【ふるさと納税】兵庫県の『神戸ビーフ』は鉄板焼きで豪快に!

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】兵庫県の『神戸ビーフ』は鉄板焼きで豪快に!

ふるさと納税

兵庫

【ふるさと納税】兵庫県の『神戸ビーフ』は鉄板焼きで豪快に!

【ふるさと納税】兵庫県の『神戸ビーフ』は鉄板焼きで豪快に!

最終更新日:2018年12月11日

日本三大和牛として広く知られている神戸ビーフ。名前の通り、兵庫県で生産された但馬牛から取れた一定の基準を満たしものだけが神戸ビーフと名乗ることができます。肉質は細く柔らかく霜降り肉と呼ばれるもので、そのおいしさは日本国内だけでなく欧米でも人気が高く世界中で広く知られています。そんな神戸ビーフはいったいどんな特徴を持っているのか、またどう調理して食べたらおいしさをさらに引き出せるのか紹介していきます。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

神戸ビーフの特徴を紹介


日本三大和牛として広く知られている神戸ビーフ。
名前の通り、兵庫県で生産された但馬牛から取れた一定の基準を満たしものだけが神戸ビーフと名乗ることができます。
肉質は細く柔らかく霜降り肉と呼ばれるもので、そのおいしさは日本国内だけでなく欧米でも人気が高く世界中で広く知られています。
そんな神戸ビーフはいったいどんな特徴を持っているのか、またどう調理して食べたらおいしさをさらに引き出せるのか紹介していきます。

神戸ビーフの産地

一般的にお店などで売られたりレストランなどで提供されていたりする神戸牛には定義があります。
兵庫県で生まれ育った但馬牛の中でも、出産を経験していない雌の牛か精巣を取り除いた雄の牛であることに加えて、霜降りの度合いが一定基準を満たしているものでなければなりません。産地は兵庫県だけに限られているのです。
兵庫県内の指定肥育農家だけが生産しているので安心して食べられます。

神戸ビーフの特徴

神戸ビーフの特徴は、サシと呼ばれる脂肪の部分が筋肉の部分に細かく入っていて、これが筋繊維に交雑することで霜降り肉となり、さらにその霜降りの部分が一定の基準を満たしたものでなければなりません。
神戸ビーフの霜降りに含まれるサシが低い温度で溶けやすいことから、口にいれたときにまろやかで舌触りの良さを生み出してくれます。
おいしさももちろんのこと、霜降りのサシはあっさりとしていて、脂身が苦手な人や胃に負担がかかりやすい方でも胃もたれすることなくおいしく食べられるのも特徴です。

神戸ビーフの味

神戸ビーフは、赤身の甘みと脂肪の風味が融合しており、柔らかくてとろけるような舌触りで特有のまろやかさを醸し出してくれます。
オレイン酸などのモノ不飽和脂肪酸や、お肉のうまみとなるイノシン酸が多く含まれているからです。
味を決めているのは神戸牛の飼料で、いい水や大麦やふすまなど自然のものを牛の成長過程に合わせて与えているため、赤身が持つおいしさと脂肪の香りが融合された特有のまろやかなあじわいを作ることができているのです。

神戸ビーフを返礼品としている自治体5選

『神戸ビーフ』はふるさと納税でも手に入ります。
なかでもおすすめの自治体5選をご紹介します!!

1、【兵庫県洲本市】淡路ビーフ(神戸ビーフ)焼き肉食べ比べセット(計1kg)

地 域 寄付金額
兵庫県洲本市 40,000円

詳細はこちら

【淡路ビーフ(神戸ビーフ)】とは、淡路ビーフであり、さらに神戸ビーフとしても認められた「淡路ビーフ」で、厳選した最高級の牛肉をお届けいたします。

概 要
容量
・肩ロース 焼肉用(約300g)
・上赤身(約350g)
・カルビ(約350g)

2、【兵庫県太子町】牧場直売店・兵庫県産神戸ビーフ切り落とし450g×2

地 域 寄付金額
兵庫県太子町 20,000円

詳細はこちら

繁殖から肥育をしている直営牧場の直売店からお届けします。
すき焼き、焼肉、しゃぶしゃぶ、牛丼、肉じゃが、カレーなど、幅広い用途にご利用いただけます。
お子様から年配の方まで、皆様で是非ご賞味下さいませ。
なるべく多くの部位が混ざるようにしてます。部位ごとに違う食感、風味をお楽しみ下さい。
すき焼き、牛丼、肉じゃがなど多種多様にお使いください。

概 要
■内容量/原産地
神戸ビーフ〔450g×2/兵庫県〕

3、【兵庫県福崎町】城谷牧場の神戸ビーフ(神戸牛)ステーキ用450g

地 域 寄付金額
兵庫県福崎町
※3万円以下の返礼品もあります
55,000円

詳細はこちら

福崎町の城谷牧場で育った但馬牛で、神戸ビーフと認定されたお肉をお届けします。

概 要
容量
神戸牛ロース肉450g(3枚)

4、【兵庫県養父市】神戸ビーフ フルコースセット

地 域 寄付金額
兵庫県養父市
※3万円以下の返礼品もあります
200,000円

詳細はこちら

養父市の大自然の中、神戸牛生産牧場で知られる「太田牧場」では、一頭一頭徹底した飼育管理、優良血統で資質の良い「但馬牛(神戸牛)」を約三年間造り上げ、年間約600頭が出荷されます。
出荷された牛は枝肉共励会において「最優秀賞」「優秀賞」「優良賞」と常に上位に入賞する好成績を収めております。
深みのある味わいと柔らかくなめらかな舌触り、風味豊かな「太田牧場産 神戸ビーフ」を是非。

概 要
容量
・神戸ビーフ ステーキ(ロース):200g×4枚
・神戸ビーフ 焼き肉用(ロース):1㎏
・神戸ビーフ すき焼き用(ロース):1㎏

5、【兵庫県西脇市】冷蔵・年6回お届け黒田庄和牛プレミアムセット
焼肉・すき焼き・しゃぶしゃぶ・ステーキ・ローストビーフから選べます!

地 域 寄付金額
兵庫県西脇市
※3万円以下の返礼品もあります
300,000円

詳細はこちら

世界の舌を魅了する「神戸ビーフ」の主産地【黒田庄】
格式が高く、世界の舌を魅了する神戸ビーフ。
そのふるさととして知られる西脇市黒田庄町で、愛情たっぷりに育てられた高級黒毛和牛。
焼肉・すき焼き・しゃぶしゃぶ・ステーキ・ローストビーフの中からご自由に選択していただき、お腹いっぱい食べられる満足間違いなしのセットです。

概 要
容量
・焼肉用霜降り1,250g
・すき焼き用肩ロース1,250g
・しゃぶしゃぶ用肩ロース1,250g
・サーロインステーキ〈神戸ビーフ〉720g(180g×4枚)
・ローストビーフ(ブロック300g×2個、たれ付き)
の中から合計6つ

神戸ビーフの美味しい食べ方

鉄板焼きは素材の味を楽しめる

神戸牛はそれだけで香りとうまみをしっかりと持ち合わせているので、本来のあじわいを感じるためには鉄板焼きでの食べ方がおすすめです。
ミディアムレアぐらいの焼きすぎない焼き加減がお肉の脂肪のうまみを感じやすく、塩コショウや岩塩などシンプルな調味料で整えると、よりお肉本来のおいしさを感じられます。
自宅で鉄板焼を作るときには、お肉を焼く30分ほど前に常温に戻しておき片面ずつ焼き色がつくぐらい焼くだけで完成です。

肉質のいい部分はステーキで味わう

肉質は主にサーロイン、リブロース、フィレの3部位が特に肉質が良いとされています。
この肉質のいい部位は、分厚くカットしてステーキでいただくのがおすすめです。
ステーキでの食べ方でもミディアムレアが脂肪のうまみを感じやすくおすすめで、肉本来の赤身のおいしさと脂肪の香りを楽しむことができるでしょう。
自宅で焼くのも良いですが、絶妙な焼き加減で目の前の鉄板で焼いてくれるようなお店で食べるのも雰囲気があっておすすめです。

神戸ビーフのおいしい調理例

ステーキや鉄板焼き以外にも神戸ビーフは様々な料理に使用することができます。
おすすめなのはまず焼き肉で、焼きすぎないように食べることがポイントです。
焼きすぎると脂肪が溶けてうまみも流れ出てしまうので注意しましょう。
他にもしゃぶしゃぶやすき焼き、牛カツなどお肉をメインとした様々な料理に向いています。
そしてモモやスネ、肩バラなど脂肪分が少ない部位はシチューやカレーといった煮込み料理に使うのもコクがでていつもの料理よりもおいしくなります。

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧