アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~タヌキ編~ – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~タヌキ編~

ニュース

アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~タヌキ編~

アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~タヌキ編~

最終更新日:2018年05月14日

近年、「こんなところにいるとは思わなかった」というイノシシ、シカ、サル、タヌキなどの野生動物が市街地に現れる異常事態が増え、農家への害獣の被害も深刻化しています。2017年度の農林水産省の調べでは、野生鳥獣による農作物への被害状況はおよそ200億円で、その6割が獣類、4割が鳥類(※1)という内訳です。

「アブなすぎる害獣図鑑」第五回は、かわいらしい容姿で山林や田畑を荒らすタヌキの生態と農作物への被害、その撃退方法に迫ります。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

「タヌキ寝入り」という言葉通り 案外ずる賢いタヌキの生態

縁起物のタヌキの置物や昔話、アニメ、丸っこくて愛嬌のある顔をタヌキ顔と称した芸能人が人気になるなど、一般の人にも馴染みの深いタヌキ。古くから全国に生息する野生動物で、人間と共存して親しまれていたこともありましたが、実は山林や田畑などを荒らす厄介者なのです。

タヌキは長い剛毛と柔毛が組み合わさった、湿地・森林での生活に適応した体型の動物ですが、森林での生活がほとんど。夜行性で単独もしくはつがいで暮らし、一度ペアになったら死ぬまで解消しないと言われています。食性は雑食で、幼虫や小動物、果実など様々なものを食べ、水生昆虫や魚介類などの水生動物なども捕食します。冬眠はしませんが、冬に備えて脂肪を蓄えるため、秋にしっかり食べて体重を増加させます。

「タヌキ寝入り」という言葉があるように、死んだふりや寝たふりをして敵をかく乱させる、ずる賢い習性もあります。

※1 鳥獣被害の状況:農林水産省

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧