【ふるさと納税】富山県のおすすめ返礼品5選!日本海のとれたてを味わおう
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】富山県のおすすめ返礼品5選!日本海のとれたてを味わおう

ふるさと納税

【ふるさと納税】富山県のおすすめ返礼品5選!日本海のとれたてを味わおう

【ふるさと納税】富山県のおすすめ返礼品5選!日本海のとれたてを味わおう
最終更新日:2019年05月28日

富山県と言えば、海と山に囲まれた自然豊かな環境という点ばかりが注目されていますが、実際の魅力はこればかりではありません。地元の観光やおすすめの施設、有名な事業など、まずは富山県の基本的な情報について知っていく事から始めていきましょう。
データとして残っている教育や産業に関する情報はもちろんの事、富山県を実際に訪れて観光を楽しんだ人の体験談など、幅広い視野で情報を仕入れていくとこの地域の事をより深く知ることが出来ます。
ふるさと納税の返礼品や訪れた方々の声もあわせてどうぞ。

富山県の魅力を紹介

富山でおすすめのスポットはどこ?


富山でまず押さえておきたい観光スポットは3000m級の山々が連なる立山連峰です。

冬の季節になれば雪の大谷を楽しむことができますし、雪が解けて暖かくなれば登山体験など、現地の自然を堪能することが出来ます。


富山の中心部に位置する富山美術館からはこの壮大な立山連峰の景色を一望することが可能で、2017年にリニューアルした新しい施設、体験型のイベントが魅力です。

富山美術館へのアクセスはいたってシンプル、富山駅からは徒歩で20分ほど、バスやタクシーを利用すれば10分程度でアクセスが可能です。バスは新幹線改札口(富山駅南口)2番のりばで「北西回りルート」乗車、「富山県美術館」で下車すると現地に到着です。

富山で欠かせないおいしい食材といえば?


富山の港には日本海で獲れる魚介類がたくさん集まるので、美味しい食べ物を堪能したい人には季節の海産物は見逃せません。

寒ブリや白えび・ほたるいか、のどぐろや真鯛などなど、旬の時期を狙って訪れるのもいいでしょう。お土産物なら鱒寿司やかまぼこがおすすめです。


富山県では定置網漁が主流で、日本で行われている定置網漁の発祥の地はここ富山だといわれています。定置網では回遊魚を主にとるため、氷見の寒ブリなどもこうした手法でとられます。

お刺身はもちろん、その他の海の産物を使った食事を楽しめるのは氷見市など漁港近くの飲食店や観光施設です。冬の季節であれば氷見の寒ブリを、春先の季節であればホタルイカなど、それぞれのシーズンに合わせて現地での食事を楽しむのがおすすめです。

実際に富山を訪れた人の満足度は?


富山県を訪れるにあたって押さえておきたいのは、実際に現地を訪れたことがある人の体験談です。各旅行サイト、グルメサイトなどでも確認することはできますが、その多くは富山での旅行、イベントに非常に満足しています。

日常生活の中で都会の生活に慣れている人、時には自然を満喫したいという人であれば、富山のような自然豊かな環境が向いているといえます。


富山は全国的に見ても住みやすい地域として知られています。こういった豊かな環境が現地を訪れた人の関心をひきつけ、心を奪っていくというわけです。

富山を訪れる際には、こうした体験談も考慮しながら旅行のプランなどを練っていくようにするといいでしょう。

富山県の魅力!返礼品おすすめ5選

富山県の魅力がぎゅっと詰まった返礼品は、ふるさと納税で入手するのがおすすめです。
厳選した返礼品を5つご紹介します!!

1.【射水市】清酒太閤山本醸造 日本酒2本セット:10,000円

地 域 寄付金額
富山県射水市 10,000円

詳細はこちら

最初にご紹介する返礼品は、富山県射水市の、清酒太閤山本醸造720ML2本セットです。
射水市は、富山県のほぼ中央に位置し、海や河川、そして丘陵に囲まれた自然豊かな都市です。この恵まれた環境の中で、四季折々の味覚にあふれており、新鮮な魚介類やお米は全国的にも有名です。
そんな射水市からの返礼品は、スッキリ系の本醸造の日本酒です。

概要・メッセージ

・清酒太閤山本醸造720ML2本 (醸造地:富山県)
原材料:米(兵庫県、富山県)米麹(兵庫県、富山県)醸造アルコール(第一アルコール株式会社)
五味(甘・酸・辛・苦・渋)のバランスがうまく調和した飲み飽きないすっきりとしたお酒です。原料米の一部には射水市産のお米を使用し、越後杜氏小松恒の指揮の下、射水市の酒販店、鳥内雄輔が蔵人となり醸造した一本です。

2.【富山市】源のます・ぶり・たい三つ重ねすし:18,000円

地 域 寄付金額
富山県富山市 18,000円

詳細はこちら

続いてのご紹介は、富山県富山市の返礼品、源のます・ぶり・たい三つ重ねすしです。
富山市は、富山県の中央部から南東部にかけて位置しています。北には豊富な魚介類を育む富山湾、東には雄大な立山連峰、西には丘陵・山村地帯が連なり、南は豊かな田園風景や森林が広がっています。
こちらの返礼品は、大自然の幸と細やかな技で作られた富山伝統の味。ふるさとの心が受け継がれ続けているそうです。

概要・メッセージ

・ますのすし、ぶりのすし、たいのすし各1食
源が誇る郷土料理ますのすしとぶりのすし、たいのすしのセットです。皆さんの集いの席に華を添える一品です。

3.【富山県】富山米新品種「富富富(ふふふ)」と名水セット:20,000円

地 域 寄付金額
富山県 20,000円

詳細はこちら

次にご紹介するのは、富山県から、富山米新品種「富富富(ふふふ)」と名水のセットです。
富山県は、南北にのびる日本列島の中心、本州の中央北部に位置し、東は新潟県と長野県、南は岐阜県、西は石川県に隣接しています。
こちらの返礼品となっている「富富富(ふふふ)」は、プレミアムブレンド米として富山県イチオシのお米なんだそうです。

概要・メッセージ

・精米10kg
・水2L×2本
うまみ。あまみ。ふと香る。ほほえむうまさ、富山から。30年秋デビューの富山米新品種「富富富(ふふふ)」を名水とセットでお届けします。

4.【高岡市】ビアカップL(1個)高岡銅器:50,000円

地 域 寄付金額
富山県高岡市 50,000円

詳細はこちら

続いての返礼品は、富山県高岡市からの、ビアカップL(1個):高岡銅器です。
高岡市は、本州のほぼ中央で日本海に面する富山県の北西部に位置ています。市内の西側は山間地域で西山丘陵や二上山が連なり、深緑と清らかな水に包まれたとても自然豊かな地域です。
こちらの名産の錫は、金・銀に次ぐ高価な金属で、抗菌作用が強く、酸化しにくい素材で、錫の器に入れた水は腐らない、お酒がまろやかになると言われ、古くから酒器や茶器などに使われていたそうです。

概要・メッセージ

・ビアカップL(1個)錫 Ф7.2×H16.0cm 約380cc
水を浄化し、飲み物をまろやかにする錫100%のビアカップです。

5.【氷見市】天然温泉浜辺の宿あさひやペア宿泊券:140,000円

地 域 寄付金額
富山県氷見市 140,000円

詳細はこちら

最後にご紹介する返礼品は、富山県氷見市の、天然温泉浜辺の宿あさひやペア宿泊券「特別贅沢プラン」です。
氷見市は、富山県の北西部、能登半島の付け根に位置します。富山湾は「天然の生け簀」と称されるほど多種多様な魚介類が一年を通じて水揚げされます。立山連峰を望む棚田や稲がはざかけされた様子など、観光でいらした方からは美しい農村風景もひそかな人気です。
里山と里海の景観を守りつつ、恵まれた自然環境を活かした美味しい食材が豊かなまさに「食都・氷見」。氷見市で過ごす時間を楽しみましょう。

概要・メッセージ

1泊2食付 ペア宿泊券
温もりあるあたたかいおもてなしを大切にしている宿です。
天然温泉に浸かって旅の疲れを癒し、気兼ねなくごゆっくりとお過ごしください。海の幸・山の幸、とにかく氷見のおいしいものを詰め込んだ「贅沢で大満足なコース・グレードアッププラン」です。店主が自信を持っておすすめする旬の料理をご堪能ください。
氷見ならではの本物の「捕れたて」&「新鮮」&「キトキト」をモットーに厳選した素材を使用し、一品一品真心込めてお作りします。

富山県の体験談を紹介

実際に富山県に行ってみた方の声をご紹介していきます。
ふるさと納税や旅行の行先に迷ったときは参考にしてみてください。

40代 男性「富山で一番新鮮な魚を味わいました!」

富山といえば、新鮮な魚介類が有名です。家族と一緒に美味しい海鮮料理を求め、「富山県で一番新鮮な魚が食べられる」という氷見市の「魚市場食堂」に行ってきました。

場所は氷見駅から700メートル離れた氷見漁港内の市場の2階にあります。港のお店だけあって、朝は6時半から営業をしているそうです。私達は駅から歩いてお店に向かい、10分余りで到着しました。

お昼時より少し早い時間帯でしたが、お客さんが結構いて、港の活気を感じられます。私と妻は有名な「氷見浜丼」と「朝どれ姿焼魚」を注文し、2人の娘はラーメンと刺身を注文しました。
氷見浜丼は、その時期に水揚げされた旬の魚が載っている丼物です。焼き魚の方は、地魚もふっくら焼きあがっていて、どちらも絶品でした。

20代 女性「無形文化財を体験できる場所を探訪」

お盆休みを利用して、富山県のおわら地区を訪れました。この地区では、毎年お盆の時期になると一晩中町内を踊って練り歩く「おわら盆祭り」というものが開催されます。この無形文化財にも登録されているお祭りを以前から見てみたいと思っていました。

富山駅から車で約2時間の場所におわら地区があり、夕方8時から祭りは開催されます。近年では観光客も大勢訪れるようになっているとのことで、観光客向けに盆踊り体験も実施されていたので私も踊ってみました。

目深に編み笠をかぶって高下駄を履いて踊るというのは至難の業で、こけてしまわないかと心配になりましたが、人里離れた場所で1000年前から続いている伝統のお祭りを体験できたのはとても貴重でいい思い出です。

50代 男性「黒部川でラフティングに初挑戦!」

先日、富山県の黒部川でラフティングに挑戦してきました。黒部川は富山県の東部を流れる一級河川で、水量が豊富で高低差が大きいのが特徴です。
深い山々に囲まれ、ラフティングを楽しむには最適の場所ではないでしょうか。私達家族はインターネットで調べて黒部市のマックスという会社にオンラインで予約をしました。

当日は集合場所から1キロほど歩いた場所から、いよいよラフティング開始です。8人くらい乗れるゴムボートが用意されており、その時は私達家族とインストラクターの6人で乗りました。

不安もありましたが、今まで味わったことのない爽快感、スリルを満喫することができました。あんなに大声を出したのは本当に久しぶりです。遊園地のスリル系遊具とは別次元のアクティビティでした。

まとめ

富山県には、魅力的な特産品や観光地がたくさんありますね!
現地にはなかなか行く機会がなくて…なんて人は、ぜひふるさと納税を活用して、富山県を堪能してみましょう!

富山県のふるさと納税一覧

 
参考ページ
富山県HP

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧