【ふるさと納税】秋田県のブランド米『ゆめおばこ』おすすめ3選

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】秋田県のブランド米『ゆめおばこ』おすすめ3選

ふるさと納税
秋田

【ふるさと納税】秋田県のブランド米『ゆめおばこ』おすすめ3選

【ふるさと納税】秋田県のブランド米『ゆめおばこ』おすすめ3選
最終更新日:2019年05月13日

平成20年に「あきたこまち」に変わるお米として生産されたのが「ゆめおばこ」です。この「ゆめおばこ」は栽培がしやすく病気に強いという特徴があり、さらに収穫量が「あきたこまち」よりもはるかに多いこともあって業務用米として認識されていました。しかし、その味はこれまでの人気ブランドである「あきたこまち」と同等以上のものがあり、とても魅力的なお米でもあります。今回はこの「ゆめおばこ」の産地と味、その特徴について紹介いたします。

「ゆめおばこ」の特徴の特徴と美味しい食べ方を紹介

「ゆめおばこ」の産地


「ゆめおばこ」が生産されているのは秋田県美郷町で、県南部の奥羽山脈の裾野に広がる仙北平野です。自然が豊かな土地で、奥羽山脈から湧き出る清らかな水も豊富にあり稲作農業を行うのに適した土地と言えます。

冬は積雪が2mを越す豪雪地帯ですが、この雪の中に含まれているミネラルが土壌を豊かにして初夏に植え付けられた「ゆめおばこ」に栄養を与えて生育を助けています。夏期の日照時間の長さもよい影響を与えており、この土地でしか生産できない貴重なお米です。

「ゆめおばこ」の特徴

「ゆめおばこ」の特徴は生産時に化学肥料を可能な限り使用せず、「ゆめおばこ」のためだけに開発された「おばこロマン米の精」という肥料を用いていることです。この肥料は植物有機物質100%の成分になっており、使用回数も収穫までの間に5回までと制限をもうけています。

栽培管理のガイドラインも厳しく設定されていて、高温障害を防止するために24時間湧き水を直接田んぼに引き込む、もみを一粒5mmまでに成長させたものだけを収穫する、土のケイ酸質は60%濃度まで維持して管理をするという決まりがあります。まさに箱入り娘の名い相応しい徹底した管理がなされたお米といえます。

「ゆめおばこ」の味


日本穀物検定協会は「ゆめおばこ」の食味ランキング試験で出したランクは堂々のAランクで最高位を獲得しています。これは以前のブランドである「あきたこまち」と同じですが、同時に公開された触感と味の特性は若干異なっており「ゆめおばこ」は粒が大きくて炊き上がり時につや、ふっくらとした触感、弾力性を兼ね備えています。

さらに柔らかな甘さに加え冷えると甘さが更に増し、切れのいい味わいとなっており、特に炊き上がりから1日置いて冷えきっていてもぱらぱらにならずおいしく食べられるというのが「ゆめおばこ」というお米です。

「ゆめおばこ」を返礼品としている自治体3選

「ゆめおばこ」はふるさと納税でも手に入ります。なかでもおすすめの自治体をご紹介します!!

1、【秋田県大潟村】大潟村松橋ファーム「ゆめおばこ」15kg(5kg×3袋)

地 域 寄付金額
秋田県大潟村 25,000円

詳細はこちら

最初にご紹介するのは、秋田県大潟村からの返礼品、大潟村松橋ファームの「ゆめおばこ」15kgです。
大潟村は緑豊かで、四季折々の情景に恵まれ、春には桜と菜の花が11kmの直線両側に咲き、夏はひまわり、秋は田園が一面の金色に輝き、冬は渡鳥が飛来します。広大な土地では、稲作を主体とした農業経営を行っています。このゆめおばこは松橋ファーム・入魂の自慢のお米なのです。

概要・メッセージ

・平成30年産「ゆめおばこ」単一原料米 15kg
・産地 秋田県大潟村産
このお米は「味・つや・香り」、ともに一段と選りすぐられた逸品です。一度ご賞味頂ければ、その違いを実感頂けます。

2、【秋田県三種町】憂のあきたこまち・「ゆめおばこ」(5kg各1袋)

地 域 寄付金額
秋田県三種町 15,000円

詳細はこちら

続いては秋田県三種町の返礼品、憂のあきたこまち・「ゆめおばこ」5kgセットです。
三種町の名称の由来となっている三種川はこの地域の大動脈として生活や農業などに深い関わり合いをもっています。
三種町であきたこまち5kgと少し粒の大きいゆめおばこ5kgのお届けです。

概要・メッセージ

・ゆめおばこ 5㎏×1袋
・あきたこまち 5kg×1袋
・申込期日 2019年7月31日まで
じゅんさいの館は安心・安全・美味しいをお届けしております。じゅんさいの館生産者・三種町を応援いただき有難うございます。農業一筋・頑張っている若者のお米です。

3、【秋田県横手市】五ツ星お米マイスターが選んだ横手米5銘柄食べくらべ 計9.3kg

地 域 寄付金額
秋田県横手市 40,000円

詳細はこちら

3番目は秋田県横手市からの返礼品、五ツ星お米マイスターが選んだ横手米5銘柄食べくらべのご紹介です。
それぞれが150g(約1合)の真空パックで12個ずつなら、食べ比べしたりオリジナルブレンドも楽しめますね。通常包装に比べると美味しく食べられる期間もずいぶん長めなのもうれしいポイントです。

概要・メッセージ

横手産5銘柄 計9kg+プレミアムあきたこまち 300g×1個
各150g×12個
・あきたこまち
・ゆめおばこ
・ササニシキ
・めんこいな
・萌えみのり
五ツ星お米マイスターが選んだ秋田県横手産5銘柄を食べくらべ。美味しい横手のお米をご堪能ください。

「ゆめおばこを食べてみました」体験談を紹介

実際にゆめおばこを食べてみた方の声をご紹介していきます。
ふるさと納税の選択に迷ったときはこちらを参考にしてみてくださいね。

30代 女性「ゆめおばこを毎日食べています」

あきたこまちを食べていましたが、ゆめおばこが和食と合うという事でお米を代えて見ることにしました。焼き魚によく合うおゆめおばこは、ふっくらとした食感と魚の旨みが合わさってお米本来の甘さが楽しめました。

粒感が少し大きめでしっかりとした弾力もありながら、1度冷めてしまっても甘さがそのままなので次の日の朝にもおにぎりにして食べています。

50代 男性「ゆめおばこは粘りのあるお米です」

今まで秋田こまちを農家さんから購入していましたが、昨年からお同じ農家さんの紹介でゆめおばこに変えて見ました。
そのときに農家さんから「とんぶり」を納豆に混ぜて食べるとお米の美味しさが分かると教えて頂き、実際に食べてみました。おいしかったです。

普段家庭で食べているおかずで美味しいのは、唐揚げやとんかつなど脂っこいおかずです。お米の味は秋田こまちと似ていますが食感がふわりと優しいため、油を使った料理に合うと思います。

30代 女性「関西の味にピッタリと合うご飯」

主人の転勤で大阪から秋田に越してきました。こちらで出会ったゆめおばこというお米に合わせるおかずは、我が家では断然お好み焼きです。中辛のタレをたっぷりと塗ったお好み焼きと「ゆめおばこ」を一緒に口の中に入れるとマイルドな甘みが広がっていつも以上に食欲が進みます。

特に関西人は青のりもいっぱいお好み焼きに振って食べるので、この塩味とご飯の甘味が良くマッチします。我が家では家族全員が大好きになったお米ブランドで、食卓には欠かせません。

まとめ

ゆめおばこを食べてみた方々の声は参考になりましたか?
ぜひふるさと納税を活用して「ゆめおばこ」を堪能してみましょう!

「ゆめおばこ」のふるさと納税一覧

 
参考ページ
箱入り娘ゆめおばこ・JA秋田おばこ

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧