漫画「跡取りまごの百姓日記」【第33話】農大での稲刈り講習

マイナビ農業TOP > 就農 > 漫画「跡取りまごの百姓日記」【第33話】農大での稲刈り講習

就農
長崎

漫画「跡取りまごの百姓日記」【第33話】農大での稲刈り講習

連載企画:跡取りまごの百姓日記【漫画】

漫画「跡取りまごの百姓日記」【第33話】農大での稲刈り講習
最終更新日:2019年12月02日

米農家の祖父母の跡を継ぎ就農を決意。長崎県立大学を卒業後、長崎県立農業大学校に通い、平成25年、25歳の時に就農。現在は米、麦、大豆、ブロッコリー、ニンニクを栽培中。絵描き農家を自称しブログなどで漫画を描いたりしている。

漫画

農大で使用していたのは2条刈りで私の背丈より小さいコンバインでしたが、それでも初めて乗った時はとても緊張して恐る恐る操作したのを覚えています。
現在、我が家では約5ヘクタールの田んぼでお米を栽培していて、クボタの4条刈りのコンバインを使用しています。
やはり最初はとてもドキドキして操作していたのですが、「習うより慣れろ」で稲刈り時期に数日乗り続けることでコツを覚え、作業スピードをあげることができました。
農大のコンバインは刈り取った籾(もみ)を袋に排出していたのですが、家のコンバインでは軽トラに乗せた大型コンテナに籾を排出することができ、とても便利です。

>>【第34話】草刈り機講習

>>「跡取りまごの百姓日記」シリーズはこちら!

【稲刈り体験を読むならこちら】
有名進学校の生徒が田で学ぶ 筑波大附属駒場中高校のお米づくり:稲刈り編

【まごファミリー紹介】

跡取りまごの百姓日記

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧