【ふるさと納税】宮城県生まれの『ひとめぼれ』炊き込みご飯に最適!

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】宮城県生まれの『ひとめぼれ』炊き込みご飯に最適!

ふるさと納税
宮城

【ふるさと納税】宮城県生まれの『ひとめぼれ』炊き込みご飯に最適!

【ふるさと納税】宮城県生まれの『ひとめぼれ』炊き込みご飯に最適!
最終更新日:2019年10月24日

全国でコシヒカリに次ぐ作付面積・流通量のブランド米・ひとめぼれ。
「見て美しさにひとめぼれ、食べておいしさにひとめぼれ」という名前の由来のとおり、美しい艶と口当たりの良さ、柔らかさと美味しさが人気となっています。このバランスのよさからどんな料理にも合い、冷めても美味しいことも特徴です。

ひとめぼれの特徴を紹介


全国でコシヒカリに次ぐ作付面積・流通量のブランド米・ひとめぼれ。
「見て美しさにひとめぼれ、食べておいしさにひとめぼれ」という名前の由来のとおり、美しい艶と口当たりの良さ、柔らかさと美味しさが人気となっています。

さらに、適度な粘り気により、小さなお子さんからお年寄りまで、幅広い年代層に食べやすいお米となっています。
このバランスのよさからどんな料理にも合い、冷めても美味しいことも特徴です。

ひとめぼれの産地

ひとめぼれは宮城生まれのお米です。
宮城の風土に適していて東北を中心に栽培されていますが、全国展開されており、東北から沖縄地方まで幅広くの土地で収穫することができます。

東北だと宮城のほかに山形県、岩手県、福島県によく見られます。場所や天候を選ばず栽培できるような強いお米であることが分かります。
コシヒカリに次いで多く栽培されているお米となっています。

ひとめぼれの特徴

ひとめぼれの親となる米はコシヒカリと初星からなります。
コシヒカリの味の良さを受け継いで誕生したひとめぼれは冷害にも負けず寒い地域でも栽培が可能になったことで流通量が全国でぐんぐんと増えていきました。

また初星の力強く扱いやすいところから、全国区での栽培が増えていきました。

ひとめぼれの味

コシヒカリ譲りの甘みの良さがあります。
噛めば噛むほど甘みが増しごはんだけでもお箸が進みます。
ふっくらとしていてお米を炊くと粒がたち、湯気がたちこめる中にお米が生き生きと立っているように見えます。

つやもあり、ほのかに甘く優しいです。
粘り気が程よいので噛みやすくお年寄りにも食べやすいと人気です。
舌触りも滑らかでとても食べやすいと定評があります。
ひとめぼれはすべてが程よくオールマイティーで老若男女に愛され支持されています。

ひとめぼれを返礼品としている自治体5選

そんな『ひとめぼれの新米』の予約がふるさと納税でも始まっています。
なかでもおすすめの自治体5選をご紹介します!!

1.【蔵王町】蔵王産ひとめぼれ(精米)10kg:12,000円

地 域 寄付金額
宮城県蔵王町 12,000円

詳細はこちら

最初にご紹介するのは宮城県蔵王町の返礼品、蔵王産ひとめぼれ(精米)5kg×2袋です。
こちらのひとめぼれは、蔵王山の裾野に広がる自然豊かな清流の地で育った、粘りが強めのモチモチした食感で飽きのこないお米になっています。

概要

セット内容
・ひとめぼれ(精米)5kg×2
原産地:宮城県蔵王町
蔵王のこだわりのおいしいお米。

2.【山元町】ひとめぼれ6kg&卵25個セット:15,000円

地 域 寄付金額
宮城県山元町 15,000円

詳細はこちら

次にご紹介するのは宮城県山元町の、卵かけごはんセットです。
こちらの返礼品のたまごは、飼料にブナの樹液やゼオライトを加えて樹精高品質なたまごに育てています。卵臭さが少なくてコクがあるおいしい卵を、低農薬・有機肥料で育てた環境保全米のひとめぼれと一緒にお召し上がりください。

概要

セット内容
・ひとめぼれ(環境保全米・精米)6kg
・樹精高品質たまご25個
原産地:すべて山元町

3.【大和町】2019年新米・大和町産ひとめぼれ5kg×4ヶ月:30,000円

地 域 寄付金額
宮城県大和町 30,000円

詳細はこちら

続いてご紹介する返礼品は、宮城県大和町の2019年新米大和町産ひとめぼれ4ヶ月定期便です。
5kgの「ひとめぼれ」を4ヶ月間お送りいたします。農薬と化学肥料の使用量は、宮城県の慣行栽培の2分の1以下です。

概要

セット内容
・ひとめぼれ (5kg) × 4カ月間
2019年新米先行受付開始!大和町産「ひとめぼれ」を4カ月間お届け!

4.【栗原市】一等米限定ひとめぼれ 5kg×6ヶ月:50,000円

地 域 寄付金額
宮城県栗原市 50,000円

詳細はこちら

次にご紹介するのは、宮城県栗原市からの返礼品で、6ヶ月定期便 宮城県栗原産「ひとめぼれ」一等米限定です。
バランスに優れた優等生タイプのお米であるひとめぼれは、コシヒカリ譲りの味や食感の良さは残しながらも、ガツンとした強い味ではなく優しい味わいのお米です。半年間新鮮なひとめぼれを味わうことができます。

概要

セット内容
[定期便]5kg×全6回
[合計]30kg
※毎月5kgを6か月間お届け致します!

5.【大崎市】鳴子峡清流米ひとめぼれ無洗米10kg×6回:100,000円

地 域 寄付金額
宮城県大崎市 100,000円

詳細はこちら

最後にご紹介する返礼品は、宮城県大崎市から、無洗米10kg×6回 鳴子峡清流米ひとめぼれです。
鳴子温泉郷の中山間地域で大自然の鳴子峡清流の水で育ち、お米のソムリエ「米・食味鑑定士」が精米した「ひとめぼれ」です。お米につやがあり、適度な粘りとサッパリとした口あたり。まさにおいしさに”ひとめぼれ”出来る美しく美味しいお米です。

概要

・無洗米ひとめぼれ 1袋10Kg×6回

ひとめぼれの美味しい食べ方

どんな料理にも合う

粘り気、舌触り、甘みや弾力など全てが程よくバランスがいいお米でどのお料理とも相性がいいです。
いろんな方がくるホテルや料亭、旅館ではひとめぼれを提供していることが多いです。
それだけオールマイティーにこなせるので、どのお料理にも違和感なく馴染めます。

おかずを邪魔せずに、かと言って脇役になりきらず一緒に食べることが一番おいしいと感じさせるお米です。
栽培が簡単なことから価格も安く、レストランや定食屋でも重宝されます。

和食におすすめ

お米が柔らかくふっくらと仕上がるので和食と相性が良いといわれています。程よい粘り気があるためお刺身や焼き魚と一緒に食べ合わせるのがおすすめです。
炊き込みご飯にしても、粒が潰れずに形を保っていられるので炊き上がりが美しいです。

またなめらかでのど越しも爽やかな為、味付けの濃いものと相性がよく、一緒に炊き込んでもべちゃっとならず程よくだしを染み込ませます。
生姜焼きと合わせるとたれが絡みやすくおいしいです。

ひとめぼれのおいしい炊き方

お米の炊き方は、水ですすぐとこから始まります。
ボウルにお米を入れたら水をひたひたになるまで入れて下からこねるように洗います。
その後水を捨てますが、この時ざるに入れて水を捨てたほうがしっかり水を流すことができます。

これを2~3回繰り返して水を規定の線まで入れますが、ここで炊飯スイッチを押さずにしばらく水に浸しておきます。
こうすることでお米に熱が加わりやすくなりお米本来の甘みを引き出すことができます。

まとめ

今回のひとめぼれのご紹介は参考になりましたか?
ぜひふるさと納税を活用して「ひとめぼれ」を堪能してみましょう!

「ひとめぼれ」のふるさと納税一覧

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧