国産も輸入品も多種多様 カボチャの下ごしらえ・保存法【野菜と果物ガイド】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 国産も輸入品も多種多様 カボチャの下ごしらえ・保存法【野菜と果物ガイド】

ライフスタイル

国産も輸入品も多種多様 カボチャの下ごしらえ・保存法【野菜と果物ガイド】

国産も輸入品も多種多様 カボチャの下ごしらえ・保存法【野菜と果物ガイド】

最終更新日:2018年10月09日

カボチャはホクホクとした甘みがあるものや、淡泊な味わいのもの、生食でサラダにできるものなど様々な品種があります。また形も通常の丸いものから、細長い形、ピーナッツ形など見た目にも楽しめます。
今回は、鮮度の良いおいしいカボチャの見分け方、保存方法、下ごしらえ方法、品種などについて紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

様々な品種があるカボチャ

カボチャ

カボチャはウリ科カボチャ属の野菜です。甘い栗カボチャ系品種が主流です。国産だけでなく、メキシコなどから輸入もされています。他に、日本カボチャ、ズッキーニ、鑑賞用のペポカボチャなどがあります。それぞれ食感や形も違い、同じカボチャの仲間でも様々な味わいを楽しむことができます。

鮮度の良いおいしいカボチャの見分け方

カボチャは完熟していて、大きさの割に重量のあるもので、さらにヘタの部分が硬いものを選びましょう。ヘタに縦に亀裂が入っているものは果肉がしまっているとされます。皮の色が薄いものは実の色も薄いことが多いので、献立や料理の仕上がりのイメージに合わせて使いわけましょう。

さらに西洋カボチャは表面にツヤがあるもの、日本カボチャは粉をふいているものがおすすめです。

1 2 3

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

カテゴリー一覧