雑草で診断!その土で野菜は育つのか?【畑は小さな大自然vol.7】|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 雑草で診断!その土で野菜は育つのか?【畑は小さな大自然vol.7】

雑草で診断!その土で野菜は育つのか?【畑は小さな大自然vol.7】

雑草で診断!その土で野菜は育つのか?【畑は小さな大自然vol.7】

こんにちは、暮らしの菜園コンサルタントのそーやんです。畑づくりを始めるときに、気になるのがその土で野菜は育つのかと言うこと。土壌検査をすればどれくらい栄養素があるのかなど、数値でわかるのですが、家庭菜園ではなかなかそこまでしきれないですよね。でも実はどんな雑草が生えているかを見れば、その土の力がどれくらいあるかが分かるのです。これを知っていると野菜づくり始めてからも、どれくらい土づくりが進んでいるかの目安となりますので、ぜひ覚えておいてください。

なぜ生えている雑草で土の状態がわかるのか

まず、なぜ生えている雑草で土の状態がわかるのか説明したいと思います。これは「植生の遷移」という自然の働きが関係してきます。言葉だけ聞くと難しいですが、要するに「どんな土地も放っておくと森になる働き」のことだと思ってください。耕作放棄地がどんどんジャングルのように茂っていくのもこの働きによるもので、時間が経てば経つほど、生える植物が大きくなり、そこに住む生き物も増え、生態系が豊かになっていきます。地上の生態系が豊かになるのと同時に、土の中の生態系も豊かになり、これが植物を育てる力の源になります。土の力が増えるごとに生える植物が少しずつ変わっていき、最終的に森になるのです。

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧