札幌グルメを支える北海道農業 vol.3 インスタ映え抜群! 北海道野菜が彩るおしゃれな料理の数々「Veggyの家」|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 食育・農業体験 > 札幌グルメを支える北海道農業 vol.3 インスタ映え抜群! 北海道野菜が彩るおしゃれな料理の数々「Veggyの家」(3/3)

札幌グルメを支える北海道農業 vol.3 インスタ映え抜群! 北海道野菜が彩るおしゃれな料理の数々「Veggyの家」(3/3)

札幌グルメを支える北海道農業 vol.3 インスタ映え抜群! 北海道野菜が彩るおしゃれな料理の数々「Veggyの家」

2017年の流行語「インスタ映え」。飲食店ではそれを意識した、思わず写真に残したくなるような見た目も美しい料理が、昨今多く提供されるようになっています。北海道でインスタ映えする料理を提供する店と言えば「Veggy(ベジー)の家」。道産の新鮮食材を使用し、思わず写真を撮りたくなるフォトジェニックな料理を提供する同店の人気の秘密を探りました。

野菜にこだわるからこそ求める野菜とは?

畑に見立てた滑らか白レバーのムース(580円)

同店が求める野菜は「冬でも生産できる野菜」だといいます。
冬の道産野菜といえば、和寒(わっさむ)町で生産される「越冬キャベツ」が有名です。北海道のキャベツの生産は夏や秋が中心で、多くの産地は夏と秋の出荷を行っています。しかし和寒町は、冬が出荷の中心。和寒町とその近郊は道内最大の冬キャベツの産地です。
元々は秋キャベツの価格が大暴落した1968年に、収穫せずに畑にそのまま置いておいたキャベツの甘さが増していたということが始まりだそうです。 偶然が生んだ越冬キャベツは、キャベツ自身が凍結しないよう糖度を上げることから芯の甘さが際立っているのが特徴です。
これからも、生産方法や流通方法、その技術が発展することで、冬の北海道ならではの野菜が登場してくることを求めています。

「一軒家イタリアン居酒屋 Veggyの家」。「家」のように落ち着ける店内で、新鮮野菜を味わってみませんか?

【店名】一軒家イタリアン居酒屋 Veggyの家
【住所】札幌市中央区南1条西7丁目11-2
【電話】011-272-1333
【営業時間】17時〜24時
【定休日】不定休
【URL】https://veggyshouse.owst.jp/

1 2 3

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧