【ふるさと納税】千葉県のブランド米『ふさおとめ』おすすめ5選

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】千葉県のブランド米『ふさおとめ』おすすめ5選

ふるさと納税
千葉

【ふるさと納税】千葉県のブランド米『ふさおとめ』おすすめ5選

【ふるさと納税】千葉県のブランド米『ふさおとめ』おすすめ5選
最終更新日:2019年05月14日

「ふさおとめ」というお米の品種は、あまりなじみがないかもしれません。それもそのはず、このお米は千葉県でしか生産されていないので、流通している範囲も限られているからです。一般から公募されたキャラクターがいたり、粘り気の少ないお米で食べやすいなどの特徴があります。

食味ランクでAを獲得するなど、知名度は低くても評価は高いです。関東であれば流通していることがありますが、インターネット通販などで県外の人も買うことができます。

「ふさおとめ」の特徴と美味しい食べ方を紹介

「ふさおとめ」の産地


「ふさおとめ」は1997年に千葉県農業試験場で開発されたお米です。千葉県内でしか生産されていませんが、県内には利根川を水源とする北総地帯や、南房の丘陵地帯など幅広い地域が産地となっています。

産地が限定しているために、全国のスーパーではそれほど見かけることがありませんが千葉県では流通量も多く県外でもインターネットの通販などを活用すれば手に入れることが可能です。知名度は低いですが評価は高く食べてみると驚くでしょう。

「ふさおとめ」の特徴

「ふさおとめ」は「ハナエチゼン」と「ひとめぼれ」から作られたお米です。産地である千葉県の房総半島の「房」を「ふさ」と読み「おとめ」を付けました。冷害に強く、一般のお米よりも1か月ほど早く収穫できる早場米という特徴があります。

一般から公募された「ふさおとめちゃん」というキャラクターがいるのもお米では珍しいでしょう。赤いリボンをつけて、千葉県の花である菜の花を帯にした着物姿のかわいいキャラクターで、お米屋さんではポスターが貼りだされることもあります。お米だけでなくマスコットにもファンがいるというのは全国でも例を見ません。

「ふさおとめ」の味


「ふさおとめ」は粒が大きなお米で、炊き上がりのツヤなどの見栄えが非常にいいです。粘り気が少なく、あっさりとした味なので食事の邪魔をすることがありません。特に粘り気のあるお米が苦手な人からの評価が高く、食味ランクではAを獲得するなどその評価は高いです。

お米には好みというものが強くでますが、千葉を中心として関東で実際にふさおとめを食べた人はそのおいしさに驚きます。あたたかいご飯がおいしいのはもちろんですが、冷めてからもおいしく食べることができるためにおにぎりやお弁当、お茶漬けなどにも使え、幅広い料理に活かせるお米です。

「ふさおとめ」を返礼品としている自治体5選

「ふさおとめ」はふるさと納税でも手に入ります。
なかでもおすすめの自治体5選をご紹介します!!

1、【千葉県市原市】新米・市原産ふさおとめ精米8kg

地 域 寄付金額
千葉県市原市 11,000円

詳細はこちら

最初にご紹介する自治体は、千葉県市原市。返礼品は新米・市原産ふさおとめ精米8kgです。
市原市は東京湾アクアラインを利用すると成田空港と羽田空港のほぼ中間に位置しています。水と緑豊かな自然環境で育つ農産品や魚介類を返礼品としています。地元産のふさおとめを8kg届けてもらえます。

概要・メッセージ

・ふさおとめ精米8kg
関東一の早場米産地である千葉県市原市の農家さんから平成30年産米をご用意しました。 ふさおとめは、千葉県独自のお米で千葉県のみで生産されています。粒が大きく粘りは控えめ、あっさりとした風味が特徴です。市原市の早場米で、ぜひいち早くご堪能ください。

2、【千葉県船橋市】千葉オリジナル品種パワーライス 平成30年産千葉県産ふさおとめ

地 域 寄付金額
千葉県船橋市 11,000円

詳細はこちら

続いてのご紹介は千葉県船橋市から、平成30年産千葉県産ふさおとめです。
船橋市は千葉県の北西部に位置し、都心や成田空港から近いなど非常に恵まれた立地条件を備えたまちです。千葉県産のふさおとめは大きめの粒で、ふっくらつややかな炊き上がりが特徴で、地元の千葉ではそのおいしさが人気を集めているお米です。

概要・メッセージ

・平成30年産千葉県産ふさおとめ 5kg×2
ふさおとめは早場米として、7年の歳月をかけてつくられた千葉のオリジナル品種です。千葉生まれ、千葉育ちの名産米。大粒でふっくらとした炊き上がりです。

3、【千葉県鋸南町】鋸南米(ふさおとめ)10kg

地 域 寄付金額
千葉県鋸南町 15,000円

詳細はこちら

次にご紹介するのは千葉県鋸南町の鋸南米(ふさおとめ)10kgです。
鋸南町の重粘土質の土壌はおいしいお米がとれると言われています。数量限定100セットとなっていますので、お早めに!千葉が誇る、ふっくら、大粒の「ふさおとめ」です。

概要・メッセージ

・白米5kg×2袋
当農場は今では珍しくなった犂を使った天地返しによる田起こし、麦踏のようにコメの苗を踏んで強くしっかりとした苗を作る、有機質肥料を中心とした肥料設計など生産者のこだわりがお米一粒一粒にぎゅっと詰まっています。

4、【千葉県木更津市】平成30年産・木更津産「ふさおとめ」20kg

地 域 寄付金額
千葉県木更津市 25,000円

詳細はこちら

続きましては千葉県木更津市から、平成30年産・木更津産「ふさおとめ」20kgのご紹介です。
木更津市は、東京湾アクアラインを使い東京都心から約1時間、羽田空港からわずか30分です。〝オーガニックシティ〟ともうたわれる木更津市の「ふさおとめ」を精米して届けてもらえます。

概要・メッセージ

・ふさおとめ20kg×1袋(精米)早場米の産地・木更津市から、千葉の名産米「ふさおとめ」をお届けします! 生産者の顔が見え、しっかりと検査をした確かな品質の安全・安心なお米です。粘り気は控えめながら、ふっくらとした甘みでコシヒカリにも負けない美味しいお米です。

5、【千葉県富津市】定期便3ヶ月 30年産「ふさおとめ」10kg(精米)

地 域 寄付金額
千葉県富津市 36,000円

詳細はこちら

最後にご紹介するのは、千葉県富津市からの定期便3ヶ月 30年産ふさおとめです。
富津市は東京湾の玄関口に位置し、40kmに及ぶ壮大な自然海岸、田園地帯、里山に囲まれた自然豊かなまちです。豊かな自然が育むお米はツヤがあり、粒が大きくふっくらと炊き上がりますが、粘り気は控えめなんだそうです。

概要・メッセージ

・1回につき5kg×2袋
※月1回・計3回の定期便です。
今回、富津市ふるさと納税の返礼品に、この五ツ星お米マイスターが厳選したお米をご提供します。産地直送のおいしいお米をぜひご賞味ください!

「ふさおとめを食べてみました」体験談を紹介

実際にふさおとめを食べてみた方の声をご紹介していきます。
ふるさと納税の選択に迷ったときはこちらを参考にしてみてくださいね。

30代 男性「ふさおとめは味がはっきりしていました。」

地元のお米ということで、ふさおとめにチャレンジしてみました。いつも食べているコシヒカリと比べて、粘りが抑えられていて味がはっきりしていると思いました。

初めて食べた日のおかずがサンマの塩焼きだったのですが、お米もおかずも噛めば噛むほど旨味が出てきて、早食いなのに食事に30分以上かかりました。しっかり噛んでお米を食べたい人に合う銘柄だと思います。

30代 男性「あっさりしているので濃い味のおかずに合います」

ふさおとめは一言で言うと、粘りが少なくあっさりとした味のお米です。粒が大きくてあっさりとして食べやすいので、おかずの味を引き立たせてくれる感じです。
よく合うのは梅干しで、一緒に食べるとお米の美味しさがよくわかります。

濃い味のおかずにも負けないのがふさおとめの良いところで、ご飯粒をしっかりかみしめたい人に向いています。
バランスのとれた程良い硬さと粘りのあるお米なので、基本的にはどんなおかずにも良く合います。

40代 女性「ふさおとめに合うおかず」

ふさおとめはお米一粒一粒がそれぞれ際立っていて粘り気が少ないので色々なおかずと合いますが、その中でもいちばん合うなと感じたのは納豆です。納豆の粘り気とよく合います。

しっかりとしたお米なのですし飯にするのもおすすめです。すし飯にしたふさおとめには、サーモンやアボカドが合うなと感じました。おにぎりにしても一粒一粒のお米の存在感が健在です。

まとめ

ふさおとめを食べてみた方々の声は参考になりましたか?
ぜひふるさと納税を活用して「ふさおとめ」を堪能してみましょう!

「ふさおとめ」のふるさと納税一覧

 
参考ページ
ふさおとめ・農業共同組合新聞

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧