オーガニック製品のクオリティーを見極める有機認証制度とは
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > オーガニック製品のクオリティーを見極める有機認証制度とは

農業ニュース

オーガニック製品のクオリティーを見極める有機認証制度とは

オーガニック製品のクオリティーを見極める有機認証制度とは
最終更新日:2018年10月17日

有機・オーガニックの農産物や畜産物、加工品を生産するときに、農家が必ず知っておかなければならないのが、有機認証制度です。日本国内における有機、オーガニックの表示に必須となる有機JAS認証をはじめ、海外への輸出で必要となる認証制度などについて紹介します。

オーガニック製品の信頼の証「有機認証」とは

オーガニック
日本で有機生産の基準を定めるのがJAS法で、有機JAS基準を満たさない生産物については、「有機」「オーガニック」として販売することはできません。そのような有機生産の基準を定め、認証機関が第三者として証明するシステムが有機認証です。有機認証を受けた事業者(作り手)は、有機マークを含む「有機」「オーガニック」といった表示が可能となり、消費者はその表示を見て、有機生産物を購入することができます。

1 2 3

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧