生まれ故郷で覚える栽培のコツ〜ピーマン編〜【畑は小さな大自然vol.35】|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 生まれ故郷で覚える栽培のコツ〜ピーマン編〜【畑は小さな大自然vol.35】

生まれ故郷で覚える栽培のコツ〜ピーマン編〜【畑は小さな大自然vol.35】

生まれ故郷で覚える栽培のコツ〜ピーマン編〜【畑は小さな大自然vol.35】

こんにちは、暮らしの畑屋そーやんです。家庭菜園で作られる夏野菜として人気のあるピーマン。そこまで肥えた畑でなくとも実がなるので、割と栽培しやすい野菜の一つなのですが、実は水分管理が意外と難しいのが難点。水はけの悪い土壌が苦手なのに、土が乾燥しすぎると水分不足で枯れてしまいやすいというワガママな一面を持っています。なぜそんな性質を持っているのか、どうすればそこを解決できるのか。そのヒントは、ピーマンの生まれ故郷にありました。一体どんな国、どんな環境で生まれたのか、その起源に迫って行きましょう。

ピーマンの起源はトウガラシにあり

トウガラシの原種に近いと思われるメキシコのトウガラシ。もとは実が小さく、品種改良によって大型化が進んだ

ピーマンの起源はトウガラシにあります。コロンブスが南アメリカ大陸からヨーロッパにトウガラシを持ち込み、その中からより大型で辛味のない品種としてピーマンが作られました。さらに大型・肉厚に改良されたのがパプリカです。
コロンブスはもともと香辛料を求めてインドを目指しており、カリブ諸島でトウガラシと出会います。コロンブスはそこが目的地のインドだと思い込み、そこの原住民をインディアン(インド人)、トウガラシをペッパー(コショウ)と呼びました。その名残で今でもピーマンはグリーンペッパーと呼ばれています。

トウガラシの生まれ故郷は?

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧