【ふるさと納税】京都府のおすすめ返礼品5選!日本文化を楽しむ古都京都
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】京都府のおすすめ返礼品5選!日本文化を楽しむ古都京都

ふるさと納税
京都

【ふるさと納税】京都府のおすすめ返礼品5選!日本文化を楽しむ古都京都

【ふるさと納税】京都府のおすすめ返礼品5選!日本文化を楽しむ古都京都
最終更新日:2019年05月28日

日本を代表する観光都市の京都府は、観光だけでなく産業や独特の文化も魅力的な場所になっています。
古風な雰囲気を今も街中に残していることから、日本の良さを実感できる場所として世界各国から数多くの人々が訪れています。古都京都の魅力をご紹介します。
ふるさと納税の返礼品、訪れた方々の声もあわせてどうぞ。

京都府の魅力を紹介

古都京都の世界文化遺産


その昔、日本の都として長きに渡り繁栄した京都。当時の建物を今もなお残しており、昔ながらの町屋などが多く存在します。

日本の伝統的な建物も現存しており、世界文化遺産に認定された建物は、上賀茂神社・清水寺・延暦寺・仁和寺・二条城など17箇所あります。

それぞれの世界文化遺産で年代が異なり、例えば10円玉の裏側に描かれている平等院は平安時代に立てられ、二条城は江戸時代、江戸幕府における京都拠点として平城したお城です。

様々な時代の日本文化を京都をご覧いただけます。好きな時代の建物を巡ることもできますし、お寺を中心にすべての遺産を周るるなど様々な観光の仕方が楽しめます。

今も昔ながらの生活を守り続ける丹後地方


京都府の北端にある丹後地方は、国内で3か所しかないリアス式海岸になっている場所です。

入り組んだ入り江が特徴で、タイやブリといった高級魚が獲れることから、平安時代から朝廷へ魚を献上するための大切な地域として守られています。


海と深く関わる暮らしをしてきた特徴は住居にも色濃くあらわれており、沿岸沿いに建つ「舟屋」と呼ばれるものは上2階は住居・1階は舟置き場になっています。
1階部分は海の中に入っているので、車等で舟を運ばずとも住みながら漁に出かけられます。

先人たちの知恵が今も息づいている趣ある丹後地方の伊根町では、舟屋が宿泊施設に改装されているところもあり実際に舟屋生活を体験することも出来ます。せこ蟹、のどくろなど海産物は丹後地域の名産物です。

お茶の京都


京都府南部の山城地域は、日本の「茶道」「茶の湯」の発展を支えてきました。日本茶を代表する「抹茶」「煎茶」「玉露」はこの地域で誕生しました。

宇治茶の歴史は、15世紀「将軍が珍重されている茶」とされ、日本一の茶となったといわれています。16世紀、千利休ら茶人の要望に応え、鮮やかで濃緑色のうまみの強い「抹茶」が誕生し、宇治茶ブランドが確立されました。


のちに色・香り・味ともに優れた緑茶である「煎茶」、世界的な最高級緑茶である甘みとコクの豊かな「玉露」が誕生しました。今もなお宇治はお茶の産地として知られています。

宇治茶の伝統的な煎茶手揉み法『宇治茶手もみ製茶技術』を指定無形民俗文化財とし、継承されています。山城地域では、茶摘み・茶揉み体験をする事ができるほか、茶葉を使用した和菓子、スイーツも楽しむことができます。

京都府の魅力!返礼品おすすめ5選

京都府の魅力がぎゅっと詰まった返礼品は、ふるさと納税で入手するのがおすすめです。
厳選した返礼品を5つご紹介します!!

1.【亀岡市】「厳選」旬の京野菜Aセット:14,000円

地 域 寄付金額
京都府亀岡市 14,000円

詳細はこちら

「厳選」旬の京野菜のご紹介です。
京都野菜の京みず菜(みずな)・賀茂なす・伏見とうがらし・万願寺甘とう(万願寺とうがらし)・えびいも・九条ねぎ・京たけのこ・花菜・鹿ヶ谷かぼちゃ・堀川ごぼう・聖護院だいこんなどから発送直前に収穫した旬の京野菜から厳選した7種以上の詰合せが届きます。
京野菜を使った京都のおばんざい料理をご自宅で堪能してみてはいかがでしょうか。

概要

・京野菜(7種以上)

2.【福知山市】福知山名物鴨すき<鴨肉と鴨団子セット>:11,000円

地 域 寄付金額
京都府福知山市 11,000円

詳細はこちら

福知山名物鴨すきの鴨肉と鴨団子のセットのご紹介です。
福知山名物の合鴨ロースと鴨肉と鶏肉に生姜を効かせたつくね肉に生姜を効かせたつくねを一緒にお召し上がりいただけます。だしがセットになっているので、葱を入れたり、白菜、しいたけ、豆腐などのお好みの具材を入れてオリジナルの鴨すきを楽しめます。

概要

・合鴨ロース(150g/国産)
・鴨団子(50g/製造地:福知山)
・昆布(1枚/原産地:北海道)
・濃縮だし(180ml/製造地:福知山)

3.【京丹後市】せこ蟹の甲羅盛り蟹の宝船・大サイズ5個セット:35,000円

地 域 寄付金額
京都府京丹後市 35,000円

詳細はこちら

セコ蟹の甲羅盛り蟹の宝船大サイズ5個セットのご紹介です。
松葉ガニの雌「セコ蟹」を外子、内子、カニ味噌、蟹身に仕分け、見た目も綺麗に甲羅にすべて盛り込んだものが甲羅盛り蟹の宝船です。蟹のうまみをすべて甲羅に詰め込まれています。あつあつご飯に乗せて、セコ蟹丼にしても、食べたい時に解凍して、濃縮ダシを食べてもご堪能いただけます。

概要

・セコ蟹の甲羅盛り蟹の宝船 5個セット
・濃縮ダシ100ml 1本、

4.【宇治市】抹茶・茶碗等セット(茶筅、茶さじ、抹茶40g缶×2):30,000円

地 域 寄付金額
京都府宇治市 30,000円

詳細はこちら

京都の抹茶を家庭で楽しんでいただけるセットのご紹介です。
抹茶茶碗、茶筅、茶さじ、抹茶とお茶を点てるのに必要な道具が揃っています。
ご自宅で和菓子と一緒に丹精込めて作り上げた2種類の宇治茶(抹茶)を手作りの抹茶茶碗で癒しのひと時、日本文化を楽しんでみてはいかがでしょうか。

概要

・抹茶茶碗
・茶筅
・茶さじ
・抹茶40g缶×2

5.【宇治田原町】祥の地でゆったりと農家民宿ペア宿泊券:100,000円

地 域 寄付金額
京都府宇治田原町 100,000円

詳細はこちら

祥の地でゆったりと農家民宿ペア宿泊券のご紹介いたします。
宿泊は宇治田原町、町内の築100年以上の製茶工場を改装したMARU+JYU(まるじゅう)です。宿泊のほかに、農家指導の下、茶園で新緑の中での茶摘み体験をしていだけます。
収穫後、ホットプレートを用いて製茶体験をします。自分で摘んだお茶で、オリジナルのお茶を作っていただくことも出来ます。非日常の体験を農家民宿と茶摘体験をしてみませんか。

概要

・宇治田原町内の茶園における茶摘み体験と農家民宿MARU+JYU(まるじゅう)一泊二名宿泊(素泊まり)

京都府の体験談を紹介

実際に京都府に行ってみた方の声をご紹介していきます。
ふるさと納税や旅行の行先に迷ったときは参考にしてみてください。

30代 男性「上七軒でいただくあっさり中華」

上七軒は北野天満宮近くの花街で、石畳の敷かれた京都らしい町並みが特徴です。上七軒には敷居の高そうな飲食店が多かったですが、覚悟を決めて狭い路地にある中華料理店に入ってみました。

しかし、店の中に入ってみるとアットホームな雰囲気でひとりで気軽に晩酌を楽しんでいるお客さんもいました。席に座ってまずは春巻きと酢豚を注文しましたが、運ばれてきた春巻と酢豚はどちらもあっさりとして上品な味わいでした。

あっという間に二品を完食し、これならばまだまだ食べられると麻婆豆腐と炒飯を注文しましたが、こちらも上品ながら中華らしいしっかりとした味わいで美味しくいただくことができました。しかも、値段もリーズナブルとあって近くに住んでいれば何度も通いたくなるようなお店でした。

20代 男性「荘厳に輝く楼閣を観光」

新婚旅行を兼ねて京都観光に行きました。京都は市内全体が観光スポットみたいで、その中で特に思い出深いところが金閣寺です。

室町時代に足利義満が建立した寺院であり、その詠歌を現すかのような全体が金色に輝いている楼閣は圧巻の一言しかありません。趣向を凝らしているのは楼閣だけでなく、庭園も素晴らしいもので池に金閣寺と周辺の緑が反射して美しく見えるように設計されているということです。

平日でも観光客が多く、特に外国人の方が目立ちますがどの人も口を揃えて美しいと褒め称えているのはさすがです。訪れた時は秋でしたが、春になると一面が桜色になるようで今度はその景色も見てみたいです。

30代 男性「大人も夢中になってしまう博物館」

家族5人で京都旅行した際、1日中家族で楽しんだ場所が「京都府立鉄道博物館」でした。ここでは日本各地で現役の列車から既に引退してしまった新幹線などの車両が実際に計50両もの数で展示されており、鉄道ファンにはたまらないアクティビティになっています。

入場料だけで、ジオラマ運転や列車シミュレーターなどが遊び放題です。私をはじめ、子供達も鉄道が大好きなので展示されているものすべてがお宝に見えて存分に満喫できた場所です。

少し気になる点は、JR京都駅から徒歩26分も掛かる場所なのに、バス停もなかったので幼い子供がいるとアクセスしにくく感じました。

まとめ

京都府を魅力的な特産品や観光地がたくさんありますね!
現地にはなかなか行く機会がなくて…なんて人は、ぜひふるさと納税を活用して、京都府を堪能してみましょう!

「京都府」のふるさと納税一覧

 
参考ページ
京都府庁HP
お茶の京都

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧