【健康をめざす家庭の薬膳】 食べ物の性質を知る「五気」とは – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【健康をめざす家庭の薬膳】 食べ物の性質を知る「五気」とは

ライフスタイル

【健康をめざす家庭の薬膳】 食べ物の性質を知る「五気」とは

【健康をめざす家庭の薬膳】 食べ物の性質を知る「五気」とは

最終更新日:2018年03月22日

現代の栄養学では、カロリーやたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を用いて食べ物の性質を決定しますが、漢方では食べ物の性質を決めるにあたり、栄養学的な手法は用いられていません。また、ポリフェノールやコラーゲンなど食べ物に含まれる各有効成分が体内で健康のために働くといった考えもありません。漢方においては食べ物の性質をどのように決定しているのでしょうか。ここでは、その方法の一つである五気について解説します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

五気とは

漢方において食べ物の性質を決定する方法が、「五気」と呼ばれるもので、薬膳の植物分類の基礎理論の一つとなっています。

五気では、食べ物には体を冷やしたり、温めたりする性質があるとしています。五気とは寒・涼・平・温・熱の5つの性質のことです。

冬に温かいスープを飲んだり、鍋物を食べたりすると体が温まってくることや、暑い夏に冷えたスイカを食べたり、キュウリを食べたりすると体がひんやりとして汗がひくような感覚があることは、経験的に知っていることだと思います。

五気はすべての食べ物に対して体を冷やしたり、温めたりする性質を研究した理論となります。

五気の働き

寒・涼・平・温・熱の五気には、どのような食べ物の性質やどのような効果や働きがあるのでしょうか。

・寒
体を冷やす食べ物のこと。鎮静作用や消炎作用があり、のぼせやすい人や高血圧の人が積極的に摂るべきもの。

・涼
寒よりは作用が弱いものの、身体を冷やす食べ物のこと。寒と同じように鎮静作用や消炎作用がある。

・平
体を温めたり冷やしたりするなどの作用がない食べ物のこと。すべてのタイプの人に良い食べ物。

・温
体を温める食べ物のこと。興奮作用があり、冷え性の人が摂ると良いもの。

・熱
温よりさらに体を温める作用が強い食べ物。温と同様に興奮作用があり、冷え性の人に加えて貧血の人も積極的に摂るべき食べ物。

すべての食べ物は、この5つの性質にわけることができます。しかし、体を冷やす寒と涼、体を温める温と熱には、厳密な区別があるわけではありません。どの程度身体を冷やすのか、温めるのかという程度の差によって分けられています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧