1分動画でプロ農家の技術を習得 ウェブサービス「AGRIs」がリリース

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 1分動画でプロ農家の技術を習得 ウェブサービス「AGRIs」がリリース

農業ニュース

1分動画でプロ農家の技術を習得 ウェブサービス「AGRIs」がリリース

1分動画でプロ農家の技術を習得 ウェブサービス「AGRIs」がリリース
最終更新日:2019年11月01日

プロ農家の栽培技術を、いつでもどこでも習得できる──。そんな、 農家(特に新規就農者)や園芸愛好家に役立つウェブサービス「AGRIs(アグリス)」を11月1日、株式会社AGRI SMILE(アグリスマイル)がリリースした。1分間の動画を視聴することで、プロ農家と呼ぶ経験豊富な篤農家の栽培技術が学べるコンテンツなどを月額制で利用できる。同社は高齢化に伴うプロ農家の引退で失われつつある栽培技術を次世代へとつなぐことで、農作物の品質 向上および生産者の収益向上に貢献するという。

1分動画でプロ農家の技術を習得

「AGRIs」の主なコンテンツは、全国のプロ農家(※)の技術を1分動画で伝える「匠の技動画」、「農薬データベース」、「質問機能」の3つ。
(※)…耕作面積の大きな経営体(平地で20~30ha、中山間地域で10~20ha)、あるいは認定農業者、集落営農、認定就農者などを指す。

1.匠の技動画


全国各地のプロ農家の技術を1分動画から学べる。難度が高く品質や収量への影響も大きいとされる剪定(せんてい)や摘花(果)なども、分かりやすい1分動画で解説する。

2.農薬データベース


農作物や防ぎたい病害虫などの条件に合った農薬を、1000以上の農薬から検索できる。希釈倍率や散布量など使用方法も知ることができる。

3.質問機能


動画や検索でわからなかった点や実際に栽培で困っていることを、サイト内のフォームからプロ農家や農学研究者に質問することができる。

マイページにログインすると、お気に入り登録や質問の蓄積ができ、簡単に見返すことができる。利用料は月額2980円から。就農1〜3年目までの新規就農者は、月額1480円から利用できる。また、毎週更新される動画3本までの視聴と、農薬データベースの利用が可能な無料お試しプランも用意している。

対象ユーザーは、家庭菜園や市民農園を楽しむ方から、新規就農した若手農家や新しい品目に挑戦する農家まで、農業に関わるあらゆる人だという。JAや農業大学校、農業関連企業などにおいて、農業の担い手や職員育成の教材としても活用できる。

新規就農者の5.5割が「栽培技術の習得」に苦労

一般社団法人全国農業会議所 全国新規就農相談センターの調査(※1)によると、全体の約 5.5割にあたる新規就農者が「農業経営の開始にあたり苦労した事項」として挙げたのが、「営農技術の習得」だった。
※1「新規就農者の就農実態に関する調査結果ー平成28年度ー」(PDF)一般社団法人全国農業会議所 全国新規就農相談センター

「農作物の栽培は初心者が独学するのは難しく、ノウハウが蓄積されていない。プロ農家の技術や知識を若い農家に伝えることで、後継者を増やすことが日本の農業界に必要」と、AGRI SMILE代表の中道貴也(なかみち・たかや)さんは話す。

農業界のインフラと呼ばれる存在へ

「とにかく生物学の研究が好き」と語る中道さんは、根っからの研究者気質。

中道さんが生まれたのは 兵庫県丹波市。祖父母は農業を営んでいた(親族も丹波で黒豆などを栽培している)。京都大学農学研究科で生物化学、分析化学を学び、修士の研究では、現在販売されている「ビール酵母由来のバイオスティミュラント資材」の開発に関わっていた(対象資材は「第25回地球環境大賞」で「農林水産大臣賞」を受賞した)(※2)。
※2 ビール酵母細胞壁が植物の成長や免疫力を向上させるメカニズムを解明:アサヒグループホールディングス

毎年約5000人の個人と300社の法人が新規参入するなど、近年農業ビジネスの注目が高まるなか「先端の栽培技術をかみ砕いて伝えて、現場につなげる存在が必要とされていると感じた」と話す中道さん。

北は北海道、南は鹿児島までのプロ農家を車で訪ね、栽培技術の集積を通して農業界の発展に貢献したいという自身の思いを切々と伝えた。賛同してくれた27歳から72歳までの農家の圃場(ほじょう)で、栽培解説の動画を撮影。自ら100本以上を編集したという。動画には文字テロップや図、スローモーション効果などを使って、分かり易さにこだわった。たとえばキュウリの動画は、栃木県の農家の協力を得ながら、土作りから収穫までを28段階に分けて制作した。

今後は、JAや農業大学校、農業関連企業との連携も視野に入れている。その中で、後継者育成事業や、修士時代に研究していた資材の実証実験などの研究領域にも踏み込んでいきたいという。中道さんは「農業技術を表に出してくれた農家さん無しでは作れなかったサービス。経営を安定させ、農閑期にコンテンツ制作へ協力してくれる農家さんに、キャッシュバックができる仕組みを整えたい。ゆくゆくは農業界の栽培技術インフラと呼ばれる存在になりたい」と、生産者の収益向上を目指して意気込んだ。

「AGRIs(アグリス)」

関連記事
おいしい白菜の育て方 うまく結球させるポイントとは?
おいしい白菜の育て方 うまく結球させるポイントとは?
大きくてずっしり、野菜の中でも最大級の重量をほこる白菜。鍋料理をはじめ白菜漬けやサラダなど、用途も広く料理の使い勝手が良いのも魅力です。虫に食われやすい、うまく結球しないなど、栽培には少々難しい点がありますが、ポイント…
「長期修業なし」で新規就農を実現 24歳を支えた“学び場”とは【前編】
「長期修業なし」で新規就農を実現 24歳を支えた“学び場”とは【前編】
大阪駅から電車で約1時間、兵庫県中東部の篠山市。一大消費地の大阪や神戸からのアクセスの良さと、里山の原風景を併せ持つ土地です。ここで特産品の丹波黒(黒豆)や丹波大納言小豆、そして30品目以上の野菜を農薬・化学肥料不使用の有…

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧