【ふるさと納税】宮崎県生まれの『ヒノヒカリ』はどんぶりもので!
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】宮崎県生まれの『ヒノヒカリ』はどんぶりもので!

ふるさと納税
宮崎

【ふるさと納税】宮崎県生まれの『ヒノヒカリ』はどんぶりもので!

【ふるさと納税】宮崎県生まれの『ヒノヒカリ』はどんぶりもので!
最終更新日:2019年08月01日

ブランド米「ヒノヒカリ」をご存知ですか?
九州を中心に、中国・四国地方や近畿地方で栽培されているおいしいお米です。お米には様々な種類がありますが、ヒノヒカリはその中でも近年注目されています。どんなお米なのかご紹介します!

ヒノヒカリの特徴と美味しい食べ方を紹介


お米には様々な種類がありますね。コシヒカリやササニシキといった品種はたいへん有名で、特にコシヒカリの場合は交配させた品種が数多くあります。
そしてその一つ一つはそれぞれ特徴があり、お米の形もにおいも違うので食べ比べるとさらにその違いが引き立ってきます。
数多く交配種がありますが、その中でも近年注目されているのはヒノヒカリです。
ヒノヒカリという名前は聞いたことがあっても実際にどのようなお米かわからないことがありますね。
ヒノヒカリとはどのようなものなのでしょうか。

ヒノヒカリの産地

ヒノヒカリもまたコシヒカリの交配種で、黄金晴と呼ばれるお米と掛け合わさっています。
作付けがはじまったのは宮崎県で、九州地方という意味を持つ日と、お米が光り輝きますようにという願いからヒノヒカリと名付けられています。
宮崎県で作付けが始まったこともあり、主に関西や四国、九州地方が主な産地となっており、西日本ではたいへん有名なお米でもあります。

ヒノヒカリの特徴

ヒノヒカリは粒が小さめなことがまず第一にあげられます。
コシヒカリと掛け合わせた場合、もっちりとした弾力が感じることが多いのですが、ヒノヒカリの場合はどちらかというとあっさりとしており、お米の厚みもあることから食べ応えがあります。
そして適度に弾力があるにもかかわらずべたっとした粘り気がないので、水加減を間違えてしまってもさほど影響がないのが特徴でもあります。
ですが、その分時間がたってしまうと水分が抜けてしまいぱさぱさとした食感になってしまいます。
粒は楕円形で、他のお米と比べるとすぐにわかるほど特徴のある粒をしています。

ヒノヒカリの味

味に関しては、特徴でもあるようにさらりとしています。
淡泊であるので、料理を選ばずいろいろなものと合わせて楽しむことができるのが良い点です。
さらりとしているものの、しっかりと食べ応えのある甘味であるので物足りなさはありませんが、うまみを追求したい場合は少し物足りなさを感じるかもしれません。
ですが、お米の独特な風味が少なく、くどくないので病気の時など味覚や嗅覚が敏感な場合でも無理なく食べることができます。
また口に入れたときも独特な粘っこさがないので、ご飯が苦手な場合にも食べすすめることができます。

ヒノヒカリを返礼品としている自治体5選

そんな『ヒノヒカリの新米』がふるさと納税でも予約スタートです。
なかでもおすすめできる自治体5選のご紹介します!!

1、【えびの市】えびの産限定品ヒノヒカリ真幸米5kg:10,000円

地 域 寄付金額
宮崎県えびの市 10,000円

詳細はこちら

最初にご紹介するのは、宮崎県えびの市から平成30年えびの産ヒノヒカリ 5kg《限定品》真幸米です。
真幸地区は恵まれた気候と自然豊かなまちです。こちらで育ったヒノヒカリの限定品が「真幸米(まさきまい)」です。えびの市の自然の恵みいっぱいのお米です。

概要・メッセージ

セット内容
・えびの産ヒノヒカリ 真幸米(まさきまい)5kg(宮崎県えびの市産)
えびの産ヒノヒカリ限定品「真幸米(まさきまい)」は豊かな土・きれいな水・そして気候にめぐまれた自然条件の中で育まれた[香り・艶・粘り]の三拍子そろった美味しいお米です。

2、【川南町】宮崎県産無洗米ひのひかり10kg:17,000円

地 域 寄付金額
宮崎県川南町 17,000円

詳細はこちら

次にご紹介するのは、宮崎県川南町から平成30年産米・宮崎県産無洗米ひのひかり10kgです。
宮崎の太陽の光をいっぱい浴びたヒノヒカリが無洗米で届きます。宮崎県内での育成や品質の向上は目覚ましく、食味ランキングでも大変高い評価を受けるようになってきています。ぜひ一度、こちらのヒノヒカリを食べてみてください。

概要・メッセージ

セット内容
・無洗米ひのひかり 5kg×2袋(10kg)/宮崎県
ひのひかりは、コシヒカリを父とする品種改良種です。粒は小さいながらも厚みがあり食べ応えも良く、九州では親しまれた味です。

3、【延岡市】天下一「蔵出し米」4.5kg×4袋:30,000円

地 域 寄付金額
宮崎県延岡市 30,000円

詳細はこちら

続いてのご紹介は、宮崎県延岡市からの返礼品、天下一「蔵出し米」4.5kg×4袋です。
こちらのヒノヒカリは、農作物検査で1等級になったものだけを精米しているそうです。低温保存で品質維持をしており、鮮度の低下を軽減していますので美味しく食べてもらえます。

概要・メッセージ

セット内容
・延岡産米「ヒノヒカリ」4.5kg(精米)×4袋
延岡市管内で生産された普通期水稲のヒノヒカリで、かつ農産物検査において等級格付けが1等になったものだけを使用して精米した商品となります。

4、【門川町】定期便 門川町産ヒノヒカリ 10kg×3ヶ月:38,000円

地 域 寄付金額
宮崎県門川町 38,000円

詳細はこちら

次の返礼品は宮崎県門川町、門川町産ヒノヒカリ10kg(3ヶ月定期配送)です。
門川町で愛情をたっぷり込めて育て上げたヒノヒカリを10kgずつ定期便で届けてもらえます。味の強さが程よいので、どんなおかずにも相性抜群です。

概要・メッセージ

セット内容
・門川町産ヒノヒカリ5kg×2袋を3ヶ月間連続配送(総量30kg)

5、【西都市】新米定期便コシヒカリ&ヒノヒカリ10kg×4回:60,000円

地 域 寄付金額
宮崎県西都市 60,000円

詳細はこちら

最後にご紹介するのは、宮崎県西都市からの返礼品で、新米を定期でお届け!宮崎県産 新米・無洗米 10kg×4ヶ月定期便です。
宮崎県産新米を4ヶ月間定期で届けてもらえます。新米の収穫時期に合わせた定期便なので、ヒノヒカリとコシヒカリの2種類を堪能できるセットになっています。

概要・メッセージ

セット内容
・無洗米コシヒカリ 10kg(5kg×2袋)8月、9月
・無洗米ヒノヒカリ 10kg(5kg×2袋)10月、11月、12月
上記品目より出荷月に合わせて合計40kg(5kg×2袋 4回)

ヒノヒカリの美味しい食べ方

どんなおかずにも合う

さっぱりとしているので、料理を生かすことができどのようなおかずにも合います。
ヒノヒカリを堪能したい場合は薄めのあじのものや漬物といったおかずを選ぶと良いでしょう。
さらに粘り気がないことを利用して炒飯やケチャップご飯、パエリアといった炒める系のご飯にも使うことができます。
パラパラと仕上がるので、食感を十分に楽しむことができます。
チャーハンなどにした場合、時間がたってもおいしく食べることができます。

牛丼やカレーライスにおすすめ

ヒノヒカリは小粒でありながらさっぱりとしているので、牛丼やカレー、親子丼や天津飯などご飯の上にのせるおかずにもぴったりです。
粒がしっかりとしているので、こういった汁が多めのおかずをのせてもべちゃっとならず、しっかりとお米の形を維持することができるのが特徴です。
お弁当などに入れる場合は、焼き肉などご飯の上におかずをのせて、ヒノヒカリにしみこませるのも良いでしょう。
ご飯の上にのせても粒がつぶれないのが良い点ですね。

ヒノヒカリのおいしい炊き方

ヒノヒカリは水分量を工夫することでいろいろな食感を楽しむことができるお米です。
もしお米独特の重さを感じたい場合はいつもよりほんの少し多めの水加減にし、逆によりあっさりとしたい場合は少なめの水加減にします。
おいしい炊き方としては、お米をさっと洗って米ぬかや汚れを落とすようにします。
3回ほど水替えを行いますが、米ぬかが沈殿している場合もあるので、軽く混ぜてから水を捨てるようにすると良いでしょう。
夏場は30分、冬場は1時間浸しておくとよりおいしくなります。

まとめ

今回のヒノヒカリのご紹介は参考になりましたか?
ぜひふるさと納税を活用して「ヒノヒカリ」を堪能してみましょう!

「ヒノヒカリ」のふるさと納税一覧

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧