エンジンに匹敵するパワーとスタミナを実現! この春、ハスクバーナ・ゼノアの新バッテリーがすごい – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > エンジンに匹敵するパワーとスタミナを実現! この春、ハスクバーナ・ゼノアの新バッテリーがすごい

PR

ニュース

エンジンに匹敵するパワーとスタミナを実現! この春、ハスクバーナ・ゼノアの新バッテリーがすごい

エンジンに匹敵するパワーとスタミナを実現! この春、ハスクバーナ・ゼノアの新バッテリーがすごい

最終更新日:2018年10月26日

芝刈機の名門ハスクバーナ・ゼノア株式会社から今春、バッテリー駆動による刈払機、ヘッジトリマ、ブロワの3種が発売されました。バッテリー駆動の製品はエンジン駆動と比べ、パワーが弱かったり作業時間に制限があったりなど家庭向けの印象が強かったですが、今回は農家にターゲットを絞って開発。日本の農家を知り、高い技術力を誇る同社ならではのこだわりとは何か。苦労を経た開発と、だからこそ追究できたプロ仕様の新製品について紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

2018年春、「ゼノア バッテリーシリーズ」が登場

 

左/ループハンドルの「BTR250PL」 右/両手ハンドルの「BBC250PW」

 

左/ヘッジトリマ『BHT250PD60』 右/ブロア『BHB250P』

高い技術力で開発された新製品

創業100年を超え、環境に配慮した「ストラト・チャージド®エンジン」など高い技術力で知られる同社がこの春、バッテリーで動く刈払機『BBC250PW』(両手ハンドル)、『BTR250PL』(ループハンドル)、ヘッジトリマ『BHT250PD60』、ブロワ『BHB250P』と、それらすべてに使えるバッテリー『BLi200ZR』、急速充電器『QC330ZR』を発表しました。
プロに向けた製品としてのポイントはどこにあるのでしょうか。

排ガスゼロ&低騒音はバッテリー製品ならでは

バッテリー製品はエンジン製品と違い排ガスがゼロ。燃料補充のわずらわしさもありません。排ガスやガソリンの匂いが苦手な方にも嬉しいポイントです。また静音設計のため、周囲への騒音を気にするといった、環境面には大きなメリットがあります。ボタン一つ押せば動き出し、アイドリング中も動かし続ける必要はありません。

左/バッテリー『BLi200ZR』 右/急速充電器『QC330ZR』

軽量にも強みを持つハスクバーナ・ゼノア

近年、農業機械のバッテリーはどんどん小型軽量化しています。各社がバッテリー製品の開発に力を入れている中、同社製品の軽さには定評があります。同社は2.2kgという世界最小・最軽量のトップハンドルソー「こがるシリーズ」をはじめ、もともと軽さには強みがありました。

充電器もワンタッチで脱着しやすい仕様に

バッテリー製品への不安解消のために

「バッテリー駆動は、農場で使うにはパワーが弱くて長時間使えないし、電気製品だから扱いもデリケート」と思っていませんか。今回発表のバッテリーシリーズがプロ向けをうたっているのは、まさにその点を解決したからと言えます。

バッテリーランプもひと目でわかりやすく工夫

1 2 3

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧