福祉から就農へ!素人だから作れるブログ「びわ農家の気持ち」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 福祉から就農へ!素人だから作れるブログ「びわ農家の気持ち」

マーケティング

千葉

福祉から就農へ!素人だから作れるブログ「びわ農家の気持ち」

福祉から就農へ!素人だから作れるブログ「びわ農家の気持ち」

最終更新日:2018年10月01日

誰もが気軽にブログを始められる時代になり、農業を営みながらブログ運営を続けている方も少なくありません。今回は、福祉の仕事から農家へ転身した、千葉県南房総市のビワ農園「福原農園」の、福原祐美(ふくはらゆみ)さんに話をうかがいました。2017年3月の就農からわずか1年、現在はどのように農作業とブログ制作を両立しているのでしょうか。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

福祉の世界から農業の世界へ!

ビワ

千葉県南房総市にある福原農園では、この地で1900年頃から栽培が始まった「房州びわ」を、無農薬栽培にこだわって作り続けています。福原さんは東京都内で福祉の仕事を20年近く続けていました。ですが、「農家になりたい」という思いを何年も抱えており、田舎暮らしや就農できる場所を探している中で福原農園を知りました。福原農園での農業研修を通して、両親とともにそこで働いている、福原英城(ひでき)さんと意気投合し、結婚に至りました。

2017年3月に就農をスタートし、農業に関しては全くの初心者だった祐美さんに任されたのが、福原農園のブログ運営でした。

「それまでは夫が、農園の日々の様子を紹介するブログを続けていました。でも『農業の外の世界から来た人のほうが、斬新な視点で書けるのでは?』と言われ、ブログ担当をまかされたのです」と、祐美さんは語ります。

ブログ制作の経験はほとんどありませんでしたが、「素人目線でもいいのなら、私でも書けるかな」と考えて前向きに引き受けることにしたそうです。ブログのタイトルも、興味をもって見てもらえるように「びわ農家の気持ち」と変更しました。

1 2 3

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧