【47都道府県の地域食材】天下の台所・大阪府の伝統野菜と特産品

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【47都道府県の地域食材】天下の台所・大阪府の伝統野菜と特産品

ライフスタイル

【47都道府県の地域食材】天下の台所・大阪府の伝統野菜と特産品

【47都道府県の地域食材】天下の台所・大阪府の伝統野菜と特産品

最終更新日:2018年10月16日

江戸幕府を支えた天下の台所として栄えた大阪では、大阪独自の食べ物が数多く存在していました。そういった中で、伝統野菜は近代化と共に一度は数が少なくなりましたが、近年大阪府によって復活させる活動が行われています。伝統野菜の他にもおいしくてユニークな食材がたくさんある大阪。今回はその中で「あい鴨肉」「大阪ウメビーフ」「イカナゴ」「大阪しろな」の魅力を紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

大阪府の概要と主な取り組み

地域食材

大阪府は江戸時代に天下の台所とよばれていたことからも分かるように、古くから食文化が栄えていました。そのため、大阪の食文化を支えるために大阪独特の野菜が数多く存在しました。

しかし、第二次世界大戦後、農作物の生産効率を上げ、農地の宅地化が進み、食生活の洋風化も相まって多くの伝統野菜が姿を消してしまいました。近年、昔ながらの大阪の野菜を復活させ、味わってもらえるようにと「なにわの伝統野菜」の発掘と復活の活動が大阪府を中心に行われています。

「なにわの伝統野菜」とは

なにわの伝統野菜とは、概ね100年前から大阪府で栽培されてきた野菜で、苗や種子の来歴が明らかで大阪独自の品種であり、栽培するための苗、種子の確保が可能な野菜という基準を満たした、府内で生産されている野菜をさします。

具体的には、「毛馬(けま)きゅうり」「玉造黒門越瓜(たまつくりくろもんしろうり)」「金時人参」「大阪しろな」などの17品目が、なにわの伝統野菜として認証されています。

大阪は都市のイメージがありますが、たくさんの伝統野菜と特産品が存在します。大阪といえばたこ焼き!と思っていた方もぜひ、大阪のおいしい伝統野菜を試してみてはいかがでしょうか。

1 2 3

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧