【ふるさと納税】香川県のブランド米『おいでまい』おすすめ5選

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】香川県のブランド米『おいでまい』おすすめ5選

ふるさと納税
香川

【ふるさと納税】香川県のブランド米『おいでまい』おすすめ5選

【ふるさと納税】香川県のブランド米『おいでまい』おすすめ5選
最終更新日:2019年05月14日

全国各地で良質なお米が生産されていますが、香川県にも注目を集めるブランドがあります。2013年にデビューしたブランドで、「おいでまい」という名称です。「おいでまい」は、見た目・のどごし・甘み・食感などのバランスが取れていて、非常に食べやすいお米となっています。
とはいえ「おいでまい」を適当に炊いて食べるのではせっかくの魅力が薄れてしまうので、どのような特徴があるのかを理解し、おいしく食べる方法を知ることが大切です。

「おいでまい」の特徴と美味しい食べ方を紹介

「おいでまい」の産地


「おいでまい」の産地は香川県です。香川県というと良質で人気の高いうどんが有名で、あまりお米を生産しているイメージがないのですが、お米の開発も続けられています。温暖化の影響で低下しやすい品質を維持し、夏の暑さに耐えられるようにしたブランドが開発されたのです。

讃岐弁で、いらっしゃいを表す言葉が名称の由来で、多くの人に来て食べてもらいたいという気持ちが込められています。デビューしたのは2013年なので、比較的新しいブランドです。

「おいでまい」の特徴

西日本では暑さに負けてしまうお米が多かったのですが、それを克服して生まれたのが「おいでまい」です。単独のブランドではなく、「あわみのり」と「ほほえみ」を交配してます。「あわみのり」と「ほほえみ」は、ともに食味のよさが特徴となっています。

「おいでまい」は粒が揃っているので、おいしさという観点だけでなく、見た目の印象という点でも評価が高いです。食べたときに粒がホロホロとほぐれやすく、しっかりとした食感が楽しめます。「おいでまい」は栽培するのが容易で、綺麗に熟れて良質なお米が作りやすいのが特徴です。今後、ますます香川県内で生産が増えることが期待されています。

「おいでまい」の味


味と粘りについては、人気の高いコシヒカリに近い印象があります。クセのない万人向けの味になっているところも魅力です。「おいでまい」は、炊いた後にムラができにくいため、見た目にも食欲をかき立てる炊き上がりになります。

あまり濃厚さがなく、食べたときにサッパリした感覚が楽しめるのが特徴です。そのため、「おいでまい」だけで食べてもよし、炊き込みご飯にするもよし、さまざまなおかずと合わせて食べてもよし、という万能さがあります。

独特の味を楽しみたい人には不向きだといえますが、お米が持っている本来の味わいを満喫したい人にとっては欠かすことができないブランドです。

「おいでまい」を返礼品としている自治体5選

「おいでまい」はふるさと納税でも入手できます。なかでもおすすめの自治体5選をご紹介します!!

1、【香川県丸亀市】さぬきの米「おいでまい」10kg

地 域 寄付金額
香川県丸亀市 13,000円

詳細はこちら

まず最初にご紹介するのは、香川県丸亀市から、さぬきの米「おいでまい」10kgです。
丸亀市は、早くから海上交通の要衝として、また、物資の集散地として発展し、特に金刀比羅宮の参道口としてにぎわう城下町として栄えてきました。讃岐平野の一部である丸亀市は、平坦な田園地帯が広がっています。そんな丸亀市で美味しく育ったおいでまいが10kg届きます。

概要・メッセージ

・さぬきの米「おいでまい」10kg
「おいでまい」という名前は「香川県で生まれた新しいお米を多くの人に食べて欲しい、食べに来て欲しい」との願いを込めて、やわらかい讃岐弁で表現しています。
香川県オリジナルの新しいお米「おいでまい」は粒ぞろいの色白美人で米本来の触感が楽しめます。

2、【香川県宇多津町】米「おいでまい」うどんセット

地 域 寄付金額
香川県宇多津町 12,000円

詳細はこちら

続いてのご紹介は香川県宇多津町からの返礼品、「おいでまい」とうどんのセットです。
宇多津町は、瀬戸内海に面した香川県のほぼ中央にあります。瀬戸大橋の付け根に位置していて香川県の玄関口でもあります。うどん県・香川のうどんと、県オリジナルブランド米の「おいでまい」を一度に味わえるお得なセットになっています。

概要・メッセージ

・「おいでまい」5㎏×1袋
うどん 3人前×3
「おいでまい」は「米の食味ランク」で四国で初めて最高ランクで特A評価をされたお米です。

3、【香川県綾川町】綾川町「おいでまい」5kg

地 域 寄付金額
香川県綾川町 10,000円

詳細はこちら

次のご紹介は香川県綾川町の返礼品、綾川町「おいでまい」です。
綾川町は香川県のほぼ中央にあります。綾川上流の柏原渓谷は讃岐百景の一つになっており、水と緑の豊かな美しい自然が広がっています。古くは、大正天皇即位の際に行われた大嘗祭に献上されるお米を育てた「主基斎田」が現存する讃岐の米どころなんだそうです。そんな綾川町で育てた讃岐の新品種「おいでまい」が届きます。

概要・メッセージ

・綾川町「おいでまい」5kg
「おいでまい」は、日本穀物検定協会のお米ランキングでは、3度の最高評価「特A」を獲得しました。粒の揃った大粒で、程よい甘みと粘りが特徴の噛めば噛むほど甘みの出る美味しいお米です。

4、【香川県坂出市】さぬき米「おいでまい」5㎏

地 域 寄付金額
香川県坂出市 8,000円

詳細はこちら

続いてご紹介するのは香川県坂出市から、さぬき米「おいでまい」です。
坂出市は、香川県のほぼ中央部に位置し、瀬戸内海を隔てて岡山県の向かい側にあります。かつては全国有数の塩のまちでしたが、瀬戸大橋を契機に一大発展してきました。綾川を中心とした豊かな田園地帯ではおししい特産品が収穫されています。

概要・メッセージ

・さぬき米「おいでまい」5㎏
※数量限定・期間限定
「おいでまい」は香川県オリジナルの水稲うるち米で、高い品質を確保するために、選ばれた生産者だけでつくられています。粒ぞろいが良く、しっかりした米本来の食感が楽しめます。

5、【香川県三木町】平成30年香川県産「おいでまい」20kg

地 域 寄付金額
香川県三木町 21,000円

詳細はこちら

最後にご紹介するのは香川県三木町の、平成30年香川県産「おいでまい」です。
三木町はのどかな田舎の風景が広がり、初めて来た方にもどこか懐かしい気持ちを感じさせる場所です。新川水系流域・香東川流域・吉野川流域という豊富な水源からは、米やイチゴ・アスパラガス・トマトなどの農産物が美味しく実ります。ここ三木町で作られた「おいでまい」がどーんと20kgも届きます。

概要・メッセージ

・香川県産「おいでまい」精米 10㎏×2袋
日本穀物検定協会の食味ランキングにおいて平成28年に「特A」の評価を頂きました。自信を持ってお届けします。
※お米については、すべて平成30年産米の配送となります。

「おいでまいを食べてみました」体験談を紹介

実際においでまいを食べてみた方の声をご紹介していきます。
ふるさと納税の選択に迷ったときはこちらを参考にしてみてくださいね。

30代 女性「おいでまいにぴったりのしっかりおかず」

しっかりとした粘りとほどよい硬さのおいでまいは、食べ応えがあり成長期のお子さんにもぴったりのお米です。そんなおいでまいと一緒に食べたいおかずは、やはりこってりガッツリの中華料理!

みそ味が効いた定番のホイコーローなど、最高にご飯がすすみます。しっかり味のおかずにも負けないくらいお米の旨みも際立って、相乗効果でおかわりが止まりません。

30代 女性「おいでまいに合うおかず」

おいでまいは甘味やうま味があり食感も良いので、お米を際立たせることが出来るシンプルなおかずがぴったりだなと感じました。

定番のおかずを色々と試してみましたが、その中でいちばんおいでまいの魅力や長所を引き出していて美味しかったのが梅干しです。梅干しの塩気と酸味がお米の甘さを引き立てていて相性が抜群でした。

20代 女性「おいでまいでカレーを食べる」

おいでまいは何と言ってもお米の食感が楽しめて色も白いので、見た目も抜群良いです。さまざまなおかずとの相性がいいのはわかりますが、カレーが一番相性が良かったです。

一緒に食べる事でカレーもより美味しく感じます。カレー自体が安くてもおいでまいの歯ごたえと味でとても美味しく変化します。冷めても美味しいというのはすごいです。

まとめ

おいでまいを食べてみた方々の声は参考になりましたか?
ぜひふるさと納税を活用して「おいでまい」を堪能してみましょう!

「おいでまい」のふるさと納税一覧

 
参考ページ
とれたて大百科「おいでまい」:JAグループ

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧