【ふるさと納税】福井県のブランド米『ハナエチゼン』寿司飯におすすめ! – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】福井県のブランド米『ハナエチゼン』寿司飯におすすめ!

ふるさと納税

【ふるさと納税】福井県のブランド米『ハナエチゼン』寿司飯におすすめ!

【ふるさと納税】福井県のブランド米『ハナエチゼン』寿司飯におすすめ!

最終更新日:2018年11月02日

ハナエチゼンは漢字で書くと華越前と記載され、コシヒカリよりも収穫時期も早く、その分だけ速めに花を咲かせることで名づけられた福井県の米の銘柄ブランドです。コシヒカリの良い点を受け継いでいて福井県内での作付面積も多い米になります。
また地元ならではのおいしい食べ方もご紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

ハナエチゼンの特徴と美味しい食べ方を紹介


ハナエチゼンは漢字で書くと華越前と記載され、コシヒカリよりも収穫時期も早く、その分だけ速めに花を咲かせることで名づけられた福井県の米の銘柄ブランドです。
コシヒカリの良い点を受け継いでいて福井県内での作付面積も多い米になります。
8月の下旬には収穫に入り、本格的な秋の台風シーズンに到来する前に収穫が出来る点でも優れ、9月上旬には新米が出回り、多くの店舗で購入することも可能です。
また地元ならではのおいしい食べ方もご紹介します。

ハナエチゼンの産地

ハナエチゼンの産地は、コシヒカリの故郷である福井県の農業試験場で生まれた銘柄で、水田が広がる県である福井県を産地とします。
越前がかつての福井県の嶺北地方の旧国名であったため、それに基づいたネーミングを行っています。
交配された品種は「越南122号」を母にし、コシヒカリの系統である「フクヒカリ」を父にして誕生した品種です。
それぞれの良い特徴を継承しており、福井が誇るブランド米としても地元を始め、他県にも出荷されています。

ハナエチゼンの特徴

その特徴はコシヒカリの系統を受け継いでいるため、粘りや旨み、甘みも見られ、少し硬めの口に含んだ時の噛み応えが存在します。
また見た目も白く艶を感じさせる品種で早く花を咲かせるため、収穫も早いです。
他にも収穫が早いだけでなく、大風が吹いても倒れにくい点も見られ、それだけ収穫量も増える優れた特徴もあります。
炊いた時には硬めのごはんになりますが、冷めても粘りがある点でも優れ、おにぎりの他に寿司などの寿司飯に利用するのにも適しております。
他にも中華の定番であるチャーハンにする上でも、パラパラとあっさりした噛み応えが見られるので、そういった料理にも優れています。

ハナエチゼンの味

まずごはんの持つ独特の匂いが見られ、炊いたご飯にも芯が残るため噛み応えを感じることができます。
色も鮮やかな白色で食べれば食べるほどあっさりとして、粘りがそれほど強くない印象があります。
ご飯の米粒が歯に引っ付かないで離れていくので、のど通りも良いです。
なお冷めると粘り気が生まれ、それによっておいしさが増幅していきます。
温かいご飯として食べられるだけでなく、寿司飯に使うと良く、米粒の一粒一粒が存在感があります。
もちろん米の持つ甘みも感じ、食感よく食べることもできる銘柄がハナエチゼンでおかずにも良く合います。

ハナエチゼンを返礼品としている自治体5選

そんな『ハナエチゼンの新米』の予約がふるさと納税でも始まっています。
なかでもおすすめの自治体5選をご紹介します!!

1、【福井県坂井市】いち早くお届け!さんさん池見二代目のハナエチゼン10kg
~平成30年新米三国町産生産者直送!~

地 域 寄付金額
福井県坂井市 10,000円

詳細はこちら

平成30年新米をいち早く堪能しませんか??初めまして!さんさん池見二代目の大嶋朋裕です。おいしいお米を作るため、父を師とし日々励んでいます。親子で心を込めて作った新米をぜひ食べてほしい!と願っています。健康に良いぶづき精米(7分づき・5分づき・玄米)も大好評です!

概 要
容量
平成30年新米 三国町産ハナエチゼン精米 10㎏×1袋
※こだわりの精米(白米・7分づき・5分づき・玄米)対応可能
※5㎏×2袋に変更可能

2、【福井県小浜市】1日50セット限定!!【平成30年産】白米5kg×3
福井県産若狭の恵米はなえちぜん

地 域 寄付金額
福井県小浜市 10,000円

詳細はこちら

周りを山に囲まれた小さな集落で、人と環境に優しい農業を目指し、丁寧にお米を育てています。

概 要
■内容量/原産地
はなえちぜん 5kg×3
福井県小浜市宮川産

3、【福井県福井市】
福井米コシヒカリ「ひかるちゃん」と福井米ハナエチゼン「はなちゃん」のセット

地 域 寄付金額
福井県福井市 20,000円

詳細はこちら

東には昼夜の寒暖差を生み出す山々が広がり、そこより流れ出る豊富な清流肥沃な大地と清らかな水で育った福井米コシヒカリ「ひかるちゃん」と、福井生まれでふっくらとした丸みのあるお米で、コシヒカリと比べると歯ごたえがあり、冷めても美味しいハナエチゼン「はなちゃん」のセットです。

概 要
容量
福井米コシヒカリ「ひかるちゃん」5kg×1袋、福井米ハナエチゼン「はなちゃん」5kg×1袋

4、【福井県小浜市】花の里 特別栽培米3種食べ比べセット[髙島屋選定品]

地 域 寄付金額
福井県小浜市 15,000円

詳細はこちら

栽培期間中、化学肥料不使用のひまわり米、栽培期間中、農薬・化学肥料不使用のこしひかり、通常より2カ月早く新米を楽しめるハナエチゼン。特別栽培米の3種食べ比べセットです。

概 要
容量
特別栽培米ひまわり米(あきさかり)・特別栽培米こしひかり・特別栽培米ハナエチゼン 各450g

5、【福井県越前市】越前市産華えちぜん 5㎏

地 域 寄付金額
福井県越前市 9,000円

詳細はこちら

華越前(ハナエチゼン)は、コシヒカリの孫にあたり、食味が良く、収穫時期が早いのが特徴です。当JAのお米のなかで一番早く収穫されるので、越前たけふ米をいち早く味わうことができます。

概 要
容量
華越前 5㎏

ハナエチゼンの美味しい食べ方

味付けが濃い料理に合う

ハナエチゼンは食べた時にあっさりとしているため、味付けが濃いおかずと食べるとご飯の旨みがちょうど良くなります。
例えば漬物や佃煮などと一緒に食べることでおいしく戴くことが可能です。
またチャーハンや寿司飯、炊き込みご飯などで味が付いている調理でも、ハナエチゼンの良さを引き出すことができます。
福井は山海の珍味も多いですが、塩や甘辛さなど味が濃い料理も多く、地元の郷土料理としても親しまれているおかずにもよく合います。

どんぶりものやお寿司にもおすすめ

ハナエチゼンをおいしくあじわうためには、丸みを帯びた米の形状をしますが、米の芯が感じられる食感のため、どんぶりやお寿司におすすめできます。
他にももっちり感や甘み自体も強く感じられない淡白さが存在するため、カレーライス、チャーハンで食べると優れています。
地元を始め、首都圏で開店しているお寿司屋さんの中には、ハナエチゼンが寿司飯に最適だとしてお取り寄せで注文されることが多いぐらいです。
一般的なご飯は温かいご飯しかおいしさが感じられない銘柄が多い中、冷めてもおいしいのがハナエチゼンになります。

ハナエチゼンのおいしい炊き方

ハナエチゼンのおいしい炊き方は、まずは水で研ぐ必要はないので浸して洗う点に重点をおきます。
白いとぎ汁が出てきますが、その白さが目立たなくなるまで繰り返し洗います。
あとは重要なポイントは水加減で、新米であれば瑞々しさが残っているので1割減で古米であれば表記通りに水を入れます。
あとは炊飯する前に2時間程、浸して置き、その後に炊飯スイッチを入れる様にします。
ハナエチゼンは多少、芯が強い銘柄なので水を気持ち多めにした方が柔らかに炊くこともできます。
好みに合わせて調整を行うと良いです。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧