地域の特産品を使用した「ご当地サイダー」6種を飲み比べてみた – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 地域の特産品を使用した「ご当地サイダー」6種を飲み比べてみた

ライフスタイル

地域の特産品を使用した「ご当地サイダー」6種を飲み比べてみた

地域の特産品を使用した「ご当地サイダー」6種を飲み比べてみた

2018年05月04日

道の駅やアンテナショップなどで売られている「ご当地サイダー」を目にしたことはありますか?地方の農家自家製のサイダーや、市販ではなかなか目にすることができない珍しい果実を使用したサイダーなど、その種類は様々。今回は、地域の特産品を使用したこだわりのご当地サイダー6種を紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

能登の里山サイダー 青のしずく(石川県)

過疎化が進んだ奥能登で、休耕田にブルーベリーを植栽したことがきっかけに、北陸最大級のブルーベリー産地として名を馳せるようになった石川県能登町。そんな能登町産のブルーベリーを使用したサイダーが「能登の里山サイダー 青のしずく」です。

甘さ:★★★★☆
香り:★★★★★
爽快感:★★★☆☆
炭酸の強度:★★★★☆

ワインと見間違うようなおしゃれなパッケージが魅力的なブルーベリーのサイダー。栓を開けると、甘酸っぱいブルーベリーの香りがふわっと広がっていきます。酸味は少なめで、強めの炭酸とブルーベリーの甘さが際立ちます。

このままでもおいしいのですが、ジンなどのお酒で割れば肉料理のお供など、ワインの代わりとしても楽しめそうな味わいです。

能登の里山サイダー 青のしずく
容量:340ml
販売元:株式会社Ante

伊豆ニューサマーサイダー(静岡県)

ニューサマーオレンジは、伊豆の温暖な限られた畑で作られている、希少性の高いオレンジです。地域によっては「日向夏」「小夏」とも呼ばれています。「伊豆ニューサマーサイダー」は、そんな伊豆の特産品ニューサマーオレンジの果汁を使用したサイダーです。

甘さ:★★★☆☆
香り:★★★★☆
爽快感:★★★★★
炭酸の強度:★★☆☆☆

サイダーを開発した3人の農家の方の顔と、ちょっとレトロなパッケージが目を引くニューサマーサイダー。ニューサマーオレンジがユズ由来の柑橘類ということから、一般的なオレンジよりもユズのようなフレッシュな香りを感じられます。

微炭酸ですっきりとクセがなく、清涼感のある味わい。暑い夏に冷やして飲みたい一品です。

伊豆ニューサマーサイダー
容量:340ml
販売元:農事組合法人 二ッ堀農園

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧