【ふるさと納税】青森県のブランド米『つがるロマン』おすすめ5選

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】青森県のブランド米『つがるロマン』おすすめ5選

ふるさと納税
青森

【ふるさと納税】青森県のブランド米『つがるロマン』おすすめ5選

【ふるさと納税】青森県のブランド米『つがるロマン』おすすめ5選
最終更新日:2019年05月13日

青森県産のお米は耐冷性に特化したものが多い印象がありますが、そのイメージを一気に変えてしまったのは「つがるロマン」です。
「つがるロマン」はあきたこまちの影響を受け継ぎ、和食と相性の良いお米です。青森県で生産されたお米の「つがるロマン」の特徴などを知ることで、どのような料理方法と合うのかなどを知っておくとさらにおいしく食べることが可能になります。
ここでは「つがるロマン」の産地や特徴などについて説明していきます。

「つがるロマン」の特徴と美味しい食べ方を紹介

「つがるロマン」の産地


「つがるロマン」の産地は青森県です。青森県限定のお米であり、産地は中弘南黒産と青森中央産に分かれており、3年連続で食味ランクA評価を受けているのは中弘南黒産です。中弘南黒の地域は、山に囲まれた盆地で、それらの山からミネラル分などを多く含んだ水が流れ込むため、良質な「つがるロマン」を作ることのできる環境となっています。

寒い地域ですが、お米の生育期の5~10月は、日照時間が比較的長いため、お米を作るには十分な環境が整っている地域です。また、寒冷地であることがかえってお米の育成時に害虫の発生を抑えるため、他の産地と比べると農薬の量が少なくて済み、化学肥料を極力抑えてお米を作ることができます。

「つがるロマン」の特徴

青森県のみで作られている「つがるロマン」は、「あきたこまち」と「ふ系141号」により誕生したお米で、比較的歴史が浅いお米でもあり平成9年に初出荷されました。日本で最も有名なお米といえばコシヒカリですが、そのコシヒカリを父にもっているのが「あきたこまち」なので、「つがるロマン」はコシヒカリの孫となります。

青森は寒さが厳しい環境で、お米の生産としては味よりは耐冷性や収穫量を優先するような品種が多く、実はお米がおいしいという印象があまりない地域でもありました。しかし、「つがるロマン」の登場により、コシヒカリのおいしさや「あきたこまち」の耐冷性を持ち、病気にも強いという特徴もあるため、青森県のお米のレベルをアップさせた品種ともいえることができます。

「つがるロマン」の味


「つがるロマン」は、父の「あきたこまち」の要素が受け継がれおり、旨味である甘さの強さは引き継いでいますが、よりあっさりとしたテイストが特徴です。
コシヒカリを食べている人には物足りなさを感じる可能性はありますが、粘りは強すぎず食べ心地はふっくらとしていて、これらのテイストが好きな人には非常に好まれるお米といえます。

あっさりとした「つがるロマン」なので、合わせる料理には、魚や煮物など和食と相性がよいです。脂っこい食べ物に飽きたときに選ぶとよいお米です。魚の塩焼きや刺身などの海産物で、薄味に魚を料理しても魚の持つ本来の味が「つがるロマン」により引き出されます。

「つがるロマン」を返礼品としている自治体5選

「つがるロマン」はふるさと納税でも入手できます。なかでもおすすめの自治体5選をご紹介します!!

1、【青森県大鰐町】大鰐産無洗米つがるろまん8kg

地 域 寄付金額
青森県大鰐町 10,000円

詳細はこちら

最初の返礼品は、青森県大鰐町の大鰐産無洗米つがるろまん8kgです。
津軽藩の湯治場として長く親しまれてきた大鰐町は、津軽の奥座敷として四季折々の美しさのある、山に囲まれた自然豊かな土地柄です。美味しい水と寒暖の差がある地域だからこそ、お米が美味しく育つのだそうです。

概要・メッセージ

・大鰐産無洗米つがるろまん8kg(精白米)/大鰐町
津軽の奥座敷、大鰐町で育ったお米「無洗米つがるろまん」を是非ご賞味下さい。

2、【青森県黒石市】つがるロマン 5kg

地 域 寄付金額
青森県黒石市 10,000円

詳細はこちら

次は青森県黒石市から、つがるロマン5kgのご紹介です。
黒石市は、青森県のほぼ中央に位置し、三方に津軽平野、東に八甲田連峰が連なる豊かな自然と豊富な温泉に恵まれ、味の良い黒石米と黒石りんごの産地として知られる古くからの城下町です。山々のミネラルが豊富に含まれた雪解け水でつくられた良質なお米の産地なのです。

概要・メッセージ

・つがるロマン 5kg
原産地:青森県
西に岩木山と世界遺産の白神山地、東には八甲田連邦が連なり、これらの山々のミネラルが豊富に含まれた雪解け水でつくられた良質なお米です。ぜひ、ご賞味ください。

3、【青森県六ヶ所村】六ヶ所名物「ごま六」青森県産つがるロマンのお餅20個入

地 域 寄付金額
青森県六ヶ所村 10,000円

詳細はこちら

青森県六ヶ所村からは「ごま六」青森県産つがるロマンのお餅20個入をご紹介します。
青森のお米「つがるロマン」を柔らかなお餅に!中のあんは黒の練りごま、すりごまをたっぷりと混ぜ、しゃきしゃきとした歯触りが楽しめます。もち米とは違うお餅の歯ざわりが楽しめるそうです。

概要・メッセージ

・「ごま六」20個入り(上北郡六ヶ所村)
・原材料:米(つがるロマン)、白あん(北海道産手亡)、砂糖、黒ごま、トレハロース、塩、酵素
歯切れのよいさっぱりとしたお餅は、2個3個とついつい手が出る美味しさです。おすすめの一品です。

4、【青森県つがる市】特別栽培米つがるロマン10kg

地 域 寄付金額
青森県つがる市 20,000円

詳細はこちら

続いて、青森県つがる市の特別栽培米つがるロマン10kgのご紹介です。
つがる市は、旧木造町・旧森田村・旧柏村・旧稲垣村・旧車力村が合併した、誕生して10年ほどの新しい自治体です。できるだけ農薬等に頼らずにこだわりぬいた安心安全の特別栽培米を作っています。

概要・メッセージ

・つがるロマン 10kg(5kg×2袋の場合があります)
つがるロマンはコシヒカリの孫にあたる品種で、味・粘り・柔らかさが特徴のお米です。
申込期日は平成31年3月15日です、お早めに!

5、【青森県弘前市】つがるロマン 5kg(平成30年産)

地 域 寄付金額
青森県弘前市 10,000円

詳細はこちら

最後にご紹介するのは青森県弘前市のつがるロマン5kgです。
弘前市は、青森県の南西部に位置する、弘前藩の城下町として発展した街です。
現在行われている石垣修理事業に寄付を選択すると、つがるロマン+弘前城の「一口城主」になれたりします。ご興味ある方は上の自治体ページでご確認ください。

概要・メッセージ

・つがるロマン 5kg
つがるロマンは炊き上がりはふっくらとして口当たりがよく、歯ごたえのある触感が良い米です。また、程よい粘りと米本来のコクと甘みが引き出され、冷めても美味しくいただけます。平成30年産の新米をお届けします。
申込期日 2019年9月下旬受付終了(予定)

「つがるロマンを食べてみました」体験談を紹介

実際につがるロマンを食べてみた方の声をご紹介していきます。
ふるさと納税の選択に迷ったときはこちらを参考にしてみてくださいね。

30代 女性「和食にぴったりのつがるロマン!」

「つがるロマン」をいただいた際に合うと感じたおかずはずばり「和食」です。これは、「つがるロマン」自体がほかのお米に比べてあっさりした味わいにその特徴を感じたためです。

特に魚の塩焼きや刺身などのシンプルな味付けが上品な魚と一緒に食べた際には魚本来の味わいをしっかり堪能できている印象を受けてとても気に入りました。

30代 男性「おかずに負けない存在感」

つがるロマンはお米の評価をしているサイトで高評価を獲得していたので、インターネット通販でおとりよせをしました。5kg注文しましたが美味しかったのですぐになくなりました。

粒が大きく、噛むたびに甘みが増していきます。寒い時期なのでお鍋と一緒に食べたり、温かいどんぶりと食べています。おかずに負けない存在感があります。

30代 女性「つがるロマンには和食があいます」

つがるロマンは美味しいお水で育てられたお米ですが、味は比較的あっさりとしていますので、幅広い年代の方に受け入れられる味だと思います。また青森では魚介類なども美味しく頂けるので刺身などにも合います。

煮物などの時にも美味しく食べることができます。味がしっかりしている煮物とあっさりとしているお米が融合されるのでいっぱいご飯を食べる事ができます。

まとめ

つがるロマンを食べてみた方々の声は参考になりましたか?
ぜひふるさと納税を活用して「つがるロマン」を堪能してみましょう!

リンク「つがるロマン」のふるさと納税一覧

 
参考ページ
あおもりのお米・青森米本部

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧