納豆ブランドを守る 茨城県水戸市が行う納豆消費UPの取り組み – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 納豆ブランドを守る 茨城県水戸市が行う納豆消費UPの取り組み

マーケティング

茨城

納豆ブランドを守る 茨城県水戸市が行う納豆消費UPの取り組み

納豆ブランドを守る 茨城県水戸市が行う納豆消費UPの取り組み

最終更新日:2018年09月13日

「水戸納豆」で有名な茨城県水戸市では、納豆の年間支出金額でほぼ毎年トップ3の自治体にランクインしています。「水戸=納豆」という地域のブランド力を維持し、拡大する水戸市の取り組みについて、茨城県工業技術センター地場食品部門、首席研究員の長谷川裕正(はせがわひろまさ)さんにお聞きしました。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

納豆生産メーカーが最も多い水戸市

切干大根と納豆を混ぜた「そぼろ納豆」

納豆生産メーカーが登録している「全国納豆協同組合連合会」に、茨城県は最も多い19もの団体が登録しています。さらに納豆の大手メーカーも本社を茨城県に置くなど、茨城県は昔から納豆と深いつながりがある場所です。

「茨城県は台風や洪水の被害が多かった場所のため、早生で早く収穫できる小粒の大豆を使った納豆が昔から盛んに生産されていました。大粒のものに比べて、小粒の納豆は口あたりや風味もよく、『水戸の納豆は小粒でおいしい』という評判がたち、それが水戸の納豆が有名になった一つの理由と言われています」と長谷川さんは語ります。

1 2 3

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

カテゴリー一覧