札幌グルメを支える北海道農業 vol.2 こだわりの北海道食材を堪能できる「炭りっち」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 札幌グルメを支える北海道農業 vol.2 こだわりの北海道食材を堪能できる「炭りっち」

ライフスタイル

札幌グルメを支える北海道農業 vol.2 こだわりの北海道食材を堪能できる「炭りっち」

札幌グルメを支える北海道農業 vol.2 こだわりの北海道食材を堪能できる「炭りっち」

2018年02月18日

米、野菜、魚など北海道は日本の食糧庫として数多くの食材が生産されています。道産食材を使ったおいしい料理を食べられるお店が「炭焼和酒場 炭りっち」。産地だけでなく、生産者にまでこだわり、新鮮食材を提供し続ける同店でお話をうかがってきました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

北海道を追求した逸品の数々 「炭りっち」のこだわり

牛の頭数が人口の4倍という豊富町の牛乳を使用

札幌市内を中心に20店舗以上を構える「炭りっち」には連日多くの人が訪れます。なかでも人気なのは、北海道の北に位置する礼文町から直送される「ホッケ」(500円)、自社ブランドカキ「竜宮牡蠣」(1個150円)、日本酒・焼酎のテイスティングの専門家として日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会から「酒匠」として認定されている鎌田孝(かまだ たかし)氏が選んだ道産日本酒の飲み放題。産地直送されるホッケ、カキは生産者に現地まで足を運び、買い付けているのだとか。
もちろん、海鮮だけではなく、卵、牛乳を使ったメニューも数多く用意されています。
「1/2日分の野菜が摂れる時期物サラダ」(580円)や「倶知安町石川養鶏場の卵を使っただし巻き卵」(480円)、「豊富町牛乳を使った抹茶ティラミス」(580円)、「牛乳プリン」(390円)、「十勝指定のポテトフライ」(480円)など、北海道産というだけではなく生産者にまでこだわったメニューが魅力的です。
北海道という土地にとことんまでこだわり抜いたメニューが豊富な同店には、地元札幌市民だけではなく、多くの観光客が訪れます。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧