古民家に泊まって農村を感じる「農家民宿」とは
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 古民家に泊まって農村を感じる「農家民宿」とは

ライフスタイル

古民家に泊まって農村を感じる「農家民宿」とは

古民家に泊まって農村を感じる「農家民宿」とは
最終更新日:2018年10月09日

農村暮らしや古民家にあこがれる人が増え、農村暮らしを手軽に体験できる手段も増加しています。そこで、農村の古民家に泊まる「古民家宿泊」、農家に泊まって農作業などを体験する「農家民宿」、クラウドファンディングで誕生した新しい農村の形「シェアヴィレッジ」を紹介します。それぞれ、どんな魅力を持つものなのでしょうか。

古民家が魅力 農村に泊まりたい

古民家

農村での暮らしを気軽に体験してみたいという方におすすめなのが、古民家への宿泊です。築年数が数百年を数えるような家屋そのものの存在感と、茅葺き屋根や縁側、囲炉裏や五右衛門風呂など、日本に住んでいても体験する機会が少ない古民家ならではの情緒が魅力です。

実際に就農する場合、どのエリアを選ぶかということも大事な選択基準のひとつ。古民家宿泊は全国各地にあるので、目的に合わせた選択が可能です。農村での生活を知るきっかけのひとつとして、家族や友人と大勢で古民家を一軒貸し切って農村生活を体験してみるのも良いですね。

1 2 3

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧