【健康をめざす家庭の薬膳】 食べ物の性質を知る「五味」とは – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【健康をめざす家庭の薬膳】 食べ物の性質を知る「五味」とは

ライフスタイル

【健康をめざす家庭の薬膳】 食べ物の性質を知る「五味」とは

【健康をめざす家庭の薬膳】 食べ物の性質を知る「五味」とは

最終更新日:2018年09月10日

漢方では、食べ物の性質を知る方法として「五味」という考え方があります。五気と同様に五行の法則にのっとり、食べ物をその味の違いによって5つの性質に分類したものです。また、五味と五臓は深く関係していて、特定の味を体が欲しているときは体のある部分が疲れていたり、弱っていたりすることもあります。ここでは、五味に分類されている味とその働き、五臓との関係性について紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

五味とは?

酸(さん)・苦(く)・甘(かん)・辛(しん)・鹹(かん)の5つの味に食べものを分類し、味と臓器が密接な関係にあるとした考え方です。

漢方の古い書物には、酸は肝・胆、苦は心・小腸、甘は脾(ひ)・胃、辛は肺・大腸、鹹は腎(じん)・膀胱に入るとあり、口から入った食べ物は味の違いによってそれぞれ違う臓器に働きかけると書かれています。

1 2 3

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

カテゴリー一覧