古民家に泊まって農村を感じる「農家民宿」とは|マイナビ農業
一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 閉じる

マイナビ農業TOP > 農家ライフ > 古民家に泊まって農村を感じる「農家民宿」とは(2/3)

古民家に泊まって農村を感じる「農家民宿」とは(2/3)

古民家に泊まって農村を感じる「農家民宿」とは

農村暮らしや古民家にあこがれる人が増え、農村暮らしを手軽に体験できる手段も増加しています。そこで、農村の古民家に泊まる「古民家宿泊」、農家に泊まって農作業などを体験する「農家民宿」、クラウドファンディングで誕生した新しい農村の形「シェアヴィレッジ」を紹介します。それぞれ、どんな魅力を持つものなのでしょうか。

農家民宿を体験してみよう

古民家

古民家に泊まるだけではなく、実際に農家の暮らしを体験してみたい方には「農家民宿」がおすすめです。農家民宿とは、実際の農家が住居を提供するスタイル。農作業はもちろん、梅干し作りやキノコ狩り、魚釣りなど、その土地ならではの作業や、それぞれの農家が得意としていることを一緒に体験することができます(※1、2)。

そんな農家民宿の一番の魅力は、何と言っても農家の人々とのふれあいです。農業について知りたいことをたずねたり、農作業についての具体的なアドバイスを求めたりできるチャンスです。

「農家民宿」で訪れる場所は、自分が体験してみたいこと、知りたいことを基準に選んでみるとよいでしょう。

1 2 3

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧