農家を儲けさせたい! 天然液体腐植酸『APEX-10』で変えるこれからの農業 -有限会社Gyolighthouseー

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 農家を儲けさせたい! 天然液体腐植酸『APEX-10』で変えるこれからの農業 -有限会社Gyolighthouseー

PR
農業ニュース
兵庫

農家を儲けさせたい! 天然液体腐植酸『APEX-10』で変えるこれからの農業 -有限会社Gyolighthouseー

農家を儲けさせたい! 天然液体腐植酸『APEX-10』で変えるこれからの農業 -有限会社Gyolighthouseー
最終更新日:2019年05月16日

天然液体腐植酸『APEX-10』は、従来の肥料や農薬とはまったく異なる土壌菌活性剤です。
日本ではまだあまり知られていませんが、アメリカでの実績はお墨付き!ゴルフ場やスポーツ芝、造園、農業の現場で次々と効果を上げています。
今回お話を伺うのは、そんな『APEX-10』を日本に持ち込んだ第一人者であり、日本総輸入販売元として拡販に力を注ぐ笠原 暁さん(有限会社GyoLighthouse 代表取締役社長)です。

主成分は腐植酸

Q.ところで天然液体腐植酸『APEX-10』ってなんですか?

A.健康で肥沃な土壌に欠かせないもの、それが腐植酸(フミン酸・フルボ酸)です。

地中に存在する有機物が土壌微生物により何度も何度も分解され、これらが合体・分解を繰り返しながら腐植酸へと姿を変え、土壌に大きなメリットをもたらします。
例えば、酸性土壌をアルカリ性土壌へと変える自然改良効果や発芽発根の促進などがあり、腐植酸=土のポテンシャル(地力)を上げる存在として知られています。

『APEX-10』は、そんな腐植酸を12%という高い割合で含有する土壌菌活性剤です。

しかも天然の泥炭から特許製法で抽出された完全自然由来の製品なので使いやすく、穏やかに、しかし確実に効果を発揮するのが特長です。

実際、その効果はVirginia Tech大学の研究と世界各地の実証実験によって示され、〈肥料・水分の吸収率の向上〉〈植物の大型化と収量の増加〉〈土壌養分の保持強化・吸収促進〉〈ストレス下での根枯れの激減〉が認められています。Virginia Tech 大学での化学的特徴推定研究

アメリカでの採用実績から日本への導入を即決

Q.日本に持ち込んだのは5年前。すっかり浸透したのでは?

A.今はだいぶ知られるようになりましたが、当初は苦労の連続でした。

私は学生時代にアメリカの大学でマーケティングを学び、起業する以前から海外ビジネスも経験済み。
仕事でアメリカに渡航する機会も多く、その時、目に留まったのが『APEX-10』です。
紹介された大学教授からもNFL(全米フットボール協会)やPGA(全米プロゴルフ協会)、MLB(全米プロ野球協会)でも費用対効果・業務効率化などの観点からこぞって採用されていると聞き、マーケッターとしての勘も働いて「これはイケる!」と日本への導入を即決しました。

帰国後、すぐにとある農家に持ち込んだのですが、行く先々で素っ気なく断られ…理由を聞くと
「国内でのデータがない。実績がない。何より自分の畑への散布が最初というのが嫌だ」と言うのです。

農家がダメならゴルフ場だと大手を中心に訪問を繰り返しましたが、これもダメ。

南は九州から北は北海道まで日本全国を行脚しましたが、なかなか認めてくれるところはありませんでした。
全米が認めた製品なのに一向に導入が進まない…あの時は“日本初上陸”という厚い壁をまざまざと思い知らされました。

儲かる事が一番喜ばれるはず!
一次産業従事者の方々の売上に寄与する『APEX-10』

Q.でも今は次々と導入が決まっている。転機はなんだったのでしょう?

A.以前はずっと『APEX-10』の機能性を謳って提案していたんです。

肥料でもなく農薬でもない土壌菌活性剤なので地力を上げられる=これ1本で十分な効果が見込めること。
また、必要に応じて液体肥料や殺虫剤、成長抑制剤などと混ぜて使うこともできますし、300倍に希釈するのでコストダウンにも効果的。

なにより『APEX-10』を使えば作物が大きく、甘く、おいしく育ち、収量も増えますと、どれだけこの製品が素晴らしいかを説明していたんです。


じゃがいも散布実験の結果

でも、いくら営業しても鳴かず飛ばず、そこで思い切って訴求を変えることにしたんです。

作物が大きく育ち、甘く、おいしくなればどうなるか
⇒農家の方が喜ぶ
⇒喜ぶのはなぜか
⇒同じ労力でたくさん収穫できるから
=収入が増えるから

このような構図に気づき、《APEX-10は農業に携わる一次産業従事者の方々の売上に寄与します》という謳い文句に変えたのです。
すると機能の優位性を説くだけでは伝わらなかった魅力が一気に広まり、またこれまでコツコツ営業してきた地道な努力も相まって、全国各地で採用が決まるようになりました。

私に魅力を語らせてください

Q.では、いよいよこれからが正念場。今後のビジョンを教えてください

A.現在、『APEX-10』は全国200カ所で使用され、使用対象物も50品目を超えました。

具体的な実績としては、千葉県のゴルフ場に散布したところ、フェアウェイやグリーンの芝目の詰まりや発色の向上などの効果が見られ、未使用区との違いは約2.5倍になりました。
石川県のいちご農家では糖度が約2倍になり、収穫時期も延びました。
さらに兵庫県の花き農家では、カーネーションの蕾数の増加や開花後の花持ちが良くなるなどの嬉しい報告もいただいています。
この他にもまだまだ事例はありますが、とにかく全国各地の一次産業従事者の方々から増収増益の喜びの声が絶えません。

今後は3年をめどに全国に広がった「点」を「線」へとつなげ、さらに「面」へと広げていくのがビジョンです。

そのためにも今、実際に『APEX-10』を使用している地域・人との関係強化を図り、その効果をより多くの地域・人へと発信したいと思っています。

私は日々の営業の様子や成果方向を随時SNSで発信しているので、それを見たお客様からダイレクトメッセージをいただくこともしばしば。
「今近くにいるなら、ちょっと来ない?」と声を掛けられ、製品に興味のある農家の方をご紹介いただくこともあります。

今も日本全国をフットワーク軽く駆け巡っていますので、お問い合わせはいつでも大歓迎。
『APEX-10』の魅力を一番よく知る私が、みなさんに直接その素晴らしさをお伝えできればと思っています。

『APEX-10』についての思いを熱く語る笠原社長


『APEX-10』についての詳細・お問合せはコチラ
〒659-0025 兵庫県芦屋市大枡町7-10 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧