大分県を選んで正解だった! 企業の農業参入を支える充実した支援に迫ります!

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 大分県を選んで正解だった! 企業の農業参入を支える充実した支援に迫ります!

PR
行政・団体・個人の支援
大分

大分県を選んで正解だった! 企業の農業参入を支える充実した支援に迫ります!

大分県を選んで正解だった! 企業の農業参入を支える充実した支援に迫ります!
最終更新日:2019年06月21日

医療・福祉施設向けカーテンリースの業界大手、キングラン株式会社(本社・東京)が農業参入に選んだのは大分県。エリア選択の決め手となった一番のポイントは、県からの支援が充実していたこと。今回は、グループ会社のキングラン南国農園大分株式会社を立ち上げ、新たな事業をスタートさせた同社の挑戦を追いながら、国内有数の企業の農業参入実績を持つ大分県独自の支援制度をご紹介。数多くの企業から大分県が高く評価される理由は、いったいどこにあるのでしょうか?

業界大手の一大グループがなぜ農業?

キングラン株式会社が、新規事業として農業へと参入したのは2014年。グループ会社であるキングラン南国農園熊本株式会社が熊本県から事業をスタートし、その後、キングラン南国農園大分株式会社が大分県宇佐市でイチゴの栽培を始めました。
数ある候補地の中から大分県を選んだ理由は、榎英行代表の出身地だったということに加えて、県の支援が他の候補地よりも充実していたことだと言います。

キングラン南国農園大分株式会社の榎代表

いくら地元だとは言え、ビジネスである以上は「生まれ育った地域に貢献したい」という思いだけで始める訳にはいきません。イチゴをゼロから栽培するとなれば、土地、ハウス、高設栽培システムなど、多額の初期投資が必要となります。それらを支援する補助制度があるだけではなく、栽培をスタートした後に手厚いサポートを受けられるというところも、決め手になったとのこと。「実際に、定期的な講習会や技術的なサポートなどには、とても助けられている」と榎代表は話します。

農園長の犬童さん。もともとカーテンリース事業部に勤務しており、その頃から園芸が趣味。「同じことでも趣味と仕事では難易度が全然違いますが、それもまた楽しみの一つ」と話します。

また、東京に本社を構える異業種の企業が地域の農業に参入するとなれば、地元の反発を招いたり、孤立してしまうといったリスクもあります。しかし、大分県は『大分県農協北部いちご部会』を紹介するなど、地域で活躍するイチゴ生産者たちとのネットワークづくりも支援。そのおかげで、イチゴの栽培は初挑戦だったにもかかわらず順調に業績を伸ばし、30aからスタートした施設も現在は70aへと拡大させることができました。今後はさらに施設を拡大することで売上高1億円規模を目指すと意気込みます。

将来的にはキングラングループ全体にとっても、定年退職者の雇用延長など、およそ2000名にもおよぶ従業員の雇用を守るための力強い手助けとなると話します。これからは大分県オリジナルの新品種イチゴである『ベリーツ』の栽培へと本格的にチャレンジしていき、地域農業の活性化へと本腰を入れる大分県と、事業の多角化および雇用機会の創出を目指すキングラングループは、「Win-Win」の関係性を強化していくことが期待されます。

榎代表(左)と農園長の犬童さん(右)

大分県は全国有数の農業参入実績を誇る注目エリア

平成19年から企業の農業参入を支援している大分県には、平成30年までに275社が参入。県外からの参入も90社にのぼり、全国有数の実績を誇ります。では、なぜ大分県が選ばれるのでしょうか。県の支援内容や大分県の魅力に迫ってみましょう。

参考:大分県農林水産部 新規就業・経営体支援課 発行資料

異業種からの参入でも安心できる充実した支援体制

先ほどご紹介した、キングラン南国農園大分株式会社のように、異業種から農業参入するにあたって最大の障壁となるのが農産物を栽培するための技術やノウハウ。参入前の相談や農地選定のサポートだけではなく、営農開始後の技術指導までを幅広く支援しているというところが、大分県ならではの特徴です。県を挙げてプロジェクトチームを設置し、支援体制の充実を図っているため、栽培をスタートした後にもその都度、適切なサポートを受けることができます。

参考:大分県農林水産部 新規就業・経営体支援課 発行資料

豊富な参入実績があるからこそ蓄積されたノウハウ

前述した通り、全国屈指の参入実績を持つ大分県には、幅広い業種からのさまざまな農産物(野菜・果樹・畜産など)への参入対応のノウハウが蓄積されています。農業関連からの参入は、現時点で全体の17%。それ以外は、すべて異業種からの新規参入です。また、県では、マーケットインの商品づくりを加速し、競争力のある「The・おおいた」ブランドの確立に取り組んでおり、西日本有数の産地となっているネギやトマト、ピーマンだけではなく、近年は新品種イチゴ『ベリーツ』や大分県特産かんしょ(サツマイモ)『甘太くん』などのブランディングにも注力。ブランド力を強化することで、地域農業の事業性を高めています。

他にはない大分県独自の支援制度がたくさん

大分県では、国庫補助金に加え、独自の支援制度が数多くあります。これらを有効活用することによってスムーズに事業を始められるところが、参入企業からの高い評価へとつながっています。以下は、その一例です。

1. 栽培施設整備や生産基盤整備、新植などに要する経費の補助
2. トラクター、運搬器具、動力噴霧器、乗用草刈り機、格納庫等汎用性のある機械施設を購入する経費の補助※最大300万円まで
3. 遊休ハウスの改修に要する経費の補助
4. 栽培技術習得にかかる研修
5. 営農開始後の技術改善にかかる取組支援  など

標高0~900mの地域を有し、多様な気象条件に応じた農産物への対応

標高0から900mの耕地を有する大分県では、多様な気候条件に応じた農産物の栽培が可能。希望する農産物に適した農地選定や農地視察などにも応じています。さらに、夏秋は高原地域、冬春は平坦地を使うことにより周年栽培ができるというところも、自然豊かな大分県ならではの魅力となっています。

自然との共生も大きなポイント

大分県農林水産部の西津さん

安心・安全であることはもちろん、魅力ある農産物を育てるためには、豊かな自然との共生が大きなキーポイントとなることは間違いありません。大分県の国東(くにさき)半島宇佐地域は『世界農業遺産』※ に認定されており、その自然は世界的にも高く評価されています。美しい日本の農業文化を守り、それを次世代へと受け継いでいく。そんな意義深い仕事に挑戦できるというところも、大分県で農業に参入する醍醐味だと言えるでしょう。

※国際連合食糧農業機関(FAO)が認定する、世界的に重要かつ伝統的な農林水産業を営む地域。現在、世界21ヶ国57地域、日本では11地域が認定されている。

大分県農林水産部
新規就業・経営体支援課 企業参入支援班
大分県大分市大手町3丁目1番1号 (大分県庁舎本館9階)
電話:097-506-3780
公式ホームページはこちら

農業生産法人キングラン南国農園大分株式会社
大分県宇佐市大字赤尾2632
電話:0978-32-3542
会社情報はこちら

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧