畑の雑草図鑑〜ハマスゲ編〜【畑は小さな大自然vol.53】|マイナビ農業
一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 閉じる

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 畑の雑草図鑑〜ハマスゲ編〜【畑は小さな大自然vol.53】

畑の雑草図鑑〜ハマスゲ編〜【畑は小さな大自然vol.53】

畑の雑草図鑑〜ハマスゲ編〜【畑は小さな大自然vol.53】

こんにちは、暮らしの畑屋そーやんです。雑草の中でも特に厄介だと言われるものの一つが、ハマスゲと言われる雑草です。このハマスゲは土の中に球根のようなものを作るため、地上部だけを刈ってもまたすぐに生えてきます。また、根っこごと抜こうとしても、この球根のようなものはなかなか抜けず、葉だけちぎれてしまうことがよくあります。下手に耕して根を切断してしまうと、逆に数が増えてしまうことも。このようにとても厄介な雑草であるハマスゲですが、きちんとその性質を理解していると対処可能ですし、むしろ畑づくりに生かすことさえできてしまいます。ぜひこの記事を読んで、ハマスゲとうまく付き合えるようになりましょう。

除草が大変! ハマスゲとはどんな雑草?

刈り取りに非常に強いため、頻繁に刈り取りをするような場所ではこのように群生しやすい

ハマスゲとはカヤツリグサ科の多年生雑草で、別名コウブシやコブシとも呼ばれます。東北から沖縄にかけて生息しますが、特に西日本の暖かい地域の畑でよく発生します。刈り取りに強く、耕運や除草剤などでも枯れにくいため、とても除草が困難な雑草として有名です。

ハマスゲが厄介な理由

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧