フードロスに農業から取り組む。廃棄野菜を活用したピクルスができるまで
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > マーケティング > フードロスに農業から取り組む。廃棄野菜を活用したピクルスができるまで

マーケティング

フードロスに農業から取り組む。廃棄野菜を活用したピクルスができるまで

フードロスに農業から取り組む。廃棄野菜を活用したピクルスができるまで
最終更新日:2019年06月19日

毎日捨てられているたくさんの野菜。そんな廃棄野菜の問題に目を向けて、6次産業化に乗り出した農家がいます。昔から悩まされてきた農業の課題を見つけ、独自の方法で加工し商品化に向け動いている、若松靖幸(わかまつ・やすゆき)さんに話を聞きました。

「これ、食べられるのになんで捨てるんだろう?」

お話を伺った若松さん

──どんな作物を育てているのでしょうか?

私の家があるのは栃木県ののどかな田園風景が広がるエリア。そこでキュウリとお米をやっています。キュウリはハウス栽培と露地栽培をしていて、露地栽培のほうはキュウリの後にインゲンを植えています。

栽培しているキュウリの成長を見守る様子(写真提供:若松靖幸)

──現在取り組まれている廃棄野菜について、問題意識を持ったのはいつのことなのでしょう。

大学生になった時だったと思います。高校生まではずっと実家にいたので、農業を中心にした世界しか知りませんでした。大学に入り一人暮らしをすると、それまで家にあるのが当たり前だった野菜がありがたいものだとわかってきました。それと同時に、それまで無視していいものだと思っていた廃棄野菜に違和感を持ったのです。「これ、食べられるのになんで捨てるんだろう?」って。

──すぐに何か行動に出たのですか?

大学を卒業した後は会社員になり、しばらくその問題は考えているだけという状態でした。農家を継ごうと決心して会社員を辞めて実家に帰った時に、いよいよこの問題を解決しようと乗り出しました。

──何から始めたのでしょう。

道の駅などに直売コーナーがあるじゃないですか。ああいったところをまわって、サイズや形が規定に満たないキュウリを扱ってもらえないか頼んでみました。でも、形が不揃いなことを理由に断られてしまいました。さらには、売り先を勝手に自分で探すな!という親との衝突もあり、なかなかことがうまく運びませんでした。昔ながらの農家では農協出荷が当たり前。売れ残りを回収するなどの手間がかかる直売は、家でも歓迎されなかったのです。

視点を変えて加工食品でリベンジ

クラウドファンディングを行ったピクルス

──それでも諦めなかったんですね。

はい。ちょっと視点を変えてみようと思いついたのが加工食品でした。今の時代に合うように経営を方向転換させなければと考え、たくさんのイベントに足を運んでみて得た発想です。

──そこから、加工の方法を模索し始めた?

それが、私は運が良かったのです。イベントで偶然知り合った方の紹介でさらにイベントに参加し、そこで農家の食材を使ってカレーを作りたい方がいると紹介されました。それが、今一緒にピクルスを作っている「KITSUNE CURRY STAND」の宮田剛(みやた・つよし)さんです。

イベントにて、出会った若松さん(写真右)と宮田さん(写真左)

宮田さんは「KITSUNE CURRY STAND」というカレー屋さんを営んでいる

──加工は、パートナーを見つけたのですね。

そうなんです。はじめはカレーを作るのにお米を提供したのですが、キュウリの廃棄野菜の話をしたら、「それならピクルスがいい」ということになりトントン拍子に話が進みました。

コンセプトがあれば、ブレずに商品を作れる

──どういった手順で商品を作っていったのですか?

まずコンセプトを宮田さんと話し合いました。私たちの思いに共通していた「フードロスを少なくすること」をコンセプトにしました。
次に中に入れる野菜や味付けを宮田さん中心に作っていきました。コンセプトに合うよう、宮田さんの運営しているカレー屋さんで廃棄される野菜なども一緒に漬け込むことにしました。そして最後に足を使ったマーケティング調査です。
実際にマルシェや道の駅でピクルスを買い試食しました。そこで出た感想が、競合商品は全体的に酸っぱすぎるように感じられたことと、瓶詰めにするときの見映えが重要だということ。そこで、大きめの瓶に入れて見映えをよくし、さらに甘みやスパイスにこだわって作ろうということになりました。宮田さんのお店で廃棄されるレモングラス、コブミカンの葉っぱ、パクチーの根っこなどの香りの良い食材とスパイスを漬け込み甘口に仕上げることで、若い人や女性に好まれそうな味に仕上げました。

──はじめにコンセプトを決めておくことでブレずに進めていけたのですね。

そうですね。さらにそのコンセプトが二人とももともと持っていた問題意識だったのも強いと思います。

──収益についてはどう考えていますか?

テストマーケティングとPRを兼ねてクラウドファンディングにも取り組みました。さらに卸先にはカフェなどを考え現在開拓中です。でも、このピクルスでは最初は利益よりも、実績を重要視したいのです。

──というと?

ピクルスは利益を出す装置ではなく、廃棄野菜の現状を知ってもらったり、私たちの活動を知ってもらうきっかけにしようと思っているのです。これをきっかけに私の作る野菜やこの活動に興味を持ってもらえたらと思っています。

まずやってみること、全部自分でやろうとしないこと

──同じように農業を営んでいて加工品を作ろうとしている人に何かアドバイスはありますか?

私もまだまだなので、アドバイスというほどではないですが、まずやってみることです。私の場合は、まず参加してみたイベントで今回のコラボレーションの道が開けました。家で悩んでいても始まらないので、外に出てみることです。各地域の農政課や振興事務所にもシェフが招かれたりすることはありますが、そういったところに招かれている有名シェフとコラボレーションするよりも、意気投合する仲間を自分の足で見つけたほうがスピードが上がります。イベントやネットワーキングにはもちろん当たり外れがありますが、懲りずに行けばいい人に出会えるという実感があります。そして、自分ひとりでやろうとしないこと。私もひとりでこのピクルスを作るのは無理だっただろうなと思います。

──今後の展望を聞かせてください。

「顔が見える農家」になるのが私の夢です。私のところのキュウリを食べてみたい、と言ってもらいたいし、直接畑を見てみたいと言われたら喜んで案内できるような農家になりたいですね。また、農家だけにとどまらず、フードロスの課題を解決するため、現在敷地内にピクルスの加工所を作る計画を進めています。ピクルスを売り歩くキッチンカーを作ろうというアイデアもあり、さらに多くの廃棄野菜を救えるよう活動していくつもりです。

若松農園
Facebook
Instagram

KITSUNE CURRY STAND
Instagram

小さなキュウリが廃棄野菜を救う!「農家とカレー屋が作ったピクルス」
※クラウドファンディングは終了しました。

関連記事
泉州野菜をピクルスに。日本の食卓を彩る、idsumiピクルス
泉州野菜をピクルスに。日本の食卓を彩る、idsumiピクルス
大阪の南西部に位置する泉州地域の野菜を中心に、一つ一つの食材に合ったアレンジでつくられる「idsumi(いずみ)ピクルス」。西洋風の味つけとは違う、日本人の口に合うことを重視して作られた和のテイストが特徴です。この商品を生み…
食品業界の常識にとらわれない「#食べ物を棄てない日本計画」
食品業界の常識にとらわれない「#食べ物を棄てない日本計画」
世界の中には飢餓が深刻に進んでいる地域があり、食料危機の問題も何年も前から専門家たちが警鐘を鳴らしています。その一方で、まだ食べられるのに廃棄されている食べ物が大量にあります。そんな食料廃棄をなくそうと「#食べ物を棄てな…

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧