【ふるさと納税】新潟県のおすすめ返礼品5選!米処の日本酒と煎餅は別格

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】新潟県のおすすめ返礼品5選!米処の日本酒と煎餅は別格

ふるさと納税
新潟

【ふるさと納税】新潟県のおすすめ返礼品5選!米処の日本酒と煎餅は別格

【ふるさと納税】新潟県のおすすめ返礼品5選!米処の日本酒と煎餅は別格
最終更新日:2019年05月14日

中部・北陸地方の日本海側に位置している新潟県は、日本有数の豪雪地帯として有名です。自然に恵まれていて数多くの国立公園や温泉があり、佐渡島など魅力的な観光地もあります。
また、新潟と言えば美味しいお米を連想するくらい稲作が盛んで、上質な日本酒が作られる地域としても知られており、グルメにも魅力があります。旅行や食事から普段の生活まで、新潟県にはたくさんの魅力があり、世界的にも注目されている地域となっています。

新潟県の魅力を紹介

一度は訪れてみたい自然豊かな地域


新潟県には尾瀬や磐梯朝日、上信越高原などの国立公園や、金山で栄えた佐渡島、越後山脈や越後平野、信濃川など、数えきれないほどの魅力的な自然環境があります。

夏はハイキングやキャンプ、冬はウィンタースポーツが楽しめて、伝統的な祭りや行事も年間を通して行われています。海と山が両方あることから、スローライフを満喫できる点も魅力です。


数々のイベントの中でも、春は高田城百万人観桜会、夏は長岡大花火大会、そして冬は各地の雪まつりを訪れるのも良いでしょう。

歴史的な建物や神社仏閣も各地にあり、越後湯沢温泉や月岡温泉など、のんびりできる温泉も有名です。越後出身の武将、上杉謙信にゆかりのある施設や記念碑なども歴史ファンなら訪れてみたいスポットです。

おすすめの食材や食べてみたいご当地グルメ


新潟県と言えばまず思い浮かぶのは、南魚沼産や魚沼産のコシヒカリ。米どころであることは全国的に有名ですが、ほかにも洋ナシやいちご、豆など、さまざまな農作物が作られています。せんべいやあられなど米菓子の生産も盛んで、笹団子など独特の和菓子もあります。


日本酒が美味しいことも新潟県の魅力で、久保田や八海山、菊水上善如水など、一度は飲んでみたい銘柄がずらりと並んでいます。

最近は新潟ラーメンも注目されていて、美味しいお店がたくさんあることが話題です。地元のお米を使った「醤油だれカツ丼」や「醤油赤飯」は旅行に行ったら食べたいご当地グルメで、お土産なら「きんぴら団子」もおすすめです。

生活に役立つ施設や整備された福祉環境


新潟県は子育てがしやすいエリアとしても知られていて、福祉や教育にも力を入れています。

女性も働きやすいように保育園の数を増やしたり、健康のためのサービスも数多く行われていて、子供から高齢者まで誰もが安心して暮らせるような行政を目指しています。


このエリアのことをもっと知るための、酒蔵の見学ツアーや稲作体験、伝統工芸の体験教室などもあり、将来、移住やUターンを考えている人にとって新潟県のことを知る良い機会になるでしょう。

都会の生活を離れて田舎でゆったりと暮らしたい人が増えている中、新潟県の人気は今後も高まりそうです。

新潟県の魅力!返礼品おすすめ5選

新潟県の魅力がぎゅっと詰まった返礼品は、ふるさと納税で入手するのがおすすめです。
厳選した返礼品を5つご紹介します!!

1、【新潟県長岡市】新潟米あられおかき重箱ギフト

地 域 寄付金額
新潟県長岡市 20,000円

詳細はこちら

最初にご紹介する返礼品は、新潟県長岡市の、新潟米あられおかき重箱ギフトです。
信濃川が市内中央を流れ、東は守門岳から西は日本海まで市域が広がる町です。うまい米の代名詞「コシヒカリ」は、長岡市が発祥。科学肥料や農薬を減らした特別栽培米や有機栽培米の生産量は全国トップクラスなんだそうです。
そんな長岡市からの返礼品は、地元・新潟米で作ったあられとおかきを、なんと11種類もセットにした食べ応え抜群の重箱セットです。

概要・メッセージ

・豆と昆布の翁あられ 60g×2
・サラダじまん 50g×2
・にしきあられ 60g×1
・みのり 50g×1・白柿 40g×1
・姫桜 60g×1
・ごまサラダ 50g×1
・チーズあられ 50g×2
・大粒柿の種 60g×2
・マヨネーズおかき 100g×2
・熟成 田舎焼 100g×1
・翁豆 160g×1
原料は全て新潟米。地元新潟産契約栽培米「こがねもち」「わたぼうし」を使用。この2種類のもち米は、米菓で使うにわこの上ない品種のもち米で、この2種類の絶妙な配合により、昔ながらのしっかりとした食感の米菓が生まれます。

2、【新潟県阿賀野市】ヤスダフローズンヨーグルト&みるぱすジェラート

地 域 寄付金額
新潟県阿賀野市 20,000円

詳細はこちら

続いてのご紹介は、新潟県阿賀野市の返礼品、ヤスダフローズンヨーグルト&みるぱすジェラートです。
5つの峰をもつ五頭山の麓、広々とした田園風景が広がる阿賀野市は、江戸時代に幕府の直轄領として水原代官所が置かれ、多くの人が往来した歴史あるまちです。
こちら阿賀野市からの返礼品は、新潟の酪農発祥の地・安田地区のフローズンヨーグルトとジェラートです。栄養たっぷりの生乳から作られた、贅沢なアイスを堪能できます。

概要・メッセージ

ヤスダフローズンヨーグルト:
・プレミアムバニラアイス 100ml×2個
・プレミアムキャラメルアイス 100ml×2個
・プレミアムストロベリーアイス 100ml×2個
・フローズンヨーグルト 1個
・プレーン・ストロベリー・ナツミカン 85g×各2個
みるぱすジェラート:
・ミルクジェラートと季節のおすすめジェラート 90ml×8個
阿賀野市(旧安田町)は新潟県酪農発祥の地。新鮮な搾りたての牛の乳からとれる「生乳」は、良質なたんぱく質やビタミンA・B2、カルシウムなど、たくさんの栄養が含まれています。そんな栄養たっぷりの生乳を使用したアイスの食べ比べができる贅沢なセットをお届けします!

3、【新潟県小千谷市】小千谷のへぎそば6袋(わたや)&大吟醸美禄長者盛セット

地 域 寄付金額
新潟県小千谷市 30,000円

詳細はこちら

次にご紹介するのは、新潟県小千谷市から、小千谷のへぎそば6袋(わたや)&大吟醸美禄長者盛セットです。
小千谷市は、新潟県の中越・魚沼地域にあるまちです。日本一の大河・信濃川が市の中心を流れ、全国でも類を見ない規模の河岸段丘が特徴です。日本有数の豪雪地であり、魚沼の語源になった魚野川・信濃川が潤す大地、豊かな自然がおいしい魚沼産こしひかりを育て、独自の特産品や文化を生んでいます。
こちらの返礼品は、地元特産のへぎそばと日本酒のセットです。『みどりのラー油』は、ざるそばのつゆに加えるのが基本の食べ方のようですが、かぐら南蛮という緑色の唐辛子からできていて、そば以外の日本の食卓にもとても相性がいいそうです。

概要・メッセージ

・へぎそば200g×6袋
・みどりのラー油45g×1本
・清酒 大吟醸美禄長者盛720ml
なめらかなのどごしとシコシコした食感がそば通から愛されている小千谷の「へぎそば」、酒造りの米・水・技すべてにこだわり醸しだされた小千谷を代表する日本酒「大吟醸 美禄長者盛」をセットでお届けします。そばには、へぎそばの老舗、わたやオリジナルの「みどりのラー油」を付けてお届けします。唐辛子かぐら南蛮のすっきりとした優しい辛さと旨みが素材の味を引き立てます!

4、【新潟県佐渡市】御宿 花の木 陶芸体験付き宿泊プラン

地 域 寄付金額
新潟県佐渡市 100,000円

詳細はこちら

続いての返礼品は、新潟県佐渡市からの、御宿 花の木 陶芸体験付き宿泊プランです。
日本海に浮かぶ佐渡島は「日本の縮図」とも言われ、沖縄本島に次いで日本で2番目に大きな島です。気候は本土よりも夏涼しく、冬は温暖です。貴族文化・武家文化・町人文化が渾然一体となり、独特の文化を育んできました。
こちらからの返礼品は、陶芸体験付きの2名宿泊券です。宿のご主人が陶芸家さんなのでそうで、敷地内で陶芸体験ができます。このプランには、出来上がった陶器の送料も含まれているそうです。

概要・メッセージ

・宿泊 2名1部屋(バス・トイレ付き) 1泊2食付き
・陶芸体験、及び陶芸体験での作品の別途送料込み
「花の木」は四季折々の自然がゆったりと感じられ、初めてなのに懐かしさを覚えるお宿です。部屋の窓から見える夕日と田園風景、そして満天の星空は、その静けさと相まって田舎ならではの癒しを与えてくれます。お料理は佐渡の海の幸、山の幸をふんだんに盛り込みながら、身体に優しい素材を厳選してご提供しております。花の木の敷地内には陶芸家渡辺陶生(花の木主人)の作品展示ギャラリーと風の窯(穴窯)がございます。

5、【新潟県南魚沼市】雪室貯蔵・南魚沼産コシヒカリ特別栽培 頒布会 5kg×全12回

地 域 寄付金額
新潟県南魚沼市 144,000円

詳細はこちら

最後にご紹介する返礼品は、新潟県南魚沼市の、雪室貯蔵・南魚沼産コシヒカリ特別栽培 頒布会 5kg×全12回です。
南魚沼市は、越後三山や魚野川など豊かな自然に恵まれ、季節ごとに美しい景色を見ることができるまちです。山々から流れる豊富な栄養を含んだ雪解け水が滋味豊かな土壌をつくり、盆地特有の昼夜の寒暖差によってお米がうまみや甘みを増すように育ちます。南魚沼産コシヒカリが別格なのもうなずけます。
そんな南魚沼市からの返礼品は、うまみや甘みがぎっしりの南魚沼産コシヒカリです。5kgずつ、1年間・毎月、新米の鮮度とおいしさが送られてきます。

概要・メッセージ

・南魚沼産コシヒカリ 5Kg×12ヶ月 合計60Kg
魚沼の中でも特に高評価地域である南魚沼地区の篤農家との契約栽培により良食味のコシヒカリ。栽培時に化学肥料及び農薬使用量を通常の半分以下に削減した「特別栽培・極上コシヒカリ」を貯雪量400トンの雪室貯蔵庫で通年保管。雪の冷気を利用して「お米が劣化しない」とされる室温5℃、湿度75%に保った極低温保管で1年を通して「新米のおいしさと鮮度」をお届けいたします。


【関連記事はこちら】
【ふるさと納税】新米『南魚沼産コシヒカリ』雪解け水で育った粘りと輝き

新潟県の体験談を紹介

実際に新潟県に行ってみた方の声をご紹介していきます。
ふるさと納税や旅行の行先に迷ったときは参考にしてみてください。

40代 女性「歴史ある佐渡島を訪れる」

全国各地を旅行するのが趣味で、今回は日本海に浮かぶ新潟県・佐渡島を訪れてみました。この土地は江戸時代に国内で流通していた小判の元となる金が採掘された場所であり、両津港からバスで約10分の場所にある村営佐渡金山博物館にてその歴史を学ぶことが出来ました。

当時、金山の採掘には村人だけでは人手が足らず、江戸から大勢の人々を送り込んでいたことがジオラマを用いて解説されています。博物館の一角では、砂金採りを体験できるコーナーがあります。

採れた砂金はペンダントにして持ち帰ることができるので、お土産にはとてもいいものです。訪れたのが2月下旬だったので、ちょうど島北部にある水仙郷も見ごろを迎えており、美しい海と水仙の景色も満喫出来ました。

30代 男性「佐渡島の自然体験が出来るアクティビティがある」

妻の里帰りも兼ねて佐渡島に旅行しました。この土地では大規模で派手なアクティビティはありませんが、代わりに「たらい舟」や「砂金採掘体験」が出来る観光施設があり子供と一緒に楽しみました。

「たらい舟」は佐渡島の南西部にある両津港内で乗ることが出来ます。現地の海女さんと一緒にたらいに乗って海に出ますが、バランスを取るのが大変で景色を楽しむ余裕がなかったのが残念です。救命胴衣も付けない為、子供や泳げない方は避けた方がいいでしょう。

「砂金採掘」は町営佐渡金山博物館で体験出来、ザルを使って砂金を採ります。採れたものはペンダントに加工してくれるのでお土産にも出来ていい体験でした。自然を活かしたアクティビティばかりで、子供にも思い出深い体験となってくれたようです。

40代 男性「新潟県の体が温まる郷土料理」

新潟県内を巡る2泊3日の旅行の中で、思い出深い料理だったのが「きりたんぽ鍋」です。訪れたのは寒さの厳しい1月の上旬で、何か体が温まる料理はないかと同伴者である妻と相談し「きりたんぽ鍋」を食べることにしました。

訪れたのは新潟駅から徒歩10分の場所にある料理店で、ガイドブックできりたんぽ鍋を提供していると知って伺いました。白みそ仕立てのお出汁と、白米を棒状にして焼いた「きりたんぽ」、そして長ネギ・鶏肉などといった具も沢山のお鍋で腹持ちは抜群です。

このお鍋の隠し味は酒粕ということもあり、お出汁を飲むと体の芯から温まるのが気に入りました。新潟の郷土料理が身に染みたひと時でした。

まとめ

新潟県には、魅力的な特産品や観光地がたくさんありますね!
現地にはなかなか行く機会がなくて…なんて人は、ぜひふるさと納税を活用して、新潟県を堪能してみましょう!

新潟県のふるさと納税一覧

 
参考ページ
新潟県HP

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧