低価格で電動アシストスーツをレンタル ユーピーアールが普及加速へ

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 低価格で電動アシストスーツをレンタル ユーピーアールが普及加速へ

農業ニュース

低価格で電動アシストスーツをレンタル ユーピーアールが普及加速へ

低価格で電動アシストスーツをレンタル ユーピーアールが普及加速へ
最終更新日:2019年09月20日

農業・林業などの一次産業や製造業の現場で、作業者の肉体負担を軽減する「アシストスーツ」の市場が拡大している。10月に軽量の電動アシストスーツを発売する物流資材レンタルのユーピーアールは、月額18,000円から新製品を導入できるサービスを始める。高齢化や労働力人口減少などの課題がある中、アシストスーツの普及で作業者の負担減を目指す。

1日1000円でレンタル可 低価格化で普及加速へ

10月に発売する、モーター動力付きアシストスーツ「サポートジャケットEp+ROBO」

同社は、2016年にアシストスーツブランド「サポートジャケット」を発売。“低価格・軽量”にこだわり、2018年には2万円台のアシストスーツ(無動力タイプ)を販売開始。累計販売数は1万点を超えた。

ただ、これらのバッテリーを搭載しない「無動力タイプ」のアシストスーツは軽作業向き。農業などより重労働の現場で使用できる「パワー」と、身体負担を減らす「軽さ」の両立を実現した、モーター動力付きアシストスーツ「サポートジャケットEp+ROBO」を10月、発売する(オープン価格)。

重量は、バッテリーを含めて3.4キログラム。モーターが左右に動くことで、作業者の縦横、斜め方向の動作を、最大10重量キログラム補助する。サイズは155~190センチメートルで、男女兼用。畑での作業などを想定し、防じん、生活防水に対応している。

1日単位からのレンタルサービスも開始し、潜在顧客にもアプローチを行う。月額定額は18,000円の貸出料金は、業界では最安値だという。(※デイリーレンタルは1,000円)

同社の酒田義矢(さかた・よしや)社長は、「今後のアシストスーツ市場規模は、右肩上がり(※)。ヘルメットで頭を、安全靴で足を守るように、アシストスーツで腰を守ることを当たり前にしたい」と、低価格化による普及の加速を期待した。

(※)2023年度のパワーアシストスーツ国内市場は、2018年度の約2000台の4倍となる、約8000台を見込む(2019年、日本能率協会総合研究所調べ)

ユーピーアール株式会社

関連記事
アシストスーツで農作業を楽に 小規模でも導入できる「スマート農業」
アシストスーツで農作業を楽に 小規模でも導入できる「スマート農業」
農業は日本の食文化を支える大事な産業です。しかし、従事者の高齢化、後継者問題など、さまざまな課題を抱えています。こうした課題をICTやロボット技術で解決するのが「スマート農業」です。 しかし、いざスマート農業に取組もうと思…

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧