培に取り組む人が少しずつ増えています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧